• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 二葉栄養専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 調理実践科(2年制)

東京都認可/専修学校/東京

フタバエイヨウセンモンガッコウ

調理実践科(2年制)

募集人数:
38人

高齢化、生活習慣病増加、食育の必要性、食のグローバル化。これらに対応し食の分野でマルチに活躍する調理師を養成。

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

目指せる仕事
  • ショップ・店オーナー・経営者

    ショップの所有者兼店長。自分のアイデアをフルに生かして店を経営する

    自分の資金で店舗物件を借り、商品をそろえるため、開店したショップは自分の所有物(個人事業主)になる。オーナーであると同時に店長として店舗に立つ人が多い。業務内容は普通の店長と変わらないが、仕入れでも内装でも自分のアイデアを自由に実現しやすいのが魅力。経理や資金繰りなど経営面の責任は重大。

  • 調理師

    自分の作った料理でお客さまを笑顔にする

    味が良く、見た目に美しく、衛生的にも営業的にも優れた料理を作る職人。和、洋、中、イタリアン、すし、日本そば等、その分野は幅広い。技術だけでなく、盛り付けのセンス、新しい味を生み出す研究心も要求される。将来独立するなら経営的センスも必要。

  • フードスペシャリスト

    食品に関する専門知識を活かし、消費者との橋渡しをするスペシャリスト

    食品の流通や販売、レストランやホテルなどの飲食関係の世界で食のプロとして活躍する。食品の品質判定や食品情報の収集・提供などを行って、消費者からの信頼を得て販売促進につなげる仕事をしたり、レストランやホテルなどでは料理やメニュー、食卓、食空間などのコーディネートを行ったりする。食品会社や食品に関わる企業で活躍するほか、外食関係のコンサルティングを行う企業、個人で活躍することも。日本フードスペシャリスト協会が認定した大学・短期大学で所定の単位を履修すると「フードスペシャリスト」の資格が得られる。

  • 料理人

    和・洋・中などのレストランで調理や新メニュー開発を担当する職人

    レストランやホテルなどの厨房で調理を担当。和食、洋食、イタリア料理、フランス料理、中華料理、懐石料理など料理の分野はいろいろあり、それぞれに専門的な技術を磨いた料理人が活躍している。おいしい料理を作ることはもちろん大切だが、プロとして、毎日その店の味を安定して再現できる技術や調理のスピードも求められる。また、新メニューの開発も料理人の仕事の一つ。そのため、料理への探求心や発想力も必要とされる。飲食店だけでなく、結婚披露宴などの調理で活躍する人も。

  • 飲食店員・店長

    レストランやカフェなどでおいしい食事やくつろげるひとときを提供

    レストラン、ラーメン店、定食屋、ファストフード店、カフェ、居酒屋、バーなどの飲食店で働く。大きく分けて、調理を担当するキッチンスタッフと、店内で接客や配膳、会計などを担当するホールスタッフとに分かれる。飲食店は、おいしい食事や飲み物を提供することはもちろん、お客さまに楽しくくつろいだひとときを演出する場でもある。そのため、気持ちの良い接客や衛生管理も大切な仕事。店長は、調理やサービスのほか、仕入れや売り上げの管理やスタッフの管理・指導なども求められる。

初年度納入金:2017年度納入金 128万円 
年限:2年制(※2015年4月設置)

学科の特長

学ぶ内容

調理の基礎から学び、将来経営者・管理者として活躍する力も養います
まずは1年次、基本となる調理技術(日本料理・西洋料理・中国料理)を基礎から学びます。そして2年次、調理師としての高い専門技能を習得。プロとして求められる技能のみならず人格・理論等に加え、「食の分野」を担う経営者・管理者となるために必要な能力、ビジネスセンス等も磨いていきます。
和食・西洋料理・創作料理…。食の総合的知識を習得します
2013年12月に無形文化遺産として登録された「和食」。日本の国土・風土の中で独自に発展し世界的評価を得ているこの日本料理を学び、多様化する食のニーズに対応できるよう知識と技術の習得を目指します。幅広いノウハウの取得を目指し、西洋・中国のみならずエスニックや創作料理なども広く・総合的に学んでいきます。

カリキュラム

少人数制の丁寧な指導で人材育成を行います
先生の指導が効果的に届く少人数指導が特徴。その中で「調理に関する国際コミュニケーション」などの学びも含め、調理の基礎、栄養学、衛生管理などを中心とした授業を1年次に870時間実施。また2年次に経営学やコンピュータ実習など多彩なカリキュラムを用意。300時間の調理実習を含めた840時間の授業で知識を習得します。

先生

「研究室」では、一流の講師陣によるマンツーマン指導で秘伝の技を吸収できます
授業時間外を利用した料理研究室で本校講師による個人指導を受けられます。本格的なフランス料理を学ぶ「西洋料理研究室」は村山秀樹先生、1年後に会席料理が作れることを目指す「日本料理研究室」は猪狩竜二先生。北京・上海料理を中心に基礎から高度な調理技術までを学ぶ「中国料理研究室」もあります。

施設・設備

最新の設備を備えた充実の教育環境です
最新の日本・西洋・中国の各調理実習室、理化学実験室、生理学実験室、コンピュータ室など様々な施設があります。その他、フィットネスルーム、調理実習室、フードコーディネート実習室などを完備。心地よい学びの環境作りを徹底しています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 調理師<国> (専門調理師・調理技能士・学科試験免除)

調理師育成施設助手

目標とする資格

    • フードコーディネーター (3級)

    食育インストラクター

就職率・卒業後の進路 

※ 2016年3月卒業生実績

新設学科のため実績なし。

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-11-2
TEL 0120-28-1409(広報室)
info@furuya.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
栄養校 : 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-11-2 「吉祥寺」駅から井の頭公園口より徒歩 3分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

二葉栄養専門学校(専修学校/東京)