• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 福岡
  • 専門学校九州テクノカレッジ
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • コンピュータ会計科

専門学校九州テクノカレッジ コンピュータ会計科

定員数:
30人

簿記・秘書・税法(所得税等)・パソコンなどの資格を取得し、事務職・営業職・文系大学編入と幅広い進路を叶える!

目指せる仕事
  • マーケットリサーチャー

    製品開発に欠かせない調査員

    モノ余りの時代には、ヒット商品を生み出すために、どんな人たちがモノを欲しがっているか、商品についての需要予測や消費者の嗜好動向、購入層、過去の販売実績、販売方法など市場の動きを正確に把握する必要がある。マーケットリサーチャーはこれら調査の専門家として社会調査やその結果を集計・分析する。

  • 営業

    商品や企画を売るため、企業の最前線で活躍する

    取引先の開拓と、営業活動を行う。取り扱う商品により営業方法も異なり、店舗営業型、ルート営業型、窓口営業型、新規開拓型営業などさまざま。どちらにしても会社の利益をあげるための重要な仕事。売り上げを伸ばすためには、自分の提案内容や、お客様との人間関係が大きなポイントとなる。

  • 販売・接客・サービス

    お客様が快適なひとときを過ごしたり、買い物を楽しんだりできるようサービスを提供

    ショップやレストラン、ホテルなどでお客さまに応対する仕事。お客さまが快適なひとときを過ごしたり、不便なく買い物を楽しんだりできるよう最適なサービスを提供する。販売では、商品に対する質問に答え、適切な助言を与える。お客さまの買い物アドバイス以外に、販売事務、商品管理、レジスター、苦情処理、顧客情報の収集などの仕事にもあたる。相手が何を望んでいるかをくみ取ってコミュニケーションする力が求められる。また、相手に好印象を与える接遇マナーも必須の仕事だ。

  • 経理

    売上げや利益などの数字によって、経営活動を把握する

    いろいろな経営活動の状況や結果を金銭的な数字によって表し、正しく測定する仕事。数字を通じて経営上の欠点を見つけ、各部門の活動の方向付けに直接つながる重要な業務。仕事の範囲は広く、多岐にわたるが、資金の計画・運用を手がける財務、固定資産の金銭的管理(管財)なども経理の仕事。

  • 秘書

    良きパートナーとして多彩な業務で上司をサポート

    仕事内容は、補佐する上司によっても異なるが、一般的には、次の9つの業務になる。(1)スケジュール管理、(2)客の接遇、(3)文書作成と書類のファイリング、(4)事務機器の運用と管理、(5)上司の仕事の下準備と事後処理、(6)社内外の連絡・調整、(7)出張・交際などの手続きと費用の精算、(8)備品の購入、オフィス管理、(9)情報収集と整理など。

  • 一般事務

    データ入力や書類作りなどデスクワーク系作業で職場をサポート

    パソコンなどを使ってのデータ入力、資料や書類作り、社内連絡の取次やファイリングなど、周囲の業務を効率的に運ぶためのサポート的な作業を行う。デスクワークが主であり、仕事には正確性や効率性が求められる。

  • 公認会計士

    企業の財政状況を、第三者の立場で公正に監査する

    売上げや利益、財政状況を公表するために企業が毎年行わなければならない決算の際、社内の経理・会計部門が作成した財務諸表や税額などを、第三者の立場で公正にチェックし、内容を証明する仕事。

  • 税理士

    税金の申告を手助けする仕事

    個人や企業の依頼に応じて、所得税、法人税、消費税、相続税など税務申告の代理をする。また、会計帳簿の記帳や決算書の作成、その他の会計関係の指導や相談にも携わる。最近では、各社業務の合理化が図られているため、仕事の範囲や経営、財務の相談など税務処理以外にも広がってきている。

初年度納入金:2020年度納入金 103万円  (別途、テキスト代や検定費用など諸経費が必要です)
年限:2年制

専門学校九州テクノカレッジ コンピュータ会計科の学科の特長

コンピュータ会計科の学ぶ内容

簿記・パソコン・税法(所得税・法人税・消費税)・労働法・秘書等のビジネススキルを身に付ける
会社の財産状況や収支を管理する簿記は一見難しそうですが、実務経験の豊富な講師陣が基礎から丁寧に指導するので安心して学ぶことができます。試験合格に必要なノウハウもしっかり学習していきます。

コンピュータ会計科の授業

簿記や税務会計などに重点を置いたカリキュラム
専門性の高い授業で、企業の仕組みや取引の流れ、財務・会計の手法を学びます。実務を経験したスペシャリストの講師陣が現場の経験をもとに指導するため、実践的な知識が得られます。スタートラインはみんな一緒なのでどんどん質問していきましょう!

コンピュータ会計科の卒業後

事務職・営業職・サービス業・税理士のプロフェッショナルに
卒業後は企業全体の経営を把握し、売上分析・経営分析・資金調達ができる即戦力型の会計人・人材となって社会に羽ばたきます。また、文部科学省認定の専門士【商業実務専門課程】が付与され、税理士〈国〉の受験資格が得られます。2年間で磨いた簿記の知識・パソコン操作スキルがあれば自信を持って社会で活躍できます!

コンピュータ会計科の資格

資格の幅も広く、2年間で15個以上の資格取得も可能!
税金・保険・ローン・年金などのお金に関する問題を解決するための国家資格の取得を目指します。「ファイナンシャル・プランニング技能検定」や「日商簿記」などの高度な資格を取得して、即戦力として活躍できる人材を育成します。

コンピュータ会計科の編入学

歴史と実績、培われたカリキュラムにより多くの文系大学編入合格者を輩出!
【合格校】〈国公立〉九州大学、広島大学、長崎大学、大分大学、愛媛大学、福岡県立大学、北九州市立大学、下関市立大学、福知山公立大学、島根県立大学〈私立〉福岡大学、九州産業大学、久留米大学、九州国際大学、九州共立大学、産業能率大学、他多数

専門学校九州テクノカレッジ コンピュータ会計科の目指せる仕事

専門学校九州テクノカレッジ コンピュータ会計科の資格 

コンピュータ会計科の受験資格が得られる資格

  • 税理士<国>

コンピュータ会計科の目標とする資格

    • 公認会計士<国> 、
    • 日商簿記検定試験 (1~3級) 、
    • 簿記能力検定試験 (上~3級) 、
    • 所得税法能力検定 、
    • 法人税法能力検定 、
    • 消費税法能力検定 、
    • コンピュータサービス技能評価試験 、
    • ファイナンシャル・プランニング技能士<国> 、
    • 秘書技能検定 、
    • TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST

    コンピュータ会計能力検定試験
    全経文書処理能力検定試験(表計算・ワープロ)
    電卓実務検定
    ビジネス能力検定

専門学校九州テクノカレッジ コンピュータ会計科の就職率・卒業後の進路 

コンピュータ会計科の就職率/内定率 100 %

( 就職希望者数/9名 就職者数/9名 )

コンピュータ会計科の主な就職先/内定先

    日本ハウズイング(株)、(株)ホンダカーズ博多、(株)きたせつ、(株)トランスコスモス、(株)美伸、(株)エイジェック、(株)ボディワークホールディングス、(株)ブルーリング、上田税理士事務所


※ 2019年3月卒業生実績

専門学校九州テクノカレッジ コンピュータ会計科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒803-0841 福岡県北九州市小倉北区清水4-8-1
0120-17-1092
info@kyutec.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
専門学校 九州テクノカレッジ : 福岡県北九州市小倉北区清水4丁目8-1 JR「南小倉」駅 徒歩 7分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース