• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 愛媛
  • 松山大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 薬学部

松山大学 薬学部

「薬剤師」はもちろん、企業・公務員など幅広い分野で活躍する薬のエキスパートに

学べる学問
  • 薬学

    薬の作用について研究し、新治療の実現をめざす

    薬学は薬に関するあらゆることを学び、研究する学問です。基礎薬学と医療薬学・臨床薬学という2つの分野に大別されます。基礎薬学では、化学物質の分析と新薬の開発を目指し、医療薬学・臨床薬学では、薬の作用、副作用についてと、薬を正しく、安全に使う方法を学びます。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

目指せる仕事
  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 生理学研究者

    広範囲に生命現象(生体の働き)を解明する。脳生理学など、専門分野にわかれて研究する

    生理学は医学とともに昔から研究されてきたテーマである。「生体の機能のメカニズムを明らかにしてその意義を明らかにする学問」である。分子レベルでの研究などが進む中、個別の働きではなく、関連した複数の機能(生態学的、心理学的現象を含めた)を解明しようという研究分野。対象が生きた条件下でリアルタイムに観察するというのが特徴。生体の機能のメカニズムを明らかにするということから、脳生理学など専門分野にも分かれている。大学や病院などの研究機関などで、医学的なアプローチや情報処理的なアプローチなどがされる。

  • 病理学研究者

    患者がどのような病気にかかっているか調べたり、病気にかかった細胞を観察・分析して病気を研究する。

    病理学研究者の役割は大きく二つに分かれる。ひとつは、患者の細胞を採取して、どのような病気にどの程度かかっているかを診断する「病理診断」。この場合、診断結果をカルテに記入して医師に渡すが、時には医師と話し合い、直接患者に病状の説明などを行い治療に強力することもある。そしてもうひとつの役割が、細胞などを観察・分析して、なぜ病気にかかるのか、どのように進行するのかなど、病気そのものを研究する「病理研究」の仕事がある。仕事場は、病院または大学などの研究室。研究結果を論文として発表し、医学会に貢献する。

  • 薬剤師

    正しく安全に薬を調剤、医療と患者の架け橋になる

    医師の指示にもとづき、薬局や病院、診療所で薬の調剤、薬品の管理や販売にあたる。活躍の場は幅広く、薬局や病院、診療所のほかに製薬会社に勤務して薬品の研究や開発に携わる場合もある。また薬局を開業するケースもある。薬剤師は不足傾向にあり、採用は広がっている。

  • 医薬品登録販売者

    薬局の店舗スタッフとして活躍。第二類、第三類医薬品を販売できる

    薬局などで販売している医薬品には第一類、第二類、第三類の3種類があり、このうち第一類は薬剤師がいないと販売できない。しかし、一般的なかぜ薬など市販薬の9割以上を占める第二類、第三類は登録販売者の有資格者がいれば売ることができる。薬剤師は人材が不足していることもあり、現在は多くの薬局で登録販売者が活躍。医薬品の効能・副作用などの説明や会計などの店舗業務に従事している。6年制の大学を卒業しなければならない薬剤師に比べると資格も取りやすい。

  • 製薬開発技術者・研究者

    製薬会社や化粧品会社などの研究機関、大学の研究室などで製薬に関する研究や製造技術の開発・研究を行う。

    製薬開発技術者は、主に製薬会社や化粧品会社などで製品の開発のための企画立案や計画を立てて製品化を実現したり、品質検査や製造工程のチェック・指導など、製造に関する技術指導・管理などを行う。製薬開発研究者は、企業をはじめとした各種研究機関や大学の研究室などで、新薬の開発のほか、素材や化学物質の基礎研究、新薬開発のための製造技術の開発・研究など、それぞれの専門分野をもとに、「製薬」に関わる新しい研究を行う。高度な専門知識を必要とするため、多くは大学院で専門の研究を経て研究者となるのが一般的。

