• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 甲南大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • フロンティアサイエンス学部

私立大学/兵庫

コウナンダイガク

フロンティアサイエンス学部

定員数:
45人

ナノバイオテクノロジーを中心に人や社会に役立つ知識や技術を学び、発信力を持つ人材に

学べる学問
  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    食料となる穀物や野菜、動物、さらには住居や衣服となる植物など、私たちが生活のために利用するあらゆる生き物を対象に、その生産から販売の各過程について研究するのが農学です。育てて消費するというだけでなく、それが将来にわたって持続可能になるよう、さまざまな角度から探究していきます。農業実習や加工実習、フィールドワークなど、実体験を通じた学びが多いのも特徴です。卒業後の進路としては、食品関係の企業に就職する人が多数を占めますが、流通や販売についても学ぶため、そうした強みを生かす道もあります。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    環境科学の「環境」とは、地球や自然そのものだけでなく、社会や都市環境など、私たちを取り巻くあらゆる環境を指します。従って環境科学では、工学、化学、経済や法といったあらゆる観点から環境を検討し、快適で持続可能な社会の構築を目指してさまざまな問題の解決に取り組みます。大学によって、ある程度専門分野がしぼられているところと、幅広く環境科学について学ぶところとに分かれます。1年次には環境科学の概要をつかみ、2年次以降は、フィールドワークなどもしながら、実践的に研究手法を学び、環境に関する知識を養っていきます。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    通信とは、送信者から受信者へ情報を伝達すること。中でも、パソコンやスマートフォンなどのコンピュータ関連やそれぞれをつなぐネットワークについて研究するのが通信工学です。その研究対象は、ハードウエアとソフトウエア、アナログからデジタルまでと多岐にわたります。1、2年次は、通信工学の基礎となる数学と電磁気学をしっかり学びます。同時に、通信工学の基本となるコンピュータやネットワーク、プログラミングや電気回路などについて、座学と実験を通じて理解を深めていきます。多くの場合3年次に研究室に配属され、4年次には、卒業研究と発表を行います。卒業後は、IT系や通信事業を中心に、さまざまな道が開けています。今後、IoT化が進むことを考えると、活躍の場はあらゆる分野に広がっていくでしょう。

  • 応用化学

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていくための研究をする

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていく方法を追及する学問。新しい素材の開発や、医薬品の開発まで、その範囲は多岐にわたる。

目指せる仕事
  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • 化学技術者・研究者

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品を、製品開発したり、製造技術の開発などを行う。

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品に関して、新しい製品を開発したりするのが、民間企業(化学メーカーなど)にいる化学研究者。一方、国や学校などの研究所で活躍する化学研究者は、直接すぐに製品になるものというよりも、ある化学薬品の試薬を発見する研究だったり、特定の動きをする化学物質の研究だったりと、基礎的な研究になりがち。また、これらの化学研究を行うために必要な設備技術や化学製品を作成するための技術開発などの研究を行う研究者もいる。

  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 生物学研究者

    微生物からヒトまで、生命の誕生や進化、生態など独自のテーマで生物に関する研究を行う。

    地球上に1千万種以上いるといわれる生物に関して、その体の仕組みや成育の特徴など、各自のテーマを追求するのが生物学研究者。生態や体の仕組みが解明されているのはほんの一部。微生物やプランクトン、動物、植物など、すべての「生物」に注目すると、まだ地球上はわからないことだらけ。それらの調査を行い、時には実験を繰り返し、データを蓄積することで、結果的に新しい発見につながる可能性が大きい。バイオテクノロジーや免疫など、さまざまな分野での期待も大きい。

  • 生命工学研究者

    遺伝子の成り立ちや組み換えなど生物を分子レベルでとらえ、大学や各種研究機関で新たな研究・開発を行う。

    遺伝子の成り立ちや細胞学、生命科学などの成果を、製薬や食品などの工業分野にフィードバックし、生産力をあげたり、新製品の開発につなげるための研究を行っているのが生命工学研究者。分子レベルで生物をとらえ、さまざまな生命や体のメカニズムを解明しようとしている。ある特定の遺伝子の働きが実際にDNAのどの部分で働いているのかなど、マウスを使った実験を繰り返すことで解明しようとする研究者がいたり、実験用の均質なマウスを、遺伝子操作によって作り出すといった実験を繰り返す研究者もいる。

