• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 名古屋医専
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 視能訓練学科(昼)

名古屋医専 視能訓練学科(昼)

定員数:
40人

東海地区の専門学校で唯一、最短で学べる3年制!多種多様な機器が揃う実習環境で即戦力として活躍する視能訓練士へ。

学べる学問
  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 歯学

    食べる機能をテーマに健康増進に取り組む

    歯と口腔の病気治療と予防法を学び、歯科医師を養成するための学問。

  • 薬学

    薬の作用について研究し、新治療の実現をめざす

    薬学は薬に関するあらゆることを学び、研究する学問です。基礎薬学と医療薬学・臨床薬学という2つの分野に大別されます。基礎薬学では、化学物質の分析と新薬の開発を目指し、医療薬学・臨床薬学では、薬の作用、副作用についてと、薬を正しく、安全に使う方法を学びます。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • オプティシャン・オプトメトリスト・眼鏡士

    視力を測定し、視力保護をアドバイス

    眼鏡店やコンタクトレンズクリニック、眼科医院などで、眼鏡やコンタクトレンズを使う人のために視力を測定し、その結果から、視力に合った眼鏡やコンタクトレンズの使用を勧める。視力の回復や維持のために、生活態度の改善や、眼鏡の加工・調整・販売を行う。また、眼科医のもとで、さまざまな検査やコンタクトレンズの正しい取扱い方法などのアドバイスをする。

  • 視能訓練士

    目のさまざまな検査と訓練を行うエキスパート

    視能訓練士とは、生活していくなかで重要な役割を果たす「目」に関する、あらゆる検査や機能回復の訓練を専門的に行う仕事です。現代社会では、スマートフォンやタブレット、ゲーム機などの普及によって、昔よりも目を酷使する機会が増え、視力の低下や疲れ目を訴える人も増加しています。それに伴って、眼鏡やコンタクトレンズをはじめ、レーシックなどの矯正手術も日々進化しています。こうした治療方針や診断を、医師は視能訓練士の検査結果をもとに決定していきます。視能訓練士になるには国家資格が必要になり、受験資格を得るには養成施設で1年から3年以上学ぶか、または視能訓練士養成課程のある4年制大学に進学する方法があります。主な就職先は眼科診療所や病院などです。赤ちゃんから高齢者まで幅広く接することが多い仕事で、需要も増えています。

初年度納入金:2023年度納入金 151万円  (入学金含む)
年限:3年制(昼間部)

名古屋医専 視能訓練学科(昼)の学科の特長

視能訓練学科(昼)の学ぶ内容

眼が見えるメカニズムを徹底理解し、多種多様な検査・矯正機器で徹底訓練!
専任教官である視能訓練士のほか、医師や博士からも徹底して眼のメカニズムを学ぶことができます。また、実際の現場で用いられる検査・矯正機器を完備。患者を前に自信を持って検査を行うためには、徹底した訓練が必要です。様々な機器を徹底して使い込むことで、知識と技術はもちろん、何より自信を育成します。
最終年次で選べる専攻!子供から大人まで、幅広い世代の視能訓練に対応する独自の2専攻
【視能矯正専攻】
発達期の視覚に関する基礎知識や子どもの心理を把握し、視能訓練技術と視能矯正を深く学ぶ。
【視能障害専攻】
中途視能障害者に対しての視機能のサポートを通じて、視能訓練の技術・方法を学ぶ。

視能訓練学科(昼)のカリキュラム

「チーム医療」を学べる教育環境を実現。将来現場で必要となる実践力を身につける!
医療現場では1人の患者さんに対し、各分野の専門家がチームとなって連携するチーム医療が主流です。本学では、様々な学科の学生が1つのチームを形成し、与えられた症例に対して問題解決するグループ授業「チーム医療症例演習」を実施。各職種の専門性を相互認識し、連携の大切さを学びます。

視能訓練学科(昼)の授業

眼のエキスパート育成のための幅広い学習展開
本学で学ぶのは、視能訓練士になるための検査や矯正だけではありません。盲導犬や、視機能が低下してしまった方への対応方法( ロービジョンケア)、さらには障害者の外出を介助し自立と社会参加を促進するガイドヘルパー(当学科では視覚障害者が対象)など、幅広く学習し、眼の専門家として知識を広め、深めていきます。

視能訓練学科(昼)の資格

ここまで約束できるのが名古屋医専。『国家資格 合格保証制度』
日々の授業で培う現場対応の知識・技術に加え、国家試験を始めとする様々な試験対策を実績と経験を持つ専門家が直接指導します。それでも厚生労働省が指定する本学の学科において卒業認定を受けた人で国家試験に万一合格できなかった場合、卒業後、資格取得に向けた勉学を継続する為に必要な学費は2年間本学が負担します。

視能訓練学科(昼)の制度

創立以来の確かな就職実績。『完全就職保証制度』
取得した資格を駆使し、真のエキスパートとして現場で活躍できるように本学では、専任の就職担当者が学生ひとり1人に責任を持ち、指導にあたります。それでも卒業時に万一就職が決まっていない場合、卒業後、就職が決定するまでの必要な学費は2年間本学が負担する『完全就職保証制度』(卒業時40歳未満対象)があります。

名古屋医専 視能訓練学科(昼)の募集コース・専攻一覧

  • 視能矯正専攻

  • 視能障害専攻

名古屋医専 視能訓練学科(昼)の学べる学問

名古屋医専 視能訓練学科(昼)の目指せる仕事

名古屋医専 視能訓練学科(昼)の資格 

視能訓練学科(昼)の受験資格が得られる資格

  • 視能訓練士<国>

視能訓練学科(昼)の目標とする資格

    • 障がい者スポーツ指導員 (初級) 、
    • 福祉住環境コーディネーター検定試験(R) 、
    • 赤十字救急法救急員

    メンタル・ヘルスマネジメント検定、手話検定

名古屋医専 視能訓練学科(昼)の就職率・卒業後の進路 

視能訓練学科(昼)の就職率/内定率 100 %

( 就職希望決定者821名※ )

視能訓練学科(昼)の主な就職先/内定先

    名古屋大学医学部附属病院、名古屋市立大学病院、名古屋第二赤十字病院、三重大学医学部附属病院、中京病院、愛知厚生連豊田厚生病院、国立病院機構名古屋医療センター、トヨタ記念病院、名古屋掖済会病院、愛知県立がんセンター中央病院 ほか

※ 2022年3月卒業生実績

(実績は名古屋医専・首都医校・大阪医専全体)

名古屋医専 視能訓練学科(昼)の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-27-1総合校舎スパイラルタワーズ
TEL 052-582-3000 入学相談室
nyugaku.nagoya@iko.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
総合校舎スパイラルタワーズ : 愛知県名古屋市中村区名駅4-27-1 「名古屋」駅前、徒歩3分

地図

 

路線案内


RECRUIT