• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 金融・経済・不動産
  • ファイナンシャルプランナー
  • 仕事内容
ファイナンシャルプランナーの仕事内容

ファイナンシャルプランナーの仕事内容

ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事は、相談者の話をていねいに聞いたうえで、その解決策を提案することです。、資産の運用方法や保険内容の見直し、住宅資金や教育資金の準備方法、老後の生活設計、税制や相続などについての相談に応じます。
FPはお金に関する多角的な知識を身につけていますが、必要があれば弁護士や税理士、社会保険労務士、保険・不動産の専門家などとのネットワークを活用してプランニングを行います。

資産運用相談

家族構成やライフプランなどを把握したうえで、顧客が保有する金融資産の運用プランを提案します。例えば、株式や保険、投資信託(専門家に依頼して、事業などに資金を出し、儲けを分配してもらう仕組みの金融商品)などの選び方をアドバイスする、貯蓄金の賢い運用方法を提言するといったことを顧客に対して行います。

住宅資金相談

マイホームを建てるには、とても大きな資金が必要です。現状の資金でどのくらいの物件を購入できるのか、あるいは住宅ローンの適切な組み方や負担を軽減する方法などについてアドバイスします。

保険の見直し相談

FPは、公的年金をはじめとした保険制度に関して幅広い知識をもっています。相談者の家族構成や総収入、年齢などをヒアリングし、現状と加入している保険の内容がうまく当てはまっているかどうかを検討します。そのうえで、より良い保険商品を提案することがあります。

教育資金相談

子ども一人あたりにかかる教育費は増加傾向にあります。そうした風潮を受けて、子どもの教育資金はいくら必要か、どうやって準備したら良いかなど、子どもの誕生から大学卒業までの長期にわたる最適な教育プランを作成して提案します。

リタイアメントプラン相談

総人口の4人に1人が65歳以上の高齢者というこの時代、老後の生活に不安を感じている人が増えています。こうした不安を解消するため、老後を豊かに暮らすにはどのくらいの費用が必要か、退職金はどうやって利用するのが得かなど、充実したシニアライフを送るためのプランを作成します。

相続・事業継承相談

子どもや孫などに資産を残すと相続税がかかります。また、相談者が会社を経営する場合は、その会社を子どもに引き継がせるのか、あるいは売却か精算かといったさまざまな選択肢が浮かびます。
こうした相続や事業継承問題に関して、争いごとにもち込まずに解決できるように、税理士や弁護士などと連携しながら最適のプランを提案します。

全国のオススメの学校

関連する仕事の仕事内容もチェックしよう

ファイナンシャルプランナーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路