  • 食品技術者・研究者

    食材や食品、生産設備など、「食」に関するさまざまな技術・知識を追究する

    食品会社などで、新しい食品の開発をしたり、食品の生産・管理を行ったりするのが食品技術者。製造工程のチェックや品質検査、衛生検査、現場の監督者への技術指導などの作業管理なども行う。食品研究者は、食品会社の研究所や大学、研究機関などで新しい食材や食品の研究などを行う。遺伝子組み換えなどバイオ技術を活用した新しい食材の研究開発をはじめ、製造技術そのものの研究など、「食」に関わる様々な分野を専門的に追究する。栄養、食品、工業、化学、農業、水産業など、さまざまな分野からのアプローチが可能だ。

bug fix
bug fix

松山大学 薬学部の募集学科・コース

「薬剤師」はもちろん、企業・公務員など幅広い分野で活躍する薬のエキスパートに。

松山大学 薬学部のキャンパスライフShot

松山大学 薬局や病室をまるごと再現した、総合調剤実習室。調剤業務・服薬指導の基本を学ぶ
薬局や病室をまるごと再現した、総合調剤実習室。調剤業務・服薬指導の基本を学ぶ
松山大学 総面積1806平方メートルの薬用植物園。生きた教材として、生薬学や漢方学の研究にも使われる
総面積1806平方メートルの薬用植物園。生きた教材として、生薬学や漢方学の研究にも使われる
松山大学 薬剤師の患者対応能力を高めるフィジカルアセスメント実習にも取り組む
薬剤師の患者対応能力を高めるフィジカルアセスメント実習にも取り組む

松山大学 薬学部の学部の特長

薬学部の学ぶ内容

学科紹介
薬剤師として必要な専門知識・技術を修得した上で、医療人としての自律心や強い倫理観をもち、新しい時代の医療のニーズに応えられる専門職業人を育成します。

薬学部の授業

カリキュラム
1年次には、化学・生物・物理の基礎を固めるため高校で学んだ内容も含めた講義が行われます。また、講義でわからなかった所がしっかり学べるように、学習サポート制度が設けられています。早期臨床体験では、コミュニケーション能力を強化するためのグループ学習や自分の将来像を具体的にイメージするための薬剤師体験、病院薬剤部・調剤薬局・介護施設の見学を行います。2年次からは専門的な内容に移行するとともに様々な実習が開始されます。3・4年次では、病気のメカニズムや薬の作用機序・副作用などを学ぶと同時に、実務実習事前学習が行われます。5年次では、病院・薬局で実務実習が行われ、6年次では国家試験対策に取り組んでいきます。その他、愛媛大学医学部と連携したチーム医療を学ぶための合同授業や卒業研究(4~6年次)が行われます。また、医療経済学、医薬品マーケティングなどの科目も配置されており薬学の専門知識だけにとどまらず、卒業後の幅広い進路に対応できる力が身に付きます。

薬学部の資格

薬剤師国家試験合格実績(2018年度)
■中国・四国地区の私立大学中、第一位 第104回(2019年2月実施):合格率83.8% (合格者数67名/受験者数80名・新卒)

薬学部の施設・設備

薬学部棟
薬学部の拠点、9号館薬学部棟。AV機器や学内LANを完備した講義室、実習室の他、長期実務実習に備えるための模擬薬局、模擬病室も設置しています。

薬学部の学生支援・制度

国家試験対策
学内で国家試験対策講習会や模擬試験を実施するなど万全のサポート体制です。特に、過去の国家試験や模擬試験問題などを集約した学習ソフトは、PC・スマホに対応しており、学内外で利用可能です。反復学習だけでなく、得意分野と弱点も分析できる機能もあり着実に得点力アップへつなげることができます。
奨学金・スカラシップ入試制度
授業料全額給付のスカラシップ入試制度や、成績優秀者スカラシップなど、学費面のサポートも充実しています。

松山大学 薬学部の入試・出願

松山大学 薬学部の学べる学問

松山大学 薬学部の就職率・卒業後の進路 

■2019年3月卒業生の主な就職実績
愛媛大学医学部附属病院、徳島大学病院、高知赤十字病院、四国がんセンター、南松山病院、松山記念病院、市立宇和島病院、日本調剤、アインファーマシーズ、愛媛県職員 他

松山大学 薬学部の問い合わせ先・所在地

〒790-8578 愛媛県松山市文京町4番地2
0120-459514

所在地 アクセス 地図・路線案内
文京キャンパス : 愛媛県松山市文京町4番地2 伊予鉄道市内電車環状線「鉄砲町」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース
  • 経済学部
  • 経営学部
  • 人文学部
  • 法学部

松山大学(私立大学/愛媛)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る