• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 中央大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 経済学部
  • 国際経済学科

私立大学/東京

チュウオウダイガク

国際経済学科

定員数:
265人

近い将来、世界で活躍するために、国際的な視点と経済問題の解決法を学びます。

学べる学問
  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 国際関係学

    世界各国の関係を知り、国際社会の問題を研究する

    国際社会に存在するさまざまな問題解決に向けて、国家地域間の比較やその地域の政治、経済、文化などを、調査や現地研修などを通して分析研究する。

目指せる仕事
  • 会社経営者

    会社の業績、戦略判断、すべてに関して最終判断と責任を負う

    会社が活動を行う上での、事業戦略、資金対策、取引先対応、社員管理などあらゆる問題について、次の方向を示したり難しい決断を下したりする最高責任者。大企業以外では営業活動の第一線で活躍していることも少なくない。

  • 営業

    商品や企画を売るため、企業の最前線で活躍する

    取引先の開拓と、営業活動を行う。取り扱う商品により営業方法も異なり、店舗営業型、ルート営業型、窓口営業型、新規開拓型営業などさまざま。どちらにしても会社の利益をあげるための重要な仕事。売り上げを伸ばすためには、自分の提案内容や、お客様との人間関係が大きなポイントとなる。

  • 経理

    売上げや利益などの数字によって、経営活動を把握する

    いろいろな経営活動の状況や結果を金銭的な数字によって表し、正しく測定する仕事。数字を通じて経営上の欠点を見つけ、各部門の活動の方向付けに直接つながる重要な業務。仕事の範囲は広く、多岐にわたるが、資金の計画・運用を手がける財務、固定資産の金銭的管理(管財)なども経理の仕事。

  • 経済学研究者

    大学・大学院、公的研究機関・民間研究所などで専門分野を研究し論文を書く

    経済学に関する専門的な研究を、大学・大学院、公的研究機関・民間研究所などで続け学会などに論文を発表する。大学・大学院の場合は、教授・准教授または助教として、学生の指導も行う

  • 通関士

    物品の輸出入に必要な手続きを行う専門家

    輸出入される物品が税関(国境を越える物品に関する事務や取り締まりを行う国の機関)を通過(通関)するのに必要な申告書の作成や、税関手続きの代行などを専門的に行うのが通関士です。通関の手続きは複雑で、しかも多くの規制があるため、この業務に携わる人は通関法や関税法、貿易に必要な法令や手続きなどの知識が不可欠です。このため通関士になるには、国家試験の通関士試験に合格し、通関業務を行っている会社に就職する必要があります。

  • 海外営業

    海外の企業などに自社製品を販売する

    自社製品を海外の会社や団体などにアピール、販売する仕事。販売する商品やサービスは国内の営業職と同様さまざまだが、コミュニケーションに必要な英語や現地の言葉などの日常会話力は欠かせない。仕事に必要な専門用語、法律用語などを身につけていると有利。

  • 貿易事務

    輸出入に必要な事務が仕事

    総合商社、専門商社、貿易代行会社、メーカーの海外事業部門などを舞台に、輸出入の必要な事務をとる。輸入の場合は、海外への注文手続きから、商品が日本に着いた際の通関手続き、輸入元に対する代金の支払いまで。輸出の場合は、注文のとりまとめ、輸送手続きなどを行う。

  • 外資系スタッフ

    外資系企業やその支社で働く

    外国資本の割合が高い企業などが、一般に「外資系」と呼ばれる。社内の公用語が英語の場合も多く、英語でビジネスができる程度の語学力は必要。また、日本の企業に比べ、自分の能力や業績を積極的にアピールする力も重視される。新卒の採用は全般に少なく、専門分野での経験を認められて、中途で雇用されるケースも多い。

  • 外務公務員

    外務省や大使館、領事館で、日本の安全と繁栄を守る

    外務省(東京の霞が関にある本省と海外にある大使館など)で働く人たちが外務公務員。めまぐるしく変化する国際社会の中で、私たちが未来にわたり安全で豊かな生活が送れるように、外交政策を企画・立案する。その政策をもとに、世界中に設置された在外公館のネットワークを通じて外交の最前線で働く。

