• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 動物・畜産・水産
  • ブリーダー
  • やりがいを聞いてみよう
ブリーダーのやりがいを聞いてみよう

ブリーダーのやりがいを聞いてみよう

この世に生を受けた小さい命が、幾多の試練を乗り越えて成長する姿を見ることができるのは、ブリーダーとしての大きなやりがいです。親が無事に出産を終え、その子が品種の特性をきちんと受け継いでいることを確認したときに、ブリーダーは達成感を味わうようです。ま
た、販売した先の飼い主から手紙やメールが届いて、やさしい飼い主のもとで元気に暮らしているのを確認したときも、ブリーダーは大きな満足感を覚えるそうです。

動物の成長を実感する

動物好きが高じてブリーダーになったという人はたくさんいます。
この世に生を受けた小さい命が、か弱く病気をしやすい時期を無事に過ごすことができ、餌をよく食べるようになったり、社会生活に馴染むためのしつけが身についたりと、成長する姿を見ることができるのは、この仕事の大きなやりがいです。
ブリーダーと動物の子どもは、いずれ離ればなれになる運命ですが、限りある時間の中で、ブリーダーは子どもに精いっぱいの愛情を注ぐことになります。

よりよい品種を次世代につなぐ

品種の遺伝が固定化するには、少なくとも3世代は必要といわれます。
よりよい品種の特性があとの世代に受け継がれるように、交配する相手を慎重に選び、出産から飼育までサポートするのもブリーダーの役割のひとつです。
無事に出産を終え、子どもの面倒を見るうちに、品種の特性がきちんと受け継がれているのを確認したとき、ブリーダーは大きな達成感を味わうそうです。

飼い主から感謝の言葉が届く

ペットショップの小さなケージに動物が展示されるのを嫌がるブリーダーもいます。
こうしたブリーダーの中には、インターネット上にウェブサイトを開き、顧客と直接取り引きする人もいます。ブリーダーと顧客(飼い主)との間に信頼関係ができれば、取り引き後も付き合いが持続します。
そして、飼い主から感謝の言葉が添えられた手紙やメールが送られてくることもあるそうです。手元から送り出したあと、やさしい飼い主のもとで元気に暮らしているのを確認したとき、ブリーダーは安心感とともに満足感を覚えるそうです。

全国のオススメの学校

関連する仕事のやりがいもチェックしよう

ブリーダーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路