• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 金融・経済・不動産
  • ファイナンシャルプランナー
  • 必要な試験と資格は?
ファイナンシャルプランナーの必要な試験と資格は?

ファイナンシャルプランナーの必要な試験と資格は?

かつてファイナンシャルプランナー(FP)は民間資格でしたが、平成14年(2002年)に国家資格として「FP技能士」が創設されました。FP技能士は3~1級の3段階に分類されており、難易度が最も高いのは1級です。
試験を実施するのは「NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会」(日本FP協会)と「一般社団法人金融財政事情研究会」(金財)という2つの団体で、どちらで受験しても国家資格の「ファイナンシャル・プランニング技能士」(FP技能士)に認定されます。
その他に、日本FP協会が認定する民間資格AFPとCFP®もあります。

FP技能士

FP技能士は、「日本FP協会」と「金財」という2つの団体が実施する国家資格で、3~1級の3段階に分かれています。

3級FP技能士

3級検定には学科と実技試験があります。
学科試験の問題は日本FP協会・金財とも一緒で、ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業承継の6分野から出題されます。
実技試験は、日本FP協会と金財で出題範囲が異なります。前者は資産設計提案業務から出題されますが、後者は個人資産相談業務と保険顧客資産相談業務の中から1科目を選択します。
学科試験合格率/日本FP協会69.2%、金財55.1%(平成28年〈2016年〉9月)
実技試験合格率/日本FP協会=資産設計提案業務76.8%、金財=個人資産相談業務83.2%、保険顧客資産相談業務67.0%(平成28年〈2016年〉9月)

2級FP技能士

2級検定には学科と実技試験があります。
学科試験の問題は日本FP協会・金財とも一緒で、出題範囲は3級検定と同じです。実技試験は、日本FP協会と金財で出題範囲が異なります。前者は資産設計提案業務から出題されますが、後者は個人資産相談業務、中小事業主資産相談業務、生保顧客資産相談業務、損保顧客資産相談業務の4科目から1科目を選択します。

学科試験合格率/日本FP協会40.1%、金財23.8%(平成28年〈2016年〉9月)
実技試験合格率/日本FP協会=資産設計提案業務50.6%、金財=個人資産相談業務60.4%、中小事業主資産相談業務39.1%、生保顧客資産相談業務44.4%、損保顧客資産相談業務60.5%(平成28年〈2016年〉9月)

1級FP技能士 

1級FP技能士の試験方法や試験日は、日本FP協会と金財で異なります。
特に大きく異なるのは受験資格で、日本FP協会の1級FP技能検定を受験するには、CFP®認定者、CFP®資格審査試験の合格者、金財が実施した1級FP技能士検定の学科試験合格者、金財の「FP養成コース」修了+実務経験1年以上のいずれかを満たすことが必要です。金財の1級FP技能検定の受験資格は、学科試験と実技試験に分かれています。まず学科試験を受験するには、2級FP技能検定に合格+実務経験1年以上、5年以上の実務経験、厚生労働省認定金融渉外技能審査2級に合格+実務経験1年以上のいずれかを満たすこと。実技試験を受験するには、1級FP学科試験に合格、金財の「FP養成コース」修了+実務経験1年以上、CFP®認定者、CFP®資格審査試験の合格者のいずれかを満たすことが必要です。
1級FP技能士になるには、こうした条件と自分の現状を照らし合わせながら、どちらの試験を受けるのかを選択することになります。
学科試験合格率/金財4.8%(平成28年〈2016年〉9月)
実技試験合格率/日本FP協会=資産設計提案業務87.0%(平成28年〈2016年〉9月)、金財=資産相談業務82.3%(平成28年〈2016年〉5月)

AFP(アフィリエイテッド ファイナンシャルプランナー)

AFPは、日本FP協会が認定する民間資格です。同協会認定の教育機関が実施する「AFP認定研修」の修了と2級FP技能検定の合格が必要で、この要件を満たした後、同協会に登録するとAFP資格を取得できます。AFP認定研修を修了すると、2級FP技能士の受験資格を獲得できるため、実務経験の未経験者でも3級FP検定を受けずに、2級FP技能士とAFPというダブルライセンスの保有者になることが可能です。
2つの資格を有することで、よりFPとしての信頼性を高めることができ、仕事をする上で役に立つことが多いため、多くのFPがFP技能士とAFPの資格を保有しているようです。
全国のAFP認定者数=15万4409人(2016年7月現在)

CFP®(サーティファイド ファイナンシャルプランナー)

CFP®は、北米、アジア、ヨーロッパ、オセアニアを中心に世界24カ国・地域(平成28年〈2016年〉3月現在)で導入されている国際的な資格です。受験資格はAFP認定者で、6課目の審査試験に合格、エントリー研修を修了、通算で3年以上の実務経験があるといった要件を満たすとCFP®資格を取得できます。
全国のCFP®認定者数=2万751人(2016年7月現在)

全国のオススメの学校

関連する仕事の必要な試験と資格もチェックしよう

ファイナンシャルプランナーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路