• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 美容・理容・ヘアメイク
  • ヘアメイクアーティスト
  • やりがいを聞いてみよう
ヘアメイクアーティストのやりがいを聞いてみよう

ヘアメイクアーティストのやりがいを聞いてみよう

全国のオススメの学校

ヘアメイクアーティストの仕事は、その人の魅力を最大限に引き出し、キレイを作ることです。「かわいい」や「美しい」を常に追求し、触れていられることはヘアメイクアーティストの特権です。
その人の雰囲気を観察し、イメージを提案し、求められている雰囲気にマッチしたヘアメイクができたときには達成感を得られます。また、ヘアメイクをされる人の表情がみるみる明るくなっていくのを見たり、「とても気に入りました」と褒め言葉をかけてもらえたりすることもやりがいにつながるでしょう。
ヘアやメイクの流行は常に変わり、仕上げるカタチに絶対の正解はありません。また完全に実力社会であるため、自分の努力が成果につながるのもやりがいのひとつです。一流になるまでには相当の努力が必要なチャレンジングな業界ですが、自分で自分の道を切り拓いていけるやりがいのある仕事です。

求められるイメージにマッチさせられたとき

ヘアメイクアーティストは「こういうイメージに仕上げてほしい」というクライアントからの要望や、「こういう雰囲気が好き」というお客さまの嗜好に寄り添ってヘアメイクを仕上げます。要望どおりのヘアメイクができ、メイクをされた人、現場スタッフ、自分も納得できれば、その仕事に達成感を得ることができるでしょう。
ヘアメイクをしていく過程で、される人の表情が生き生きと輝いていくのを手にとるように見られるのも大きなやりがいになります。ヘアアレンジやメイクの力でかわいくなれることを相手と共感できるのはとてもうれしいことです。

一世一代のキレイの瞬間に立ち会える

例えば、結婚式のヘアメイクを手がけるヘアメイクアーティストなら、お客さまの一生に一度の特別な瞬間に立ち会うことになります。特別な一日に最高にキレイでいてもらうためにヘアメイクをすることはプレッシャーでもありますが、気合いの入る大仕事です。
感動的な瞬間に立ち会い、さらに「キレイにしてくれてありがとう」と声をかけてもらえればヘアメイクアーティスト冥利につきます。仕事を通して人を輝かせ、幸せな瞬間や感情に触れることができるのはこの仕事の大きなやりがいです。

見た目をつくりながら、人の心の深い部分に触れられること

ヘアメイクアーティストの仕事は、人の見た目を美しくすることです。しかしお客さまが本当にかなえたいイメージを理解し、その人らしさを最大限に引き出すためには、内面にも触れる必要があります。
ヘアアレンジやメイクによって新たな印象へと変化したことで、これまでもっていたネガティブな思い込みが解消され、自己評価が高まり新たな魅力や可能性の発見につながることもあります。
「メイクセラピー」など、心理カウンセリングの手法を取り入れたメイクアップ技法も注目が高まっています。

自分の「好き」を生かせる仕事

ヘアメイクアーティストのほとんどは、美容や化粧品が大好きです。
時には自分の「好き」を提案して、お客さまと盛り上がったり、喜んでもらえたりすることもあります。自分の趣味の延長のように勉強を続け、「好き」が仕事となり、人から認められるのであれば、それはとても幸せなことです。お客さまに提案するために、「自分自身もキレイでいなければ」というプレッシャーさえも心地いいものです。

習得すべき技術には終わりがない

トレンドは流動しますし、人の好みも千差万別です。ヘアメイクの世界には正解もなければ終わりもありません。
求められるイメージやお客さまの希望に合わせるだけでなく、それ以上を提供していくためには、流行のファッションやヘアメイクだけでなく色彩感覚など相当な知識量と技術が必要です。
常に向上心・探究心が求められる大変な仕事ですが、チャレンジし続けられるおもしろい仕事でもあります。努力すれば努力するだけ自分が目指す姿に近づくことができるのもやりがいにつながるでしょう。

関連する仕事のやりがいもチェックしよう

関連する記事

ヘアメイクアーティストを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路