• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 新渡戸文化短期大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 臨床検査学科

私立短期大学/東京

ニトベブンカタンキダイガク

臨床検査学科

定員数:
80人

3年で臨床検査技師受験資格が得られる、日本の臨床検査技師養成校の先駆け。伝統校ならではのノウハウで就職率100%

学べる学問
  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 薬学

    薬の作用について研究し、新治療の実現をめざす

    薬学は薬に関するあらゆることを学び、研究する学問で、基礎薬学と医療薬学・臨床薬学という2つの分野に大別されます。基礎薬学では、化学物質の分析と新薬の開発を目指し、医療薬学・臨床薬学では、薬の作用、副作用についてと、薬を正しく、安全に使う方法を学びます。薬学を学べる学部には、薬学部のほかに薬科学部があります。これは4年制の学部で、主に研究者の育成を目的としています。薬を扱ううえでは、細かな計測や厳重な安全管理が欠かせません。ですから、几帳面な性格の人は、薬学に向いているといえるでしょう。薬学を学んだ人の多くは、薬剤師として薬局や病院に就職します。そのほかにも、製薬会社での研究開発や、食品、化粧品会社での商品開発に携わる人、公務員として薬学の知識を生かせる職に就く人もいます。いずれにしても薬を通して、人々の健康や生活の安全にかかわっていく仕事です。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 生物学研究者

    微生物からヒトまで、生命の誕生や進化、生態など独自のテーマで生物に関する研究を行う。

    地球上に1千万種以上いるといわれる生物に関して、その体の仕組みや成育の特徴など、各自のテーマを追求するのが生物学研究者。生態や体の仕組みが解明されているのはほんの一部。微生物やプランクトン、動物、植物など、すべての「生物」に注目すると、まだ地球上はわからないことだらけ。それらの調査を行い、時には実験を繰り返し、データを蓄積することで、結果的に新しい発見につながる可能性が大きい。バイオテクノロジーや免疫など、さまざまな分野での期待も大きい。

  • 生命工学研究者

    遺伝子の成り立ちや組み換えなど生物を分子レベルでとらえ、大学や各種研究機関で新たな研究・開発を行う。

    遺伝子の成り立ちや細胞学、生命科学などの成果を、製薬や食品などの工業分野にフィードバックし、生産力をあげたり、新製品の開発につなげるための研究を行っているのが生命工学研究者。分子レベルで生物をとらえ、さまざまな生命や体のメカニズムを解明しようとしている。ある特定の遺伝子の働きが実際にDNAのどの部分で働いているのかなど、マウスを使った実験を繰り返すことで解明しようとする研究者がいたり、実験用の均質なマウスを、遺伝子操作によって作り出すといった実験を繰り返す研究者もいる。

  • 生理学研究者

    広範囲に生命現象(生体の働き)を解明する。脳生理学など、専門分野にわかれて研究する

    生理学は医学とともに昔から研究されてきたテーマである。「生体の機能のメカニズムを明らかにしてその意義を明らかにする学問」である。分子レベルでの研究などが進む中、個別の働きではなく、関連した複数の機能(生態学的、心理学的現象を含めた)を解明しようという研究分野。対象が生きた条件下でリアルタイムに観察するというのが特徴。生体の機能のメカニズムを明らかにするということから、脳生理学など専門分野にも分かれている。大学や病院などの研究機関などで、医学的なアプローチや情報処理的なアプローチなどがされる。

  • 臨床検査技師

    病気の早期発見に寄与する、医療検査のスペシャリスト

    医師の指示のもと、病院や産科・レディスクリニック、整形外科(MRI)、臨床検査センターなどで、微生物的検査や血液学的検査、病理学的検査、心電図、脳波検査などの生理学的検査などさまざまな検査を行い、診断や治療の基礎となるデータを提供する。検査結果が医師の診断を大きく左右するので、緻密な作業が要求される。

初年度納入金:2020年度納入金(予定) 162万円  (教科書・研修費等の諸費含)
年限:3年制

学科の特長

授業

とことん学生と向き合い一人ひとりにきめ細かな指導を実践。チューター制でわかるまでフォロー
常に最新の知識・技術を取り入れた経験豊富な講師陣による授業で、先端医学・医療の専門知識を学ぶ。

