• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 名古屋医専
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 医療秘書学科(昼)

名古屋医専 医療秘書学科(昼)

定員数:
20人

笑顔と的確な情報提供で病院と患者さんをつなぐ医療秘書へ。

学べる学問
  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    情報学とは、社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問です。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 薬学

    薬の作用について研究し、新治療の実現をめざす

    薬学は薬に関するあらゆることを学び、研究する学問です。基礎薬学と医療薬学・臨床薬学という2つの分野に大別されます。基礎薬学では、化学物質の分析と新薬の開発を目指し、医療薬学・臨床薬学では、薬の作用、副作用についてと、薬を正しく、安全に使う方法を学びます。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

目指せる仕事
  • 販売・接客・サービス

    お客様が快適なひとときを過ごしたり、買い物を楽しんだりできるようサービスを提供

    ショップやレストラン、ホテルなどでお客さまに応対する仕事。お客さまが快適なひとときを過ごしたり、不便なく買い物を楽しんだりできるよう最適なサービスを提供する。販売では、商品に対する質問に答え、適切な助言を与える。お客さまの買い物アドバイス以外に、販売事務、商品管理、レジスター、苦情処理、顧客情報の収集などの仕事にもあたる。相手が何を望んでいるかをくみ取ってコミュニケーションする力が求められる。また、相手に好印象を与える接遇マナーも必須の仕事だ。

  • 経理

    売上げや利益などの数字によって、経営活動を把握する

    いろいろな経営活動の状況や結果を金銭的な数字によって表し、正しく測定する仕事。数字を通じて経営上の欠点を見つけ、各部門の活動の方向付けに直接つながる重要な業務。仕事の範囲は広く、多岐にわたるが、資金の計画・運用を手がける財務、固定資産の金銭的管理(管財)なども経理の仕事。

  • 受付

    企業全体のイメージを決める役割も任う窓口役

    主な仕事は、来訪者の用件確認、アポイントメントの確認、関係者との連絡、伝言の伝達や客の接待、来訪者のチェックとそのリスト作成など。外国人の来訪が多い企業では英会話などの語学力が、受付がショールームにある企業ならばインストラクター的な商品知識が要求される。

  • 秘書

    良きパートナーとして多彩な業務で上司をサポート

    仕事内容は、補佐する上司によっても異なるが、一般的には、次の9つの業務になる。(1)スケジュール管理、(2)客の接遇、(3)文書作成と書類のファイリング、(4)事務機器の運用と管理、(5)上司の仕事の下準備と事後処理、(6)社内外の連絡・調整、(7)出張・交際などの手続きと費用の精算、(8)備品の購入、オフィス管理、(9)情報収集と整理など。

  • 一般事務

    データ入力や書類作りなどデスクワーク系作業で職場をサポート

    パソコンなどを使ってのデータ入力、資料や書類作り、社内連絡の取次やファイリングなど、周囲の業務を効率的に運ぶためのサポート的な作業を行う。デスクワークが主であり、仕事には正確性や効率性が求められる。

  • 介護事務

    介護保険制度に基づいて介護報酬の計算やレセプトの作成などを行う

    要介護・要支援認定を受けた高齢者が介護サービスを利用する際には、介護保険が適用される。老人福祉施設や介護サービス会社などで、この介護保険制度に基づいて、国・自治体、利用者それぞれへの請求額を計算したり、レセプト(明細書)や請求書を作成したりするのが介護事務の仕事。介護報酬の金額は地域によって違いがあり、介護サービスの種類や利用回数によっても異なってくるため、介護事務の担当者は制度について熟知していることが必須。介護保険事務管理士などの資格を生かして活躍している人が多い。

  • 医療事務・秘書

    医学・医療知識を備えた秘書

    医療秘書は医師のスケジュール管理、ファイリング、資料作成など医師のアシスタント的な役割をする。医療事務は医療雑務の処理をはじめ、患者さんと医師、看護師と臨床検査技師など医療関連職種の人たちとの橋渡しをする。具体的にはカルテの管理や患者さんの応対、会議の準備や窓口受付業務、レセプト作成、会計事務など、仕事の幅は広い。

  • 病棟クラーク

    医師・看護師をサポートする事務部門の専門スタッフ

    入院施設がある病院の病棟(ナースステーション)に勤務し、医師・看護師の仕事を事務面からサポートする仕事。病棟クラークのおかげで、医師は診察、看護師は看護に時間を充てることができることから、医療サービスの質の向上を目指して導入されるようになった比較的新しい職種です。病棟クラークは、医師・看護師の補佐役に加え、ほかの病院や患者さんの窓口にもなるため、医療事務の知識・スキル、コミュニケーション力や接遇マナーが問われます。病棟クラークになるために必須の資格や免許、学歴はなく、医療福祉系の大学や専門学校で基礎的な知識・スキルを学び、医療事務系の民間資格を取得して就職に臨む場合が多いようです。似た職種である医療事務と比べるとまだ認知度は低いですが、医師・看護師の業務を幅広くサポートできる人材として、現場からのニーズは年々高まっています。