  • 外交官

    世界を舞台に国益を守り、国際社会に貢献する日本の顔

    在外の公館である大使館や総領事館でさまざまな外交事務を担当したり、現地の情報収集を担当する。諸外国と日本の関係を円滑に友好的に結ぶための政策決定などに影響を与える仕事だ。

初年度納入金:2019年度納入金(参考) 128万2300円 

学科の特長

カリキュラム

総合的な国際経済問題はもちろん、経済の基礎知識もしっかりと習得
国際市場における経済活動の実態を体系的に学ぶために学科基本科目として国際経済学、国際金融論、世界経済論、国際経済政策、国際開発論を設置するとともに、より専門的な学修が可能な2つのクラスターを設けています。
特定の分野や領域を、より深く専門的に学べるクラスター制を導入
クラスターとは、特定分野・領域を重点的かつ系統的に学修することを目的として構成した科目群のこと。国際経済学科では、国境を越えた経済活動の理論と現実を学ぶ貿易・国際金融クラスターと、アジア・アフリカの貧困削減や経済開発に関する諸問題を取り上げる経済開発クラスターの2つを設置しています。

実習

グローバル・リーダーズ・プログラム
社会に出た後、地球規模で活躍できる資質を備えた学生を養成するプログラムです。ゼミを通して世界の各地域における環境問題やさまざまな課題について分析・研究する中で、学生自身が自らの役割を理解し、かつ果たしながらリーダーとしての基礎力とセンスを養います。
貴重な体験となるインターンシップ
実際の企業で就業体験を得るインターンシップは全13コースを開講しており、金融、メーカーをはじめとする民間インターンシップに加え、地域自治体や海外の現地企業、日系企業との連携にも力を入れています。国内外問わず、早い段階から業種や職種への適性を判断し的確な選択ができるよう、全面的な支援を行っています。
ビジネス・プロジェクト講座
実際の企業で活躍するビジネスパーソンから与えられた課題に対して、課題解決に向けた立案から実施計画、収支予想まで行いプレゼンテーションをします。1年次の入学して間もない時期からリアルな企業活動に触れることになり、以降の学びにおいて常に現実を意識した解決方法を模索する姿勢が身に付きます。

ゼミ

幅広い分野で専門性を養う約60のゼミ
経済学部で身に付けた知識を基礎として、少人数グループによる議論や実地調査を繰り返して学生主体で結論を導くゼミ活動は、経済学部の学びの根幹をなすものです。経済学関連の諸分野から総合教育、法律・行政、外国語、健康・スポーツまで、広い分野が開講されており、学科に関わらず興味あるゼミを選択する事が可能です。

卒業生

  • point 先輩の仕事紹介

    自分にしかない強みを活かして、グローバル経済の発展に貢献したい。

    私が所属する事業部では、北米や南米から仕入れた穀物を中国に輸出する業務を行っています。日本企業である丸紅が間に入るのには、もちろん理由があります。穀物を船に積み込み、輸出国に送り届けるまでには、多大な手間と費用が必要な上に、様々なリスクも伴います。滞りなく取引を行うために、丸紅が…

    中央大学の卒業生

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 税理士<国>

目標とする資格

    • 公認会計士<国> 、
    • ファイナンシャル・プランナー【AFP・CFP(R)】 、
    • CFA協会認定証券アナリスト【CFA】

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    みずほフィナンシャルグループ 、 三菱UFJ銀行 、 三井住友銀行 、 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 、 明治安田生命保険 、 損保保険ジャパン日本興亜 、 パナソニック 、 大塚製薬 、 全日本空輸 、 東京都庁 ほか

※ 2018年3月卒業生実績

(経済学部全体。金融・保険、メーカー、卸・小売業に進む者が多い)

入試・出願

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1
入学センターTEL042-674-2144

所在地 アクセス 地図・路線案内
多摩キャンパス : 東京都八王子市東中野742-1 多摩モノレール「中央大学・明星大学」駅直結 徒歩0分
京王線「多摩動物公園」駅下車 徒歩10分
小田急線・京王線「多摩センター」駅下車 バス12分
JR中央線「豊田」駅下車 バス15分

地図

 

路線案内


中央大学(私立大学/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る