• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 動物・畜産・水産
  • 動物看護師
  • やりがいを聞いてみよう
動物看護師のやりがいを聞いてみよう

動物看護師のやりがいを聞いてみよう

「動物が好き」という気持ちをきっかけに就職する人が多い職業ではありますが、獣医師の診療のサポートから飼い主への説明や指導、病院の受付作業まで、あらゆる仕事をこなす動物看護師の仕事は、精神的にも体力的にもとてもハードです。
時には、動物の死に直面することもあり、悲しみや無力感におそわれることもあるでしょう。しかし、そうした大変な面があるからこそ、動物が元気になった時や飼い主から感謝の気持ちを伝えられた時は、この上ないよろこびや充実感を得ることができます。飼い主や獣医師と信頼関係を築きながら動物を助けられることが、やりがいにつながっています。

動物に携われる

「動物が好き」という人にとって、多くの動物と触れ合うことができる動物看護師は、とても魅力的な仕事と言えます。動物に寄り添い、支えることができるので充実感を得られる仕事でしょう。ただ、病院に来る動物は元気のない状態であることがほとんど。
残念ながら助けられない命に直面することもあり、命を預かるという大きな責任を持ちながらこの仕事に向き合っています。

動物が元気になっていく喜び

ケガや病気で苦しむ状態の動物が元気を取り戻していく姿は、何よりうれしいものです。動物看護師は治療行為をすることはできませんが、獣医師のサポートを通じて治療に関わったり、入院中のケアを行ったりするなかで、動物が回復する過程を近くで見守ることができます。
元気になった姿を見ることは、「動物の命を救えた」という大きな喜びを感じるとともに、「明日も頑張ろう」というエネルギーの源となっています。

動物の症状の変化に最初に気づける

入院している動物の健康管理やお世話をすることも動物看護師の仕事の一つ。そのため、入院中の動物のケアを通じてちょっとした変化にいち早く気づくことができます。
動物は言葉で伝えることができないので、こちらがどれだけ早く変化を察知できるかは重要なことです。些細な変化もキャッチして獣医師へ報告することで、迅速で的確な処置をすることができ、動物の命を救うことにつながっていきます。

飼い主との信頼関係を築く

動物の治療を行う上では、飼い主とのコミュニケーションが必要不可欠です。獣医師よりも密に飼い主とやりとりをすることがある動物看護師は、飼い主が獣医師には言いづらいと感じていることを聞き出したり、難しい専門用語を分かりやすく解説したりと、飼い主と近い立場で良き相談相手として接しながら、信頼関係を築いていきます。そして、動物が元気になって飼い主の笑顔を見たり、「ありがとう」という言葉をかけられたりする時、「この仕事をしていて良かった」と充実感に満たされます。

獣医師を支える

一日に多くの動物の診療を行う獣医師も、とてもハードな仕事です。その獣医師の診療をサポートするのが動物看護師です。「どうしたら診察がスムーズに進むか」「どの器具を準備しておくか」など、獣医師が集中して診療に臨めるよう、先を読みながら的確に効率よくサポートしていきます。「獣医師に頼られている」「スムーズに連携が取れた」と感じる瞬間もやりがいにつながっています。

学んだことを実践して効果を出せる

動物看護師は、飼い主に服薬のアドバイスや栄養指導、ダイエット指導も行います。病気の予防・改善方法など自分が身につけた知識を飼い主に伝えて実践してもらい、その効果が見られた時も「動物や飼い主の力になれている」と感じられる場面です。動物医療は常に進歩しており、日々情報のアップデートが必要となりますが、学んだことが役に立った時の喜びは大きく、「もっと知識やスキルを高めて役に立ちたい」というモチベーションアップにもなっています。

全国のオススメの学校

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

関連する仕事のやりがいもチェックしよう

動物看護師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路