• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 国際電子ビジネス専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • ICTマネジメント科

沖縄県認可/専修学校/沖縄

コクサイデンシビジネスセンモンガッコウ

ICTマネジメント科(2020年4月設置予定(計画中))

定員数:
30人 (3年制)

パソコンを使いこなし、ITビジネスからネット販売・経理事務まで幅広い業界での活躍を目指します

学べる学問
  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    商学は、物を売り買いする、いわゆる商売(ビジネス)や企業の経営について学ぶ学問です。この学問に固有の理論や分析方法はなく、経済学や心理学、社会学といった学問分野の理論を応用して研究を進めます。いわば、さまざまな学問の詰め合わせ的な性質を持った学問といえるでしょう。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。情報学の知識や技術をもった人材へのニーズはさらに高まっていくに違いありません。就職などの将来性は、安定しているといえます。

目指せる仕事
  • 営業

    商品や企画を売るため、企業の最前線で活躍する

    取引先の開拓と、営業活動を行う。取り扱う商品により営業方法も異なり、店舗営業型、ルート営業型、窓口営業型、新規開拓型営業などさまざま。どちらにしても会社の利益をあげるための重要な仕事。売り上げを伸ばすためには、自分の提案内容や、お客様との人間関係が大きなポイントとなる。

  • 販売・接客・サービス

    お客様が快適なひとときを過ごしたり、買い物を楽しんだりできるようサービスを提供

    ショップやレストラン、ホテルなどでお客さまに応対する仕事。お客さまが快適なひとときを過ごしたり、不便なく買い物を楽しんだりできるよう最適なサービスを提供する。販売では、商品に対する質問に答え、適切な助言を与える。お客さまの買い物アドバイス以外に、販売事務、商品管理、レジスター、苦情処理、顧客情報の収集などの仕事にもあたる。相手が何を望んでいるかをくみ取ってコミュニケーションする力が求められる。また、相手に好印象を与える接遇マナーも必須の仕事だ。

  • 企画・調査

    会社の事業戦略のおおもとになるデータを収集・分析し戦略の方向性を示す

    民間企業などで、事業戦略を定める際、その基礎となるさまざまなデータを収集し戦略の方向性を示す仕事。業績の詳細な分析、市場規模や消費者のニーズの調査、予算シミュレーションなど、緻密な作業と分析力が必要とされる。あらゆる業種の企業にあり。

  • 経理

    売上げや利益などの数字によって、経営活動を把握する

    いろいろな経営活動の状況や結果を金銭的な数字によって表し、正しく測定する仕事。数字を通じて経営上の欠点を見つけ、各部門の活動の方向付けに直接つながる重要な業務。仕事の範囲は広く、多岐にわたるが、資金の計画・運用を手がける財務、固定資産の金銭的管理(管財)なども経理の仕事。

  • 一般事務

    データ入力や書類作りなどデスクワーク系作業で職場をサポート

    パソコンなどを使ってのデータ入力、資料や書類作り、社内連絡の取次やファイリングなど、周囲の業務を効率的に運ぶためのサポート的な作業を行う。デスクワークが主であり、仕事には正確性や効率性が求められる。

  • カスタマーエンジニア(ソフトウェア・ネットワーク)

    顧客である企業を訪問し、コンピュータシステムの導入・保守・修理を担当

    コンピュータシステムやネットワークシステムの導入や保守・点検、修理などを担当するエンジニア。顧客である企業などを訪問し、現場で仕事をする。新たにシステムを導入する際には、機器のセッティングやソフトウェアの設定、操作の指導などを行い、導入後も定期点検を行う。また、システムにトラブルが発生した場合は、現場に急行して原因を究明し、復旧する。ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークに関する幅広い知識やコミュニケーション能力が求められる仕事だ。

初年度納入金:2020年度納入金 87万円  (入学金含む。テキスト・教材費・検定費用別途)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

