• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 自然・環境・バイオ
  • 気象予報士
  • やりがいを聞いてみよう
気象予報士のやりがいを聞いてみよう

気象予報士のやりがいを聞いてみよう

天気や気温の変化は人々の生活やビジネスに大きく影響します。そのため、気象予報士の責任は重大。だからこそ、「自分たちの予報で人々の暮らしや社会を支えている」というやりがいを感じることができます。また、コンピュータによる気象予報の技術は進化を続けていますが、まだまだ十分ではありません。現実に人が独自の分析を加えることによって予報の的中率は上がります。それができるのは、気象予報士の日々の実践と研究の積み重ねがあればこそ。努力が結果となって表れることも大きなやりがいにつながります。

人々の生活やビジネスの役に立てる

「明日は午後から雨が降るから傘を持っていかないと」「今週の日曜は晴れそうだから家族で出かける計画を立てよう」といったように、天気予報は私たちの日々の生活に大きく関係しています。また、公共交通機関の運行予定に影響することもありますし、ビジネスで活用される場合は売り上げなども左右します。それだけに気象予報士の責任は重いですが、精度の高い予報によって、毎日人々の生活やビジネスの役に立てることは大きなやりがいになります。

日々の努力が予報の精度につながっていく

気象庁では膨大な気象データをスーパーコンピュータで分析しています。その予報の精度は向上を続けているものの、まだまだ100%とはいきません。特に、地域や時間帯を限定した予報などはコンピュータが苦手とするところ。人間が経験と専門知識に基づいた分析を加えることで予報が当たる確率が上がるのです。それができるのは、個々の気象予報士が、気象の変化の特徴や地形の影響などに関して経験を重ねながら研究しているからこそ。日々の努力が予報の正確さに結びついていくことも、この仕事のおもしろさといえるでしょう。

遭難の防止や災害対策などに貢献できる

山や海の天気を的確に予報することは遭難の防止につながります。また、エリアや時間帯を絞ってゲリラ豪雨などを予報することで、その地域に暮らす人々の安全に貢献することもできます。このように気象予報士は人の命を守る仕事でもあるのです。そこに誇りとやりがいを感じている気象予報士も少なくありません。

全国のオススメの学校

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

気象予報士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路