• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 動物・畜産・水産
  • 獣医師
  • やりがいを聞いてみよう
獣医師のやりがいを聞いてみよう

獣医師のやりがいを聞いてみよう

全国のオススメの学校

ケガや病気で苦しんでいる動物を自分の治療によって助けてあげることが獣医師にとって大きなやりがいです。
その結果、飼い主や畜産農家の方々から感謝の言葉をかけられることもよろこびを感じる瞬間だと話す獣医師が多くいます。また、動物が好きな人にとっては、日々、動物と触れ合いながら過ごすことができるのも魅力です。経験を重ねるなかで専門性や治療技術が磨かれていく仕事なので、働きながら自分自身の成長を実感できることもやりがいにつながっています。

自分の治療で動物を助けられる

ペットや家畜、動物園や水族館の動物など、携わる仕事によって診療の対象となる動物の種類はさまざまですが、動物の苦しみや痛みを汲み取って治療に当たっていきます。
直接言葉でコミュニケーションがとれない動物が相手になるからこそ、「どこが痛いのか」「何が原因なのか」を考えながら治療をしていかなくてはなりません。自分の知識や技術を最大限使って動物の命を助けることができた時に得られる喜びは、獣医師ならではのものでしょう。

飼い主などからもらう感謝の言葉

動物病院で働く場合は飼い主と、家畜の診療を行う仕事の場合は畜産農家とのコミュニケーションが必要不可欠となります。ペットや家畜のケガや病気が治り、飼い主や畜産農家の笑顔を見ることができたり、感謝の言葉をかけられたりする時は「この仕事をしていてよかった」と感じる瞬間です。
動物の命を預かるという大きな責任とプレッシャーとの戦いの日々ではありますが、「ありがとう」という言葉が心の支えにもなっています。

動物と触れ合いながら過ごせる

動物を相手にした仕事なので、「動物が好き」という人にはやりがいの大きい仕事でしょう。
「日々忙しくて大変だけれど、動物に癒されている」という声も聞きます。動物の診療をするなかでは動物が苦しむ姿を目の当たりにしたり、残念ながら助けられない命に向き合ったりすることも多くあります。だからこそ、大きな責任感をもち、命の尊さを感じながら動物と触れ合うことができるのです。

専門性を高め、治療の技術を磨くことができる

獣医療は日々進歩しており、ペットブームなどによってより専門的な治療のニーズも高まっています。そのため、獣医師は常に勉強して知識を深め、技術を磨き続けなければなりません。
自分が学んだことによってできる治療が増え、その結果、一つでも多くの動物の命を救うことができるというのは、大きなやりがいです。「難易度の高い手術が成功した時の達成感もやりがいにつながっている」と感じる人もいるようです。仕事の合間をぬいながら、セミナーなどに参加して常に勉強に励む獣医師も多くいます。

社会貢献できる仕事

動物病院でペットの命を助け、飼い主を笑顔にできることはもちろん、動物園や水族館で働く獣医師は、そこにいる動物の健康管理や治療を通じて、その施設の動物を見ることを楽しみに訪れる人々をよろこばせることができます。
また、家畜の診療においては、もし家畜が病気にかかって出荷できないなどの状況になれば畜産農家の生活に大きく影響するため、獣医師は畜産農家の生活を支える存在でもあるのです。そして、研究をメインとしている獣医師であれば、自分の研究によって新しい動物用の薬を完成させ、多くの動物の命を救うことも。さらに、私たちが普段口にしている食肉も、獣医師による管理・検査によって安心して食べることができています。
このように、獣医師は陰ながら私たちの生活を支える立場にあります。獣医師とは専門知識・技術によって大きな社会貢献ができる、すばらしい仕事なのです。

関連する仕事のやりがいもチェックしよう

獣医師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路