実習

1・2年次は学内で基礎的技術を身につけ、3年次に約5カ月の臨床実習で本物を身につける実学主義
3年次の前期は、東京大学医学部附属病院などの最先端の医療機関での5ヵ月間の臨床実習で実践力を身につける。現場スタッフから各種臨床検査の本物の医療を学び、応用力と実践力を磨く。また実習先には、すでに臨床検査技師として活躍している本学の先輩たちが大勢いて心強く、安心。直接、就職に繋がることも。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    医師、患者様に信頼して任せてもらえる。そんな検査技師になりたい。

    両親が医療技術者だったので、医療分野に興味がありました。この学校を選んだのは、3年間で国家試験の受験資格が得られること、臨地実習が5ヶ月で、実践的に学べる時間が多いから。母の母校であることも安心でした。

    新渡戸文化短期大学の学生

卒業生

  • point 先輩の仕事紹介

    検査の段階で病気を発見するのも技師の役目。早期治療のきっかけでありたい

    臨床検査技師は医師の指示のもと、患者さんの血液検査や尿検査、病理検査、心電図検査などさまざまな検査を行っています。入職してまだ1年にもならない私は、心電図や肺機能検査を中心に担当しています。早く現場に慣れるため、学生時代のテキストで復習する毎日です。検査で患者さんと接するときに大…

    新渡戸文化短期大学の卒業生

卒業後

日本で最初の臨床検査技師養成校――伝統がもたらす高い就職率と大学編入合格実績
2018年3月卒の臨床検査技師としての就職率は100%(就職希望者数58名)。求人会社数は467件。大学病院をはじめ、全国の主要な病院での就職を決めている。大学3年次編入実績は筑波大学、群馬大学など(2018年3月卒業実績2名/筑波大学、九州保健福祉大学)。細胞検査士養成施設に進み確実、最短で資格を取得することも可能。

資格

2016年度の臨床検査技師国家資格合格率95.3%(合格者数61名)
病院や検査センターなどで、超音波検査や血液・細胞などを調べる臨床検査技師の国家試験受験資格が取得できる。チューター制でしっかりフォローアップ。高い合格率を誇る。万が一不合格の場合、学内研修を受けられるシステムがある。在学中、希望者は遺伝子分析科学認定士や毒物劇物取扱責任者<国>などの資格も目指せる。

クチコミ

平日1日が休み(3年次は後期のみ)の週5日制で学習効率アップ
生活にメリハリをつけて意欲的に取り組めるカリキュラムとして、平日1日を休みとした週5日制を実施しているのが大きな特長。例えば1、2年次前期は、日曜と木曜の授業が休み。これなら2、3日分の学習ごとにノートの整理や予習・復習の時間を取れるため、効率的な学習方法が組み立てられる。3年次は有名病院での実習が可能。

イベント

海外研修もある!楽しい行事が満載の3年間
「勉強するときはする。楽しむときは楽しむ」がモットー。毎年さまざまな研修旅行やイベントが行われている。春のスポーツ大会、秋の学園祭のほか、1年生と2年生それぞれ、前期の終わりにトレーニングキャンプ、年度末にオーストラリア研修を実施。思い出いっぱいの3年間が過ごせるはず!

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 臨床検査技師<国>

目標とする資格

    • 毒物劇物取扱責任者<国> 、
    • 特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者<国>

    遺伝子分析科学認定士(協会認定)
    心電図検定3級(学会認定)

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職希望者数58名 )

主な就職先/内定先

    東京大学医学部附属病院 、 自治医科大学附属病院 、 聖路加国際病院 、 国立国際医療センター ほか

※ 2018年3月卒業生実績

進学実績/4年制大学3年次編入…2名(筑波大学、九州保健福祉大学) 就職実績はいずれも定員数/58名中

入試・出願

入試一覧

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒164-0001 東京都中野区中野3-43-16
TEL 0120-210-567(入試係)
rinken@nitobebunka.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
中野臨検キャンパス : 東京都中野区中野3-43-16 JR中央線/東京メトロ東西線「中野(東京都)」駅南口から徒歩 6分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース
  • 生活学科

新渡戸文化短期大学(私立短期大学/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る