• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 金融・経済・不動産
  • アクチュアリー
  • ズバリ!将来性は?
アクチュアリーのズバリ!将来性は?

アクチュアリーのズバリ!将来性は?

全国のオススメの学校

アクチュアリーが主に扱う年金や保険商品は、将来的になくなることが想像しにくいため、資格を取得すれば就職先に困ることはないでしょう。多様なリスクを戦略的に評価し、企業の業績向上にも貢献するアクチュアリーの職域は、これからいっそう拡大していくと期待されています。
これまで、日本で独立開業した例は多くはありませんでしたが、最近はコンサルティングアクチュアリー会社などを起業するケースが増えてきました。成功例が続くようであれば、独立開業するアクチュアリーが急増することも予想されます。

高まるニーズ

日本ではまだ聞きなれない職業ですが、日本アクチュアリー会の個人会員は年々増加しており、2016年3月現在で正会員1579人、準会員1318人、研究会員1963人の計4860人です。
アクチュアリーが主に扱う年金や保険商品は、将来的になくなることが想像しにくいため、資格を取得すれば就職先に困ることはないでしょう。金融自由化や年金制度の改革、少子高齢化社会の到来による保険商品の多様化などの影響もあり、アクチュアリーに対する需要はこれからますます高まると予想されます。

業務範囲の拡大

近年、企業はリスクマネジメントの重要性を認識するようになりました。リスクマネジメントとは、業務を行うプロセスで発生すると予測される多様なリスクを最小限に抑えたり、あるいは回避したりすることです。
確率や数理統計のプロであるアクチュアリーは、その技術をリスクマネジメント分野に活用することが求められています。企業の業績向上にも貢献するアクチュアリーの職域は、これからいっそう拡大していくと期待されています。

独立開業

アクチュアリーの人気が高い欧米諸国では、ある程度の経験を積むと、独立開業する人が多いようです。
日本ではアクチュアリーに対する認知度が欧米ほど高くないため、独立開業する例は多くありません。それでも最近は、コンサルティングアクチュアリー会社などを起業するケースが増えてきました。
リスクマネジメントのできるアクチュアリーは、自社の経営の健全性を保つのに最もふさわしい人物と言えます。成功例が続くようであれば、独立開業するアクチュアリーが急増することも予想されます。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

アクチュアリーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路