• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • リハビリ・マッサージ・心理
  • 視能訓練士
  • 仕事内容
視能訓練士の仕事内容

視能訓練士の仕事内容

全国のオススメの学校

眼科関係の診療や治療方針を決定するためのあらゆる検査を行うのが視能訓練士です。主に眼科医の指示のもと、視力や視野、色覚などの視能検査をはじめ、斜視や弱視などを回復させるための訓練、ルーペなどの補助具の選定と使い方の訓練を行うためのリハビリテーション、そして、学校などでの集団検診などを行います。

眼科一般検査

近視や遠視、乱視などに関する検査をはじめ、白内障や緑内障などの眼疾患に関する検査、眼鏡やコンタクトレンズの処方に関する検査など、器具を用いて行い、そのデータを眼科医に渡します。
この検査結果をもとに診療や治療の方針が決められます。ほかに、超音波検査や電気生理検査を行うこともあります。

視能矯正

両眼の視線が合わなくなる斜視や、視力の発達が遅れている、もしくは止まってしまい物を見ることが難しい弱視の患者の両眼視機能を回復させるための訓練、そのために必要な検査を行います。

リハビリテーション

スマートフォンやタブレット、ゲーム機など眼を酷使する機会の増加、また高齢化社会に伴って視力低下者が増えています。
そういう人々に最適な拡大鏡や眼鏡、遮光眼鏡(サングラス)などを選定し、その使い方を指導します。今後さらに増加が見込まれる業務のひとつです。

検診業務

学校や自治体、会社の集団検診に携わります。視能検診から生活習慣病などの予防や早期発見につながることも多く、非常に大切な業務です。

視能訓練士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路