• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • 管理栄養士
  • 20年後、30年後はどうなる?
管理栄養士の20年後、30年後はどうなる?

管理栄養士の20年後、30年後はどうなる?

テクノロジーが急速に進歩する近年、管理栄養士の仕事にも少しずつ変化がみられます。この先の20年、30年で管理栄養士の仕事がどう変わっていきそうか、予想してみましょう。

機械にはできない「人生にむきあう仕事」だから面白い

技術革新がすさまじいスピードで加速する中で、近い未来にコンピュータにとって代わられる職業も出てくると言われています。管理栄養士の仕事の一部においても、例えば栄養価の計算などの単純な作業はコンピュータが行うようになるかもしれません。
しかし、
「管理栄養士の仕事自体が完全にコンピュータにとって代わられることはないのではないか」
と、ある管理栄養士さんは分析します。
管理栄養士が行う栄養指導は、マニュアルとおりの「正しい食生活」を押しつけるのではなく、その人のライフスタイルや家庭環境なども受け止めたうえで栄養に関する提案をしていきます。
「なぜこの人はこんな不健康な食生活を長い間続けてしまったのか」
「どうしたら健康な食事を続けたいという気持ちが芽生えるのだろうか」
と、相手の人生や心に寄り添う場面がとても多い仕事なのです。
不健康な食生活をしている人の中には家庭環境に何らかの問題があるケースもあります。
たとえば、が多く、
「高齢男性が認知症の妻を老々介護することになったが、これまで料理をした経験がない」
といったケースなど個別の問題に向き合いながら、相手の家のキッチンでできる範囲の料理を提案する必要があります。
健康的な食生活へのモチベーションが下がってしまった人には、温かい声かけをすることも大切です。
誰かの人生や心に寄り添うという点で、管理栄養士は「人間にしかできない仕事」だと言えるでしょう。

技術の発達で管理栄養士の仕事もスムーズに

管理栄養士の仕事の中には、テクノロジーの進化で負担が軽減されている面もあります。
例えば病院の病棟では、電子カルテの発達によって提供する食事の管理がしやすくなっています。食事の内容を看護師が入力しやすくなり、医師からの指示も正確に伝達しやすくなりました。また、機械の精度が上がったことで料理自体もおいしくなりました。
食事のトレイを載せて運ぶ配膳車が、電動になりスムーズに移動できるようになったことや、トレイの中を温かいゾーンと冷たいゾーンに分けられる温冷配膳車になったことで、適温での提供がしやすくなりました。やはり、料理は適温でおいしいほうが患者さんの満足度も上がります。
一方で、給食管理のソフトなどでまだまだ手入力が必要な場面が多かったり、栄養指導の時にペーパーに手書きする必要があったり、いくつかのシーンではテクノロジーの力で改善できる可能性があります。
栄養指導の内容や対象者の食生活の記録がしっかり溜まるほど、より有効な栄養指導が可能になるため、技術の発達によって管理栄養士の仕事の生産性はさらに高まることが期待されます。

取材協力/峰 奈津季さん(管理栄養士)

全国のオススメの学校

関連する仕事の未来もチェックしよう

関連する記事

管理栄養士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路