• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 国際
  • 通関士
  • やりがいを聞いてみよう
通関士のやりがいを聞いてみよう

通関士のやりがいを聞いてみよう

全国のオススメの学校

物品の適正な輸出入にかかわる通関業務は、国の利益や安全の確保にもつながっており、通関士はやりがいと責任を感じながら日々の仕事を行っています。
こうした通関業務をミスなく行うと、物品を輸出入して利益を出したい顧客に喜んでもらうことができます。仕事を成し遂げたことに対して顧客から感謝された時、通関士は仕事に対する大きなやりがいを感じるようです。また、通関手続きを迅速かつ正確に処理できると、積荷が運ばれるのを待っている大型トレーラーのドライバーなどに時間をロスさせることなく、順調に仕事を進めることができます。このように通関業務を手順よく処理できた時、通関士はこの仕事へのやりがいを実感するようです。

国の利益や安全確保につながる仕事

通関士は、物品の適正な輸出入に重要な役割を果たしています。
通関士が通関手続きを正しく行うことで、輸出入の正確なデータを作成したり、違法な物品の輸出入を防いだりすることが可能になります。国の利益や安全の確保につながる仕事に携われるところに、多くの通関士がやりがいを実感するようです。

適正な通関手続きを行い顧客に喜んでもらう

通関士は、国が定める「実行関税率表」にしたがって、輸出入品の適用税率を決定しています。
日本の税関を通過する輸出入品はおよそ1万種類といわれていますが、このうち精密部品などは、通関士の判断ひとつで税率が大きく変わる場合があります。勉強不足の通関士が担当すると、顧客に多大な損害を与えてしまう可能性もあります。こうしたリスクに配慮しながら通関手続きを適切に実行して顧客に喜んでもらうことに、通関士は大きなやりがいを感じるようです。

通関業務を手順よく行う

通関士の仕事のやりがいは、通関手続きを迅速かつ正確に処理するところにもあります。
例えば、大量の物品を動かす海上輸送業務において、通関士が段取りよく進行させないと、積荷が運ばれるのを待っている大型トレーラーのドライバーなどに時間をロスさせることになります。通関士の仕事は時間との競争でもあります。それだけにきちんと処理できたときのやりがいも大きいようです。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

通関士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路