• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • 管理栄養士
  • 食事を覗き見!
管理栄養士の食事を覗き見!

管理栄養士の食事を覗き見!

普段は患者さんやお客さま様の食生活を支える管理栄養士が、自分自身のどんなことに気を付けているかみてみましょう。

「1週間単位」でバランスの取れた食生活を実践

「1週間単位」でバランスの取れた食生活を実践

ある管理栄養士の食事


できるだけ「主食、主菜、副菜、汁物」がそろう食事になるようにすると、必要な栄養素をバランスよく摂取することにつながります。
ただし、毎食をバランスの良い食事にしようと思うと、手間がかかり過ぎて継続が難しくなってしまいます。そこで、ある管理栄養士さんがおすすめするのが「1週間単位でバランスの取れた食生活」を目指す方法です。
「昼食は肉料理だったので、夕食は魚料理にする」
などと選ぶ素材に変化をつける、
「昨日は飲み過ぎたから今日は食べる量を控えめにしよう」
などとカロリーを調整するなどの工夫で、毎食は無理でも1週間を振り返ったときに栄養素もカロリーも適正になる食生活をするのが良いとのことです。
タンパク質なら「肉・魚・大豆」、炭水化物なら「白米・パン・麺」、野菜なら「生野菜・加熱した煮物」など素材や調理法に種類があるので、連続して同じものを食べないようにするのも有効です。
また、「常備菜」を用意しておくと、手抜きなのに栄養バランスの良い食事に近づけます。「きんぴらごぼう」「野菜のマリネ」など数日間保存できる常備菜が冷蔵庫に一品あれば、夕食をすべて作る余裕がない日も「肉を焼いてご飯を炊くだけ」で簡単に食事の準備ができるのでおすすめです。

日常生活での料理の経験が仕事に生きてくる

日常生活での料理の経験が仕事に生きてくる

管理栄養士を目指すなら、普段から自炊はしておいたほうが良いでしょう。意外かもしれませんが、実は「知識はあるけれど料理ができない管理栄養士」も多いのです。
管理栄養士の養成課程では、調理実習の単位数はあまり多くなく、それよりも実験や座学をする時間のほうが多くなります。調理実習でも電卓をもって栄養価やカロリーを計算しながら調理するので、日常的な自炊に近い調理の経験は自分で意識しないと作れません。
管理栄養士の中には実務で調理をしない働き方をする職場もありますし、料理の味よりも代謝などの栄養学の知識に興味がある人もいるとは思いますが、実際に自分が料理をできないと栄養指導の提案も上手にできません。
旬の食材を楽しんだり、おいしい素材をおいしく調理しようとしたりする素材を生かした調理を心がける経験を普段から積むことが、魅力的な栄養指導やレシピの提案ができる力につながります。
管理栄養士として成長するため、そして自分自身の健康をキープするために、普段から健康を意識して自炊に取り組むと良いでしょう。

取材協力/峰 奈津季さん(管理栄養士)

全国のオススメの学校

関連する仕事の食事もチェックしよう

関連する記事

管理栄養士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路