• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 京都産業大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 理学部
  • 数理科学科

私立大学/京都

キョウトサンギョウダイガク

数理科学科

募集人数:
45人

自然科学や社会科学に応用される「生きた数学」を学び、論理的思考や柔軟な発想力を育みます

学べる学問
  • 数学

    数字という世界共通の言語を使って、数、量、図形などの性質や関係を研究

    数学は、理工系の全ての学問の基本であり、コンピュータ、機械全般、医療、経済などの根底を支える学問。講義や演習を通して数が持つ理論と可能性を幅広く学ぶ。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

目指せる仕事
  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • サーチャー

    情報検索のスペシャリスト

    データベース台帳にある膨大な量の情報の中からパソコンを使って必要な情報を検索し、依頼者に提供する仕事。情報化、国際化が進展するなかでデータベースの数は増加する一方。短時間で必要な情報を探しださないとデータベースの使用料金や電話料金がかさむため、スペシャリストとしてサーチャーが注目。

  • データサイエンティスト

    大量のデータを分析して消費者の行動パターンなどを読み取る

    例えば、顧客の購買履歴など、今、企業はマーケット分析や消費者行動などを読み取るために活用できるさまざまなデータを大量に蓄積している。「ビッグデータ」といわれるこれらの膨大で多種多様なデータを分析するのがこの仕事。どのような切り口や角度からデータを取り上げるかを考え、統計学の手法を使ってデータを分析し、事業に役立つ情報を見極めていく。数学やITなど理系の知識も非常に重要だが、同時に、分析の前提になる仮説を立てたり、分析の結果を事業に生かしたりするためには経営やマーケティングなどの知識も必要となる。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金(参考) 145万3500円  (※実験実習費を含む、分納制)

学科の特長

学ぶ内容

数学を幅広く学び、柔軟な発想力と社会で役立つ実践力を身に付けます
数学の思考法や論理を学び、社会で「使える」数学の力を育成します。1・2年次では微分積分などの数学の基礎を学習。3年次以降は興味のある分野を集中的に研究します。選択科目には、プログラミングなどの基礎を学ぶ情報関連科目を設け、数学の世界へアプローチし、社会で役立つ実践力を身に付けます。
一般企業や官公庁などへの就職をめざす学生のための「BizMathコース」
統計検定準1級合格を目標とする「統計演習」、不確定な現象について予想する「確率シミュレーション」、金融数学や数理ファイナンスなどで用いられる「リスクの数理」といった専門科目を開講します。統計や金融の世界では、高度な数学知識が要求されるなど、数学を活かせるビジネスの現場は広がっています。

カリキュラム

「基礎数理」と「応用数理」を両輪とし、1年次から段階的に数理科学を探究
1年次で「代数学・幾何学」や「微分積分学」などの科目を通して証明の読み書きを学び、2年次より基礎専門科目の「基礎数理」と「応用数理」を両輪とし、学習します。3年次からは自らのテーマの確立と数学の専門知識を身に付け、卒業研究へと挑みます。

授業

論理的思考力を追究し、情報化社会を担うコンピュータのプログラミング言語も学ぶ専門教育科目
「代数学・幾何学I・II」は、線形代数を入門的に学びます。「微分積分学I・II」では高校で学んだ微分積分の諸定理を広く学習。また、「プログラミングI・II」では、コンピュータのプログラミングを行うための言語を学びます。

研究テーマ

身近ながらも謎の多い“数え上げ組合せ論・ゼータ関数”への理解を深め、解明へと迫る
一見不規則に並んでいる数字が、実は何らかの法則に基づいていることを数式を用いて理論的に証明するのが多重ゼータ値代数。計算機を用いた数値実験を効率的に行うため、初歩的なプログラミング技術も修得できます。研究を通して、数列が持つ規則性が社会で広く活用されていることを深く理解します。

資格

教員志望者へのサポート体制が充実。さらに「数学教育コース」を設置
教員志望者に対して、現役高校教員らが講師を務める採用試験対策セミナーや、教員採用模擬試験を開催しています。また「数学教育コース」では、大学の数学と小中高で学ぶ算数・数学を結び付け、学習においてつまずきやすい点、指導上の留意点、実際の指導例などへもテーマを広げながら、現場で役立つ数学教育を学びます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 学芸員<国> 、
  • 司書<国> (図書館) 、
  • 司書教諭<国> 、
  • 小学校教諭免許状<国> (1種)(佛教大学または聖徳大学の通信教育で取得可能) 、
  • 中学校教諭免許状【数学】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【数学】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【情報】<国> (1種)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    積水ハウス 、 ヤマハモーターエレクトロニクス 、 大阪ガス 、 システムリサーチ 、 京都信用金庫 、 野村證券 、 日本赤十字社 、 メイテック 、 和歌山県庁 、 大阪府教育委員会 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

理学部の実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒603-8555 京都市北区上賀茂本山
TEL075-705-1437(入学センター)
info-adm@star.kyoto-su.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
京都府京都市北区上賀茂本山 「国際会館」駅から京都バスで 約9分 「京都産大前」下車
「北大路」駅から市バス・京都バスで 約15分 「京都産大前」下車
「出町柳」駅から京都バスで 約30分 「京都産大前」下車
「二軒茶屋」駅から無料シャトルバスで 5分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

京都産業大学(私立大学/京都)