• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 臨床工学技士

臨床工学技士

臨床工学技士

生命にかかわる高度な医療機器を扱う“いのちのエンジニア”

人工呼吸器や人工透析装置、人工心肺装置など、生命を維持するための装置を操作し、その保守と点検を行うのがおもな仕事。医学的な知識と工学的な知識を兼ね備えてなければいけない。

臨床工学技士のやりがい

現代の医療現場では、生命維持管理装置や手術用の機器、人工透析装置などの医療機器が患者さんの生命を守るために大切な役割を担っています。これらの機器を操作したり、保守・点検する臨床工学技士の責任は重大です。その責任の重さに比例してやりがいのある仕事といえます。医療に興味があり、機械やコンピュータを扱うことが好きな人にとっては、仕事を通して最新の医療機器に精通していくことも、やりがいの一つになっています。

臨床工学技士の就職先・働く場所

主な就職先は病院やクリニック、医療機器メーカーなどです。なかでも臨床工学技士のニーズが高いのが、操作が難しい人工透析装置が置かれている透析クリニックと、最新機器が多数導入されている大きな病院です。いずれの現場でも、チーム医療の一員として、医師をはじめとするほかの専門職と連携して働きます。医療機器メーカーに就職した場合は、機器の開発に携わるほか、メーカー社員として機器の説明なども行います。

  • 病院

臨床工学技士の年収・給料・収入

臨床工学技士の平均年収は約430万円(リクナビNEXTジャーナル調べ)。月収では、29万円程度で、プラス賞与が2~5カ月。残業代や夜勤手当、透析業務手当、住宅手当などが別途となります。また、勤め先によってかなりの差があり、経験や年数、業務などによっても差があり、首都圏などに比べると地方都市では給与が低くなる傾向にあります。

臨床工学技士の将来の展望

臨床工学技士は、医療系の専門職(国家資格者)のなかでも比較的歴史が浅い職種です。医療技術の進歩に呼応して、高度化・複雑化する医療機器の操作や安全に作動させる保守点検など、臨床工学技士の需要は高まる一方で、最近では、大きな病院やクリニックはもちろん、これまで採用のなかった中小の個人病院でも、臨床工学技士を雇うケースが増えています。医療機器を扱う専門職としての認知度やその役割は急ピッチで上昇中です。現在、まだまだ人材は不足しているので、将来的にもニーズは伸びていくと見られています。

臨床工学技士になるには

臨床工学技士は国家資格で、臨床工学技士になるには、臨床工学技士国家試験に合格する必要があります。その受験資格を得るには、高校卒業後、臨床工学技士養成課程のある養成校(大学、短大、専門学校)で決められた課程を修了する必要があります。なお、臨床検査技師や看護師などの養成校を卒業していれば、臨床工学科など専攻科で1年以上学ぶことで受験資格が得られます。そして、国家試験に合格すれば国家資格を取得でき、臨床工学技士として病院などで働く道が開けます。

臨床工学技士の適性・求められる力

さまざまな医療機器を操作したり、機械の簡単な修理や保守点検もする仕事なので、機械に興味があることは重要なポイントです。また、現場では医師や看護師、臨床検査技師などの医療スタッフと連携(チーム医療)して、話し合いながら仕事をすることも多いので、論理的に自分の意見を伝えたり、相手の意見を受け入れたりするコミュニケーション能力も求められます。もちろん、医療関連職として、患者さんの病気やけがの回復を願うという気持ちも大切です。

臨床工学技士の学校の選び方

まず3年制の専門学校・短大で学ぶか、4年制の大学で学ぶかを決めましょう。より早く資格を取得したい、学費の総額をできるだけ安く抑えたいという人には3年制の専門学校・短大が、じっくり余裕をもって学びたい、より幅広い専門知識を習得したいという人には4年制の大学が合っています。そのほか、卒業生の国家試験合格率や就職率、就職先なども含めて多角的に検討することが大切です。最近は4年制の大学に進んで臨床工学技士を目指す人が増える傾向にあります。

臨床工学技士<国>

医学的、工学的な知識を活かして、高度な医療機器の操作を行う

医師の指示のもとに、人工呼吸器、血液浄化装置、人工心肺装置といった生命維持装置やその他の機器の操作、保守点検を行うための国家資格。 医療機器のめざましい進歩にともない、医療現場では高度な医用工学機器が導入されるようになってきた。そうしたなかで、医学的知識を持ちつつ、それら高性能機器を操作・管理する専門技術者の需要が急増。1988年の資格誕生以来、今後も、需要は増していくだろう。

臨床工学技士<国>の就職先

病院、救急救命センター、人工透析センターなど医療機関への就職率は高い。医療機器メーカーに就職するケースもある。

臨床工学技士<国>をとるには

臨床工学技士<国>の受験資格

大学入学資格があり、文部科学大臣指定の学校または厚生労働大臣指定の臨床工学技士養成所において3年以上、臨床工学技士として必要な知識および技能を修得した者。大学(短大を除く)で厚生労働大臣指定の科目を修めて卒業した者など。

臨床工学技士<国>の合格率・難易度

合格率
78.8%
※2014年3月実施(第27回)

資格団体

(公財)医療機器センター 試験受験部
電話:03-3813-8531
URL:http://www.jaame.or.jp/
  • パンフ・願書請求キャンペーン

臨床工学技士に関連する仕事・資格

臨床工学技士に関連する学問

臨床工学技士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

首都医校 - 体験入学 - 2017/04/23 - 東京都新宿区西新宿1-7-3
大阪医専 - 学校説明会 - 2017/04/15 - 大阪府大阪市北区大淀中1-10-3
大阪ハイテクノロジー専門学校 - 入試大公開オープンキャンパス - 2017/04/08~2017/04/16 - 大阪府大阪市淀川区宮原1-2-43

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路