• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • 僧侶
  • やりがいを聞いてみよう
僧侶のやりがいを聞いてみよう

僧侶のやりがいを聞いてみよう

自分が信仰する仏の教えを人々に広めていける、ということがやりがいの一つ。信仰心が薄れてきているといわれる現代において、どうしたら人々に仏教を身近に感じてもらえるのか、と多くの僧侶が頭を悩ませていますが、逆に、そこにやりがいを感じている人も多いようです。
葬儀や法要で読経し、遺族の悲しみに寄り添うことができたり、悩みごとなどの相談を受けてアドバイスをしたり、仏の教えを通じて人々と触れ合い役に立てるという点もやりがいにつながっているそうです。
さらに、生涯僧侶であり続け、「僧侶として生きる」という人が多く、仏教を通じて自分自身を高め続けることができる、ということが魅力といえます。

仏教を後世に教え伝える

長い歴史の中で受け継がれてきた仏教を後世に伝え、広めていくという大きな責任と共に、自分が信仰する教えを多くの人に知ってもらうということによろこびを感じる僧侶が多くいます。
仏教への信仰心をもたない人が増えている現代において、仏の教えをどのようにして自分の手で多くの人々に伝えていくのか、試行錯誤をしながらも取り組んでいます。

悩んでいる人の助けになれる

昔から、高い教養や広い知識をもつ僧侶は、人々が悩みを相談し、助言を求める存在でした。
それは今も変わらず、何かに悩んで苦しんでいるとき、僧侶に相談したいと考える人が多くいます。悩んでいる人の傍らで、やさしく、時には厳しく、仏の教えを通じて人々に助言をし、「あなたのおかげで悲しみを乗り越えることができた」「心が軽くなった」と言われるとき、僧侶としてのやりがいを感じると言います。

一生を通じて自分自身を高められる

僧侶という仕事に対して、「職業というより、僧侶という“生き方”」と考える人が多いのが僧侶の特徴と言えるでしょう。
仏の教え、修行を通じて、常に自分自身と向き合い続けていくことに奥深さを感じ、僧侶としての“生き方”を選ぶ人が多いようです。僧侶は定年を設けていない場合もあり、生涯僧侶であり続けるという人も多くいます。

全国のオススメの学校

僧侶を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路