ノートパソコンとタブレット端末を使った最新の授業でビジネススキルを身につけます
ビジネス現場のマストアイテムであるパソコンとタブレット端末のスキルと簿記・経営、情報処理技術からビッグデータ活用まで学び、ICTビジネスの課題解決ができる近未来ICTのプロを目指します。幅広い業界・業種で必要とされる知識・技術を学ぶことで将来の進路選択の幅が広がります。

カリキュラム

主な授業科目一覧
情報処理技術
Excel実習
Word実習
PowerPoint実習
簿記(商業・工業)
税法
ビッグデータ活用
ファイナンシャルプランニング
コンピュータ会計
ビジネススキル(営業力)
総合実践(リアル店舗運営)
就職実務
ビジネスマナー
ITビジネス活用(PC・タブレット端末活用)
※授業科目は変更になる場合があります。

実習

模擬店舗経営、ビジネス会計ゲームなど豊富な実習。「知っている」から「できる」へ
クラスで模擬店舗を経営し、商品の仕入れ、企画、営業、販売、経理事務、経営管理を実際に体験して学びます。また「ビジネス会計ゲーム」では、社会人として最低限の基礎知識をゲーム感覚で習得します。他にもPowerPointを使ったプレゼン発表会など様々な実習を通して「知っている」から「できる」の自信に繋げていきます。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    MOS世界学生大会に出場!Excelスキルを就活でアピールできました

    事務職として働く親の姿を見て、ビジネス現場で使えるスキルを身につけたいと思い専門学校への進学を決意。ノートパソコンとiPadの操作&活用方法をとことん学べるのが情報ビジネス科を選ぶ決め手になりました。

    国際電子ビジネス専門学校の学生

卒業後

情報、サービス、通信、銀行、事務など、幅広い職種・業界への就職を実現しています
パソコンやタブレット端末などのデジタルツールを使いこなすICTスキルと、企画・プレゼンテーション、営業・販売の実践実習で幅広いビジネススキルを習得。即戦力として活躍できるスキルが評価され、多くの卒業生が希望の職種・業界への就職を実現しています。※2019年3月卒業予定者22名全員内定/2018年12月現在

奨学金

A:KBC学園グループ学費支援制度(早期申込特典)
KBC学園グループ設置学科分野を卒業後、各業界で活躍を希望し、かつ国際電子ビジネス専門学校への入学を強く希望している方に経済的支援を行う制度です。
最大8万円免除(申込時期によって免除額が異なります)
B:国際電子ビジネス専門学校 高資格学費免除(複数合格者は免除額の高い金額を適用)
いずれかの資格・試験の合格者。
・基本情報技術者試験 20万円
・ITパスポート試験 15万円
・情報セキュリティマネジメント試験 15万円
・日商簿記検定試験2級 10万円
・実用英語技能検定2級 10万円
・日本漢字能力検定2級 5万円
・全国商業高等学校簿記実務検定1級 5万円
・全国商業高等学校ビジネス文書実務検定試験1級 5万円

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 情報セキュリティマネジメント試験<国> 、
    • 日商簿記検定試験 、
    • 情報処理技術者能力認定試験 、
    • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS) 、
    • Excel(R)表計算処理技能認定試験 、
    • ファイナンシャル・プランニング技能士<国> 、
    • 消費税法能力検定

    営業力強化検定
    日本語ワープロ検定 ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    ソニービジネスオペレーションズ株式会社 、 エスアイエス・テクノサービス株式会社 、 株式会社オプト 、 株式会社TDモバイル 、 株式会社オキジム 、 日本ビジネスシステムズ株式会社沖縄事業所 ほか

※ 内定先一覧

2019年3月卒業予定者/2018年12月時点

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒900-0025 沖縄県那覇市壺川3-5-3
0120-611-590(フリーダイヤル)
E-MAIL:kbc@kbc.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
沖縄県那覇市壺川3-5-3 モノレール「壺川」駅から徒歩4分

地図

 

路線案内