• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 金融・経済・不動産
  • アクチュアリー
  • やりがいを聞いてみよう
アクチュアリーのやりがいを聞いてみよう

アクチュアリーのやりがいを聞いてみよう

全国のオススメの学校

保険の開発は、人々が抱く将来への不安や負担、障害、リスクなどを「安心」に変換する仕事と言えます。
こうした人の役に立つ業務をやり終えたとき、仕事への満足感を味わう人が多いようです。アクチュアリーは、個人の裁量で仕事をまかせてもらえることが多く、また社内でも重要な役割を担っていることに大きなやりがいを感じているようです。
保険会社が健全な経営をしているかどうかをチェックするアクチュアリーは、経営の根幹に直結する仕事を行っています。責任の重い仕事ですが、やりがいを味わうこともできるようです。
アクチュアリーには顧客対応する機会もあります。商品説明などを終えた後、お客様から「わかりやすくて助かりました」と感謝されたときは、よろこびと達成感が味わえるようです。

安心できる保険を開発し、人の役に立つ

アクチュアリーは、保険を開発する際、突発的な事故などの発生確率やリスクによる損失の計算などを行い、掛け金が妥当かどうかを検証しています。
この仕事は、人々が抱く将来への不安や負担、障害、リスクなどの発生確率を分析して開発した保険商品を通じて、安心を提供していると言えるでしょう。このような人の役に立つ仕事をきちんとやり終えたとき、アクチュアリーは満足感を味わうようです。

専門性が高い

アクチュアリーは、高度な数学知識はもちろん、政治や経済、社会への深い造詣などがないとできない仕事です。
「高度な専門職」というポジションを確保しているため、豊富な経験を積んだ人は能力があると判断され、個人の裁量で仕事を任せてもらえることが多いと言います。能力を認められ、社内で重要な立場を担っていることが、やりがいにつながっているようです。

会社の経営に直結する

保険会社がサービスを継続するために、健全な経営をしているかどうかをチェックするのもアクチュアリーの大事な仕事です。
会社の決算・予算などの情報を読み取り、数年後に会社がどうなっていくかを予測するのは、まさに経営の根幹に直結する仕事と言えます。責任の重い仕事ですが、その分、大きなやりがいを味わうこともできるようです。

人に感謝される

デスクワークばかりと思われがちなアクチュアリーですが、顧客対応する機会もあります。
年金制度や保険の新商品は、複雑でわかりにくいところも多いことから、「顧客に説明してほしい」と営業担当者から依頼されるのです。
こうした機会に慣れたアクチュアリーは、図解入りの説明書を参照しながら、専門用語を使わずに説明しているそうです。ひと通りの説明を終えた後、お客さまから「わかりやすくて助かりました」と感謝されたときは、うれしさとともに達成感を味わっているようです。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

アクチュアリーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路