• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • 管理栄養士
  • 仕事内容
管理栄養士の仕事内容

管理栄養士の仕事内容

管理栄養士は、病院や保健所、学校の給食施設、介護施設で栄養やカロリーを計算して献立をつくったり、調理する仕事のほかに、アスリートの栄養管理や美容施設や病院でのダイエット相談、地域の子どもやお母さんへの食育のためのセミナー開催や食物アレルギーの相談、食品会社や研究機関で食品開発に携わるなど、さまざまな業務があり、所属先によって異なります。共通しているのは、正しい栄養の知識や食の大切さを多くの人に伝えていくことです。

病院での栄養指導

管理栄養士の基本となる仕事は、一人ひとりに合わせた食事や栄養の指導をしていくことです。病院では、医師や看護師、薬剤師等とチームを組んで各人の症状に合わせ、必要な栄養を取るための献立をつくります。

集団給食の献立づくり

主に小中学校や夜間の定時制高校で、成長期に必要な栄養素を計算して献立をつくります。また、幅広い年齢層の人が働く企業の社員食堂、大学の食堂や学生寮など、それぞれの場所に合わせた献立を考えたり、ここ数年増加している食物アレルギーに対する献立づくりをすることもあります。

健康づくりのアドバイス

地域の住民や介護が必要な人などに対して、各人に合わせた栄養相談やセミナーを開催したり、料理教室の講師をしたりするなど、健康づくりに大切な食事の指導を行います。最近では、発展途上国での食に関する啓蒙活動や栄養指導、また、プロのスポーツアスリートの専属管理栄養士となって海外に渡るなど、活躍の場は広がっています。

食育

子育て中の母親に離乳食や幼児食について指導したり、保育園や小学校などで食材や料理に対して関心を高めて正しい食生活が送れるようにわかりやすく説明したり、またそういった食育を体験する機会の提案を行います。

特定分野に特化した指導

アスリートやダイエット中の人、生活習慣病患者、がん患者など、その分野に必要な栄養のアドバイスをします。

食に関する商品開発

食品会社や研究機関で、調査や実験を重ねて新しい食品の研究や商品開発のための基礎づくりを行います。


取材協力:公益社団法人日本栄養士会

取材協力
公益社団法人日本栄養士会

全国のオススメの学校

関連する仕事の仕事内容もチェックしよう

管理栄養士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路