• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • 調理師
  • ズバリ!将来性は?
調理師のズバリ!将来性は?

調理師のズバリ!将来性は?

多くの調理師が働く外食産業は景気に左右されやすく、金融危機、人口の減少や高齢化、などにより低迷していましたが、依然として約25兆円という巨大な市場規模を維持しています(一般社団法人日本フードサービス協会)。またここ数年は、景気回復への期待や外国人観光客の増加などにより市場規模はわずかですが、増加傾向にあります。外食産業に欠かせない調理師は、今後も必要とされていくでしょう。また、ユネスコの無形文化遺産に登録された和食には、世界的にも注目が集まっており、和食分野の若手調理師への期待も高まっています。最近では、食べることや食事の大切さを子どもたちに伝える、食育の担い手としての役割も増えています。

外食産業の一部はやや上向き

「公益財団法人 食の安全・安心財団附属機関 外食産業総合調査センター調べ」によると、外食産業の市場規模は、1997年の約30兆円をピークに減少傾向にありますが、直近では、「一般社団法人 日本フードサービス協会 2015年年間結果報告 外食産業市場動向調査」によると、ファミリーレストラン、ディナーレストラン、喫茶店で前年比を数%上回る伸びがあり、ファストフード、パブ・居酒屋については、逆に数%下回るという結果が出ています。一番、調理師の腕が試されるディナーレストランが前年比106%と好調で、調理師の今後の活躍が期待されます。

多様な料理ジャンル

日本ほど多彩な食が楽しめる国も少ないでしょう。日本料理や寿司・そば・うどん・ラーメン、中国料理にフランス・イタリアなどの欧米料理、エスニック料理にアフリカ料理…。日本にいて食べられない料理はほとんどないと言えるほどです。どんなジャンルの料理でも調理師は必要とされます。また自分オリジナルの創作料理を作るという道もあり、活躍の場は広くあります。

注目度の高い和食とオーガニック

ヘルシーな食事として欧米などで人気のある和食ですが、ユネスコの無形文化遺産に登録され、注目度が増しています。しかし、調理師志望者の多くは西洋料理で、和食志望者は少ないのが現状です。未来の和食の担い手として、若い調理師に期待が寄せられています。さらに、食の安全安心に対する声が高まり、化学肥料・農薬を使わずに食材を育てたり、保存料・着色料などの化学的な添加物を使わずに調理するオーガニックへの注目が、さらに高まっていくと考えられます。オーガニックの正しい知識と対応能力についても、学んでおくとよいかもしれません。

食育の大切さ

る仕事が増えてきています。食育とは、日本の食文化や毎日の食べ物が自分の健康な体作りにいかに大切かなどを教えていくものです。外部の学校などから依頼されて、話をする場合もあります。小さな子どもたちにわかりやすい言葉で、時には笑わせながら楽しくおもしろく伝えていくことは簡単ではありませんが、今後の調理師に求められる仕事のひとつです。

全国のオススメの学校

関連する仕事の将来性もチェックしよう

調理師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路