• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 金融・経済・不動産
  • 銀行員
  • 学校の選び方
銀行員の学校の選び方

銀行員の学校の選び方

全国のオススメの学校

都市銀行では、現在、行員の新規採用は、基本的に大卒を前提に募集しています。ですから、まずは大学に進学する必要があるといえます。学部については、規定はありませんが、経済学部や商学部、法学部出身者が多いようです。なお、地方銀行の場合は、地元の大学を卒業している人が採用されやすいという傾向もあるようで、将来を見越して進学先を決めるといいでしょう。また、窓口業務の一般職や事務系の行員については、専門学校卒や高校卒の採用枠がある銀行もあります、ただし少人数であることはいなめません。

出身学部に制約なし

銀行員の募集要項には大卒の規定はあっても、学部の指定はありません。経済学部や商学部、経営学部、法学部出身者が多いのは事実ですが、行員には文学部や工学部、教育学部の出身者など、幅広く採用されています。特に最近注目されているのが、銀行員で数字に強いということが大きなポイントとなりますので、理数系の人が採用されるというケースも増えています。さらにグローバル化を見すえて、語学力が重視され、国際学部の出身者も多くなっているようです。

在学中に資格を取得

大学の経済学部などで科目の履修によっては、国が認定するファイナンシャル・プランニング技能士2級の受験資格が与えられます。これに合格すれば、銀行の採用に有利だといわれるファイナンシャル・プランナーへの道が開けます。また、簿記の資格も有益で、簿記学校とのダブルスクールを実践する銀行員志望者も多いようです。また、TOIEC(R)テストのハイスコアや英検2級以上の英語資格も学生時代にチャレンジできるので、おすすめです。

関連する仕事の学校の選び方もチェックしよう

銀行員を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路