• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 金融・経済・不動産
  • 銀行員
  • ズバリ!将来性は?
銀行員のズバリ!将来性は?

銀行員のズバリ!将来性は?

銀行による保険の取り扱い解禁やネットバンキングの振興など、金融業界の規制緩和の流れにより、銀行の様相も変化してきました。金利の有利な金融商品の開発やインターネットやスマートホンを使った銀行取引の常態化など、各銀行がサービスで特色を出して競うようになっています。今後、さらに新たな業務領域の開拓が進んでいくと思われ、銀行も激しい「競争の時代」に突入したといわれています。銀行員といえば「高収入で安定した職業」という従来のイメージは、変わらざるを得ない状況です。

都市銀行の収益は改善

バブル崩壊後の不良債権処理に伴う大型銀行の再編・合併を経てメガバンクが誕生し、日本の銀行も多額損失に見舞われたリーマンショックを乗り切りました。国際的な金融緩和の流れの中で、銀行業界は新たな時代に突入したといいます。 現在、都市銀行の収益は改善し、日本の国債の価格上昇などにより、業績は上昇傾向にありますが、いつ世界的な経済不況に見舞われるかわからない今日、予断を許さない状況であるのは変わりません。

金融緩和の流れの中で

1998年に投資信託の販売が解禁されて以来、損害保険や生命保険、医療保険、自動車保険なども銀行で取り扱えるようになりました。一気に進んできた金融商品の規制緩和によって、銀行の業務は大きく変わり、「資産運用ご相談窓口」などを開設する銀行が増え、顧客のさまざまな運用ニーズにこたえるための体制が整えられてきました。最近では、国際的な金融緩和圧力の強まりや、日銀による「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」の導入など、銀行業務にかかわる環境の変化への対応が求められています。

ネットバンキングに対応

ネット銀行と呼ばれる、じぶん銀行やソニー銀行、セブン銀行などがインターネット口座を開く、新しい銀行が勢力を伸ばすにつれ、メガバンクの都市銀行や地方銀行などでもインターネットによる銀行取引を増やしています。利用者にとっては、24時間どこでも簡単にお金の引き出しや預け入れができ、利便性も高いのですが、セキュリティーの問題など課題も多く、解決法をみつける必要があります。

大手銀行の求人は堅調

国内銀行101行の2015年3月期の従業員数は25万6210人で、前年から1469人増えています。特に都市銀行は1850人(東京商工リサーチ調査)も増えています。これは、海外業務の拡大などに対応するために、また2011年3月期以降、団塊世代の大量退職に対し、新卒採用を増やして補てんしているためといわれています。その一方で、地方銀行は前年より381人減っています、地方銀行は採用を増やすことに慎重な姿勢を取っているようです。

全国のオススメの学校

関連する仕事の将来性もチェックしよう

銀行員を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路