  • 診療情報管理士

    病院の診療情報を管理する

    病院で保存される診療記録を整理し、必要なときすばやく提供できるように管理する。記録の点検は十分行い、カルテや検査結果に不備がないかも確認する。このノウハウをもとに病院内の医療情報のデータベース化や診療統計を行うなどの役割も期待される。

  • 医療情報管理者

    医療情報を管理し、研究や広報にも活用

    カルテをはじめとする院内の診療記録を整理し、必要なときすばやく提供できるように管理する。この情報を加工し、病気や診療統計をまとめ、研究や広報のために提供することもある。多くの患者が訪れる大規模な病院では専門職として勤務する場合もある。

初年度納入金:2021年度納入金 106万円  (入学金含む)
年限:2年制(昼間部)

名古屋医専 医療秘書学科(昼)の学科の特長

医療秘書学科(昼)の学ぶ内容

受付のエキスパートを目指し、「病院の顔」としてのマナーを徹底教育!
来院者の要件に応じた速やかな対応が求められ、病院の印象を大きく左右する受付。本学科では、来院者の気持ちに添える受け応えができるエキスパートを育成します。万一のクレームに対しても冷静に対応できるようマナー教育も徹底しています。2年次の修了時には、診療情報管理学科3年次へ編入することができます。
最終年次で、選べる専攻!医療事務スタッフに必要な職能を開発する独自の2専攻
【医療事務エキスパート専攻】受付、接遇、電話対応、現代社会で必要な個人情報処理力を修得。
【医療通訳専攻】国際社会で必要な外国人の患者にも応対できる知識・スキルを修得。

医療秘書学科(昼)の授業

他学科との連携で医療事務として病院で働く自分がイメージできる
医療秘書は様々な事務作業を行うため、病院内の各部署のスタッフと接点を持つことが多いだけでなく、患者さんからの問合せ窓口としての役割も担います。本学では他学科との連携を学ぶことができるので、医療秘書として必要な知識・スキルを身につけることができ、将来現場で即戦力として活躍できます。
将来に役立つ+αの学び。表情トレーニングやメイク・ネイルの授業も実施!
患者さんへの優しい雰囲気の作り方や、希望者により短期集中講座「専科」でアロマ、グループ校 名古屋モード学園との連携でメイク・ネイルなども学ぶことができます。医療事務として必要なスキルはもちろん、生活をより豊かにする知識も身につけます。

医療秘書学科(昼)の資格

様々な資格を取得できる。病院事務に関する資格対策も万全
資格取得を1年次から行います。医療秘書検定や医事コンピュータ技能検定などの資格は、病院事務に必要な資格です。当校の教育水準の高さは、医療秘書技能検定において、毎年数名が成績優秀者として試験主催団体より表彰されていることからも証明されています。

医療秘書学科(昼)の制度

創立以来の確かな就職実績。『完全就職保証制度』
取得した資格を駆使し、真のエキスパートとして現場で活躍できるように本学では、専任の就職担当者が学生ひとり1人に責任を持ち、指導にあたります。それでも卒業時に万一就職が決まっていない場合、卒業後、就職が決定するまでの必要な学費は2年間本学が負担する『完全就職保証制度』(卒業時40歳未満対象)があります。

名古屋医専 医療秘書学科(昼)の募集コース・専攻一覧

  • 医療事務エキスパート専攻

  • 医療通訳専攻

名古屋医専 医療秘書学科(昼)の学べる学問

名古屋医専 医療秘書学科(昼)の目指せる仕事

名古屋医専 医療秘書学科(昼)の資格 

医療秘書学科(昼)の目標とする資格

    • 医療秘書技能検定試験 、
    • 診療報酬請求事務能力認定試験 、
    • 医療情報技師 、
    • IT パスポート試験<国>

    手話検定
    医師事務作業補助技能認定試験
    医事コンピュータ技能検定
    赤十字救急法救急員

名古屋医専 医療秘書学科(昼)の就職率・卒業後の進路 

医療秘書学科(昼)の就職率/内定率 100 %

( 就職希望決定者924名※ )

医療秘書学科(昼)の主な就職先/内定先

    総合・大学病院、病院・診療所、クリニック ほか

※ 2020年3月卒業生実績

(実績は名古屋医専・首都医校・大阪医専全体)

名古屋医専 医療秘書学科(昼)の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-27-1
TEL 052-582-3000 入学相談室
nyugaku.nagoya@iko.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
総合校舎スパイラルタワーズ : 愛知県名古屋市中村区名駅4-27-1 「名古屋」駅前、徒歩3分

地図

 

路線案内


名古屋医専(専修学校/愛知)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る