• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 新潟医療福祉大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • リハビリテーション学部
  • 義肢装具自立支援学科

私立大学/新潟

ニイガタイリョウフクシダイガク

義肢装具自立支援学科

募集人数:
40人

義肢装具士(国)に加え、福祉用具・機器全般に関連する知識・技術を修得し、複数資格の同時取得を目指す

学べる学問
  • 住居学

    人が住みやすい空間、環境を研究する

    住居に生活面から視点をあて、人がより快適に暮らしやすい住空間を実習、調査、研修などで研究し、その創造をめざす。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    実習・実験を中心に、精密機械や工作機械、ロボットなどの機械や装置を作るためのテクノロジーを研究する。材料、設計、制御、加工などの領域を学び、実習も多い。

  • 材料工学

    現代社会が求める新機能をもつ材料を開発

    実験や実習を多用して、材料の物性や構造を知り、人類にとって必要な機能と性質を持った材料・新素材を開発し実用化をめざす学問。

  • 医用工学

    工学と医学の両方を理解した先端医療機器の技術者を育てる

    手術や治療、検査に使われる最先端の医療機器。その開発や保守・管理に必要とされる電気・電子工学、機械工学などの工学系の分野と医学系の分野について理論と実践の両面から学ぶ学問。

目指せる仕事
  • 青年海外協力隊員

    開発途上国に赴いて現地の開発事業に協力する日本人ボランティア

    アジア、アフリカなどの開発途上国に派遣され、現地でコミュニティー開発、防災・災害対策、上下水道の整備、森林保全、スポーツ指導などさまざまな事業に協力するボランティア。独立行政法人 国際協力機構(JICA)が募集しており、対象は20~39歳の日本人。派遣される期間は原則として2年間。往復旅費、現地生活費、住居費などは支給されるが報酬はない。募集職種によっては、大卒以上の学歴や実務経験、該当分野の専門知識・技術が問われる。青年海外協力隊への参加を足掛かりに、NGOや国際機関での国際協力活動に進む人も多い。

  • シューフィッター

    一人ひとりに合った靴を販売

    靴の専門店などで、正しい靴の選び方、歩き方などをアドバイスし、無理なく快適に履ける靴を販売する。まず顧客の足のサイズを正しく測り、その人にあった靴を選ぶ。次にその人の歩き方の癖や靴の履き方などから、より安定するよう靴底などで調整する。販売後も、靴が合わない、足が痛いなどの相談に応じる。

  • 義肢装具士

    義手・義足・義肢装具づくりの専門家。

    医師の指示のもとで、義肢や装具の装着部位の採型・採寸をして患者にぴったりの義手や義足、コルセットなどをつくる仕事。医学や義肢装具に関する専門知識のほかにも、リハビリテーションに関する知識や患者さんへの思いやりが要求される仕事。

初年度納入金:2017年度納入金 185万円 
年限:4年制

学科の特長

カリキュラム

義肢装具士のみならず、福祉用具・機器全般の知識・技術を修得するカリキュラムを配置
義手・義足などの製作・適合を行う義肢装具士の育成に向け、医学と工学を融合したカリキュラムで「人を診る」能力と「モノづくり」の能力を修得します。さらに、車いす、福祉ロボットなどの福祉機器を学ぶ科目を配置し、障がいのある方や高齢者の自立支援を多面的にサポートする幅広い知識と技術を修得します。

実習

実践力を高める独自の教育環境で即戦力として活躍できるスキルを磨く
義肢装具製作実習では複数の教員が学生一人ひとりに対してマンツーマン指導を徹底するほか、学生2~3人に対して1人の切断者モデルを招いて授業を実施するなど、実践的なスキルを磨きます。また、2~4年次まで段階的に学外実習が配置されており、3・4年次には長期にわたり義肢装具・福祉用具の学外実習を実施しています。
充実の海外研修!国際ボランティア活動も実施!
アメリカやドイツ、東南アジアでの海外研修や国際学会への参加など豊富な課外活動を実施しています。また、本学科の学生が設立した「空飛ぶ車いすサークル」では、修理した車いすを発展途上国や被災地に届けるボランティア(空飛ぶ車いすプロジェクト)に参加。国際的な視野を養い世界で活躍できる人材を育成しています。

卒業後

【就職率100%!】社会的ニーズ拡大で幅広い分野への就職を実現
現在、義肢装具の技術は障がい者への義肢・装具開発にとどまらず、スポーツ分野においても応用されています。また、本学科では義肢装具士に加え、福祉用具・機器の知識・技術を修得。卒業生は義肢装具製作会社や医療機関のみならず、車いす・靴・スポーツ・自動車・福祉関連企業など、幅広い分野への就職を実現しています。

資格

複数資格取得!義肢装具士に加え、福祉用具・機器系の資格取得が可能!
義手・義足や装具などの製作・適合を行う【義肢装具士】に加え、【福祉用具プランナー】や【福祉用具専門相談員】、【福祉住環境コーディネーター】、【車いす安全整備士】など、福祉系の資格取得に対応したカリキュラムを配置。複数資格の取得により「医療」「福祉」のあらゆる分野で活躍できる人材を育成します。

施設・設備

世界最高レベルの実習環境を実現
世界最先端の技術を持つ、ドイツのオットーボック社の設計による作業環境と、ドイツおよびオランダ製の最新の工作・加工機器を配置。工作機械の数、学生一人当たりの占有スペースの広さも含め世界最高レベル、さらに健康にも配慮した実習環境を実現しており、海外からも施設見学に訪れるほどの自慢の環境を備えています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 義肢装具士<国>

目標とする資格

    • 福祉用具専門相談員 、
    • 福祉住環境コーディネーター検定試験(R)

    福祉用具プランナー(学内試験に合格し、申請することにより取得可能)※日本の大学で唯一
    車いす安全整備士

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職希望者数40名 )

※ 2017年3月卒業生実績

活躍の場:義肢装具製作会社、病院・リハビリテーションセンター、福祉用具・機器関連企業 他

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒950-3198 新潟県新潟市北区島見町1398番地
TEL:025-257-4459(入試事務室)
nyuusi@nuhw.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
新潟県新潟市北区島見町1398番地 「豊栄」駅から無料スクールバス 20分
「新潟」駅から車 30分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

新潟医療福祉大学(私立大学/新潟)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路