• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 金融・経済・不動産
  • 銀行員
  • なるには
銀行員になるには

銀行員になるには

銀行員になるためには、銀行に採用される必要があります。新卒採用は、各銀行によって変わりますが、「一般職」と「総合職」に分かれて採用試験が行われます。銀行員になる一般的なコースは、大学、短大を卒業し、新卒で入行試験に合格することですが、一般職や事務員の採用などでは、専門学校卒や高卒でのエントリーも可能です。採用試験を受けるにあたり、必須な資格や検定などはありませんが、もっていて有利になるのは、簿記検定とファイナンシャルプランナー、銀行業務検定試験だといわれています。

社会科学系学部出身が多い

銀行員の採用試験を突破するには、金融、経済、税務、不動産などの知識が必要とされるため、経済学部や商学部、経営学部、法学部の出身者の採用が多い傾向にあります。ただし、受験資格に学部の指定があるわけではないので、文学部などであっても金融・経済系の知識や興味をもっていれば、合格する可能性があります。

採用倍率は?

銀行員は人気の職業なので、採用の倍率は決して低くありません。特に都市銀行は倍率が高く、地方銀行や信託銀行のほうが倍率は低くなります。信用金庫などは、銀行系としては比較的入りやすいとされています。

選考の行われ方

採用については各銀行で異なりますが、まず、エントリーシートなどによる書類選考が行われ、次に一次選考として、筆記試験(一般常識が中心)が行われ、その後、面接という、一般企業とさほど変わらない流れのところが多いようです。また、小さな地方銀行や信用金庫などでは、面接のみというところもあるようです。

中途採用について

銀行では、即戦力となる経験者採用(キャリア採用とも呼ばれる)にも積極的で、随時、中途採用も行われています。さらには、営業などの職種に絞った契約社員の募集などもあります。

全国のオススメの学校

関連する仕事のなる方法もチェックしよう

銀行員を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路