• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 金融・経済・不動産
  • アクチュアリー
  • 勉強時間・やり方
アクチュアリーになるための勉強時間・やり方

アクチュアリーになるための勉強時間・やり方

全国のオススメの学校

アクチュアリーになるための勉強時間や勉強方法はどのようなものがあるでしょうか。アクチュアリー資格を取得するには試験に合格しなければなりませんが、超難関といわれる試験です。アクチュアリーとして働きながら、どのように勉強していけばよいのかを説明しましょう。

覚悟をしてガッツリ試験勉強に取り組む

アクチュアリーの試験はかなり重く、社会人になってから仕事をしつつ勉強しなければなりません。どんなに仕事が忙しくても、飲み会があったとしてもコツコツ努力する必要があり、ある程度の覚悟もいります。何年もかけて試験を受けている人も多く、気合を入れないと越えられない壁でもあります。残念ながら毎年落ち続ける人もいます。中途半端にやって「そのうち受かればいい」というタイプは泥沼にはまる可能性があるので、やるならやると決めてガッツリ取り組むことをおすすめします。

勉強時間は参考程度に考える

アクチュアリー試験は合計7科目(基礎科目5科目、専門科目2科目)あります。一般的には、1次試験である基礎科目は1科目につき100~200時間、二次試験の専門科目は300時間以上程度の勉強時間が必要だといわれています。ただ、人によっては一次試験でも300~400時間勉強している人もいますし、逆に数学が得意でさらっと受かる人もいるので、勉強時間は参考程度に考えたほうがよいようです。

一次試験と二次試験は勉強のしかたが違う

一次試験は教科書を見れば自分でも勉強できるので、受験勉強が得意な人にとってはやりやすいかもしれません。その点、二次試験は専門科目であり、法令や実際の業務に関わる内容です。論述なども多く、業務のなかでのノウハウや知見などが問われます。例えば、事例問題などでは商品開発でこういう収支状況だけれどどういう検討項目が考えられるかなどです。答えのない問題であり、実際に本番の業務で対応する可能性があるような問題が出題されます。
つまり、二次試験は業務を知らなければわからない問題がどんどん出てきます。自分が担当している業務であればできますが、やったことがない業務はどうしてもわからないので、勉強にはコツが必要です。いろいろな部署の先輩に聞ける体制が大切なのです。社内の勉強会や他部門の受験生や講師の人と接する場面があることが重要になります。
学生のうちに受験する場合、一次試験は受かることもありますが、二次試験は実践的なので、先輩について勉強するのでなければ合格は難しいようです。特に、二次試験は自分の得意不得意分野が出てくるので、不得意分野に対しては得意な人が書いた論文をもらうなどで補っていく必要があります。
そのような勉強をしていくと、自分の担当以外にも知見がついて、試験勉強が業務に直結しやすくなるので、仕事の幅が広がり、のちの業務に役立つという利点もあります。
いずれにしても、業務と並行して資格試験勉強を進めることになるので、朝や夜にコツコツと勉強時間を積み重ねる努力が必要です。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

アクチュアリーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路