• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 金融・経済・不動産
  • 銀行員
  • 仕事内容
銀行員の仕事内容

銀行員の仕事内容

銀行の三大業務といわれているのが、預金・融資・為替業務です。預金業務は文字どおり顧客のお金を預かる仕事です。融資業務は資金を必要としている企業(または個人)に利息をつけてお金を貸し付ける仕事で、融資担当者がその業務を行います。為替業務は銀行口座振り替えなど、振り込みや送金、手形の発行などをすることですが、最近特に注目されているのが、外国の通貨や債券を売買するディーリングです。

銀行の種類

①日本銀行:通称「日銀(にちぎん)」と呼ばれます。その役割には「発券銀行」「政府の銀行」「銀行の銀行」という3つがあります。「発券銀行」としては日本で唯一、紙幣を発行している銀行です(硬貨は国が発行しています)。「政府の銀行」としては、日本政府から委託を受け、国のお金を管理しています。また、国債の発行や外国為替の決済処理も行っています。さらに、「銀行の銀行」といわれ、一般銀行の預金の一部を当座預金で預かり、その預金は他の金融機関への貸し付けなどに利用されています。

②都市銀行:全国に多くの支店をもってネットワークを作り、多くの人や企業が利用している大手の銀行です。日本の3大メガバンクといわれる、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行に、りそな銀行を加えた4行がこれにあたります。

③地方銀行:日本各地で地域経済の発展のために貢献しているのが地方銀行です。北海道には北海道銀行、静岡県には静岡銀行、大阪府には近畿大阪銀行、福岡県には福岡銀行など、各県を代表する地方銀行があります。さらに、北海道の北洋銀行、静岡県のスルガ銀行、大阪府の池田泉州銀行、福岡県の筑邦銀行など、各県に複数の地方銀行が競合していることも珍しくありません。

④信託銀行:信託とは、個人が所有する資産・遺産の運営をまかせることをいいます。信託契約や遺言などによって、お金や土地などの財産を移し、その管理をまかせる制度で、信託銀行は、通常の銀行業務と合わせて、不動産や有価証券などを管理することを主な業務としています。

⑤信用金庫:日本各地に多数ある信用金庫は、地域の発展を支えるために、地域の利用者・会員が互いに助け合う相互扶助を目的としており、地域の中小企業や個人を取引先として、信用金庫法にもとづいて運営される、より公共性の高い協同組織の金融機関です。

⑥ネット銀行:住信SBIネット銀行やじぶん銀行、ソニー銀行、セブン銀行など、店舗や窓口をもたずにインターネット上で業務を行う新しいタイプの銀行です。利用者は、パソコンやスマートホンなどからネット上に口座を設けて取り引きが可能なうえ、現金はコンビニエンスストアやスーパーマーケット、提携したほかの銀行のATMで引き出したり預けたりできます。より簡単に銀行取引ができて便利なため、利用者が増えています。こうして集められたお金を、住宅ローンなどに貸し付けたり、投資信託などを販売して利益をあげています。

⑦ゆうちょ銀行: 2007年、日本郵政公社が民営化・分社化されたことによって誕生したのが、株式会社ゆうちょ銀行です。全国に展開する郵便局ネットワークを通じて、個人の顧客に幅広い金融サービスを行っています。ただし、ゆうちょ銀行の窓口のほとんどは郵便局内にあり、銀行でいう「預金」を「貯金」と呼んだり、その貯金額に上限があるなど、特殊な銀行として運営されています。

銀行の三大業務①預金業務

個人や企業を問わず、数多くの顧客から資金を預かるのが預金業務です。日常的に利用する普通預金をはじめ、各種定期預金、企業が小切手や手形を振り出すための当座預金などの銀行口座を管理する仕事で、銀行の窓口でよく目にします。こうした窓口担当者はテラーとよばれ、一般職の行員が従事することが多い職場であり、銀行の表の顔として活躍しています。

銀行の三大業務②融資業務

預金業務によって預かった金を、資金を必要としている企業や個人に貸し付ける仕事で、銀行はその利息によって利益を得ます。例えば、企業が事業拡大する際の設備投資資金や個人が家を建てる時の住宅ローンなど、大金を貸し付けることになります。
こうした融資には企業の発展や個人の幸福を応援する側面もありますが、その一方で、融資先が倒産したり個人がローンを返済できずに自己破産したりすると、貸し付けた金の回収が難しくなり、損害を被ることもあります。
そのため、銀行内に設けられた融資の調査部門では、融資先企業の業績をチェックしたり将来性を分析したり、融資担当者を中心に個別の案件ごとに、慎重な審査が行われます。融資担当者は責任も重大ですが、企業や社会の成長に欠かせないキーマンとして、大きな役割を担っています。

銀行の三大業務③為替業務

電気料金やガス料金、電話料金などの公共料金の口座振替など、銀行口座をもつ顧客からの依頼によって、振り込みや送金を行う業務です。現金をやり取りすることなく資金の決済を済ます方法で、利用者にとって便利なこのシステムは、銀行と顧客を結びつける大きな力となっており、近年では、自動振込機やインターネットなどを使って振り込みを行うサービスも行っています。
こうした為替業務のなかでも、特に注目を集めている仕事が外国為替部門です。国際的に刻々と変動する為替によってお金の価値が変わるので、各国の通貨を売り買いしてその利ザヤを稼ぎます。ディーリングルームと呼ばれる取り引き専用の部屋で、変動する為替レートを見ながら大金を取り引きするマネーディーラーは、銀行の花形職種のひとつになっています。

銀行の営業

銀行と顧客をつなぐ大切な役割を担っているのが、いわゆる銀行の営業マンといわれる渉外担当です。担当エリアの顧客(企業や個人)を訪問して、金融商品や資産運用のニーズを掘り起こし、販売や融資などにつなげていきます。銀行ごとにノルマがあり、厳しい業務である反面、営業成績は大きな実績となり、ボーナスなどに跳ね返ってくるといいます。

金融商品の販売

かつて銀行で扱うことのできなかった、投資信託、損害保険や生命保険などの販売が近年続々と解禁になり、こうした金融商品の取り扱いが銀行の主要業務のひとつになっています。最近では、銀行ならではの貯蓄性の高い保険商品や外貨建て保険などが人気になっています。

その他の業務

銀行の業務には、上記の他に国債や社債、債券や株式などの売買、ローンや財産運用の相談、貸金庫の管理、手形の引き受けなど、お金にかかわるさまざまな仕事があります。また、人事、企画、広報など総務部の業務も、円滑な銀行運営に欠かせない大切な役割を担っています。

全国のオススメの学校

関連する仕事の仕事内容もチェックしよう

銀行員を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路