• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 広島国際大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 津村 美咲希さん(医療福祉学部 医療福祉学科/児童指導員)

私立大学/広島

ヒロシマコクサイダイガク

日々、子どもの笑顔に元気をもらっています!

先輩の仕事紹介

今は子どもから信頼されることが目標。信頼関係を築き、家庭復帰を支援していきたい

児童指導員
医療福祉学部 医療福祉学科 保育学専攻/2018年卒
津村 美咲希さん

この仕事の魅力・やりがい

さまざまな事情で親と暮らせない子どもたちが生活する、児童養護施設に勤務しています。現在は2才から18才までの男女8人ユニットを担当。掃除や洗濯、食事の世話など子どもたちの住環境を整えて、生活全般をサポートすることが主な仕事です。仕事を始めて痛感したのは「その子にあった対応」が必要ということ。子どもたちが育った環境は一人ひとり違います。まずは否定せず、その子の気持ちを受け止めるようにしています。時には思い通りにいかず、もどかしくなることもありますが、子どもたちの笑顔を見ると元気がもらえます。子どもたちとの信頼関係を築き、いずれは家庭復帰を支援するところまでサポートできるようになることが目標です。

この分野・仕事を選んだきっかけ

もともと子どもが好きで、将来は「子どもに接する仕事に就きたい」と、保育士の勉強ができる学部を選択。しかし入学後もどんな形で子どもと関わるのか、決められずにいました。そんな私が児童養護施設で働くことを決めたのは、大学3年の実習がきっかけです。実習先の児童養護施設では問題行動を起こす子もいましたが、さりげなくフォローしてくれる子もいました。子どもたちと触れ合い、彼らの想いや夢などを聞くうちに、将来を見据えたサポートをしてあげたいと思うように。社会福祉士の勉強をしていたこともあり、「教育の場で子どもを指導する」というより「子どもの生活環境に関わりながらサポートをしたい」と、気持ちが固まりました。

掃除や洗濯など、子どもたちの住環境を整えます

学校で学んだこと・学生時代

「将来の道を決めるためにも、学生のうちに色々な経験をしたい」と思い、さまざまなことに挑戦しました。1年の時には塾講師のアルバイトや保育所のボランティアを、2・3年の時には他大学と連携した学生団体に所属し、地元イベントの企画・運営に携わりました。実習先も保育所だけではなく、福祉施設や児童発達支援センターなど、さまざまな施設へ行きました。また私の在籍した学部では、保育士と社会福祉士のダブルライセンス取得をめざせたので、将来役立つようにと1年次から科目を選択。職場では、児童相談所とのやりとりや生活保護の申請など、社会福祉士の知識が役に立つことも多く、学生時代に学んでおいてよかったと感じています。

子どもたち一人ひとりの生活記録をパソコンで管理

津村 美咲希さん

社会福祉法人 松柏児童園 西台こども館/医療福祉学部 医療福祉学科 保育学専攻/2018年卒/社会福祉法人 松柏児童園 西台こども館勤務。アルバイトやボランティアなど、学生時代は精力的に行動していた津村さん。就職先を決める時も「幅広い年齢層の子どもと触れ合える」「研修が多くて経験が積める」など、自分なりに条件を決めて児童養護施設をピックアップし、実際に10ヵ所見学したそう。現在の職場には同世代のスタッフが多く、わからないことなども聞きやすい環境。心理学部や教育学部、福祉学部など、スタッフの出身学部も幅広い分野なのだそう。勤務はシフト制で、月9日間ある休みは洋服を買いに行くのが楽しみ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
広島国際大学(私立大学/広島)