• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 動物・畜産・水産
  • ブリーダー
  • ズバリ!将来性は?
ブリーダーのズバリ!将来性は?

ブリーダーのズバリ!将来性は?

犬または猫を飼っている世帯数は全体の20%を上回るなど現在もペットブームは続いており、ブリーダーのニーズは今後もさらに高まると予想されます(一般社団法人ペットフード協会 2017年「全国犬猫飼育実態調査」による)。
一人前のブリーダーになるには豊富な経験と知識が必須なので、一度はブリーダーが経営する会社などに就職して実務経験を積むのが一般的です。修業期間を経て成長できれば、独立して開業する道が見えてきます。
独立開業すれば自分の好きな動物に絞ってブリーディングできるため、仕事と趣味が一致した楽しい生活を送ることができるでしょう。

ブリーダーのニーズ

一般社団法人ペットフード協会が2017年に発表した「全国犬猫飼育実態調査」によると、2016年度において全国で飼育されている犬は987万8000頭、猫は984万7000頭でした。
犬または猫を飼っている世帯数は全世帯の20%を上回るなど現在もペットブームは続いており、ブリーダーのニーズは今後もさらに高まると予想されます。
血統や繁殖、飼育、健康管理などに関する深い知識を備えたブリーダーにとっては、活躍できる環境が整っているといえるでしょう。

修業期間を経て独立開業の道へ

一人前のブリーダーになるには、豊富な経験と知識が必要です。このため、ベテランのブリーダーが経営する会社などに就職して実務経験を積むのが一般的です。
修業期間を経てブリーダーとして成長できれば、独立して開業する道が見えてきます。
独立開業するメリットは、自分の好きな動物に絞ってブリーディングできることです。好きな動物の世話をすることが仕事に直結するのですから、これほど楽しいことはありません。ブリーダーから愛情をかけて育てられた子どもたちは、幅広い飼い主に受け入れられるでしょう。ビジネスが一定の成功を収めたあと、育成する品種を増やして事業を拡大するのか、あるいは好きな動物だけを育成するのかはブリーダーの気もち次第といえます。

全国のオススメの学校

関連する仕事の将来性もチェックしよう

ブリーダーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路