  • 生理学研究者

    広範囲に生命現象(生体の働き)を解明する。脳生理学など、専門分野にわかれて研究する

    生理学は医学とともに昔から研究されてきたテーマである。「生体の機能のメカニズムを明らかにしてその意義を明らかにする学問」である。分子レベルでの研究などが進む中、個別の働きではなく、関連した複数の機能(生態学的、心理学的現象を含めた)を解明しようという研究分野。対象が生きた条件下でリアルタイムに観察するというのが特徴。生体の機能のメカニズムを明らかにするということから、脳生理学など専門分野にも分かれている。大学や病院などの研究機関などで、医学的なアプローチや情報処理的なアプローチなどがされる。

  • 医学研究者

    さまざまな角度から、病気の原因やメカニズム、治療方法などを科学的に研究する。

    医学研究者は「基礎医学研究」と「臨床医学研究」に大きく分かれる。基礎医学研究は分子生物学や化学、工学などの研究方法によって、遺伝子、免疫、生化学、衛生、生理、解剖など、さまざまな角度から病気の原因やメカニズムを解明し、治療方法を科学的に研究する。そのため医学部の出身者だけでなく、工学や理学、薬学、農学など、さまざまな学部から医学研究者になる道がある。臨床医学研究は患者の治療を通じて病気を研究し、治療方法などの検証や研究を行う。こちらは医師国家試験に合格し、医師として仕事をすることが前提となる。

  • 製薬開発技術者・研究者

    製薬会社や化粧品会社などの研究機関、大学の研究室などで製薬に関する研究や製造技術の開発・研究を行う。

    製薬開発技術者は、主に製薬会社や化粧品会社などで製品の開発のための企画立案や計画を立てて製品化を実現したり、品質検査や製造工程のチェック・指導など、製造に関する技術指導・管理などを行う。製薬開発研究者は、企業をはじめとした各種研究機関や大学の研究室などで、新薬の開発のほか、素材や化学物質の基礎研究、新薬開発のための製造技術の開発・研究など、それぞれの専門分野をもとに、「製薬」に関わる新しい研究を行う。高度な専門知識を必要とするため、多くは大学院で専門の研究を経て研究者となるのが一般的。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

好奇心を刺激する自分だけの研究環境で生命科学の最先端技術「ナノバイオテクノロジー」を学び、研究する

キャンパスライフShot

甲南大学 自分たちが合成した素材の超微細構造を、電子顕微鏡を使って観察するナノテクノロジーに関する学生実験の様子。
自分たちが合成した素材の超微細構造を、電子顕微鏡を使って観察するナノテクノロジーに関する学生実験の様子。
甲南大学 3年次の実験で取り組んだ実験テーマに関して、半年間で得られた研究成果をポスター発表し、議論します。
3年次の実験で取り組んだ実験テーマに関して、半年間で得られた研究成果をポスター発表し、議論します。
甲南大学 学生一人ひとりに与えられる学習、研究拠点のマイラボ。自分専用の机・ロッカーが準備されています。
学生一人ひとりに与えられる学習、研究拠点のマイラボ。自分専用の机・ロッカーが準備されています。

学部の特長

学ぶ内容

学習内容
フロンティアサイエンス学部の学びの中心は、理学、工学、薬学、医学、農学など基礎学問や応用学問が融合した生命化学。生物学、化学、物理学の基礎知識や技術を学ぶだけではなく、医療、創薬、美容、食品、環境、新素材、エレクトロニクスなどの応用分野も学びます。フロンティアサイエンス学部では選択制の専門科目が多いので、皆さんの得意科目や興味に応じて、学びの内容を自由に組み立てられることも特徴の1つです。身につけた多様な学びを活かす研究(卒業研究)は、理学や薬学、工学、医学など多彩な専門分野をもち、その分野で活躍する教員陣が個別に指導します。

授業

カリキュラムの特色
教養科目を2・3年次に配置しているため、1年次からバイオやナノの専門科目や遺伝子組換え、有機合成、食品分析、がん細胞を使った薬物検査などの本格的な実験科目を学ぶことができます。また、実験で使用する機器も高度なものばかり。1・2年次にしっかりと専門実験を行うため、3年次からは教員の研究室で行う研究体験型の学生実験もスタートします。3年次から研究を体験するので学会発表する機会も増えます。

施設・設備

ポートアイランドキャンパス
ポートアイランドは神戸市の医療産業都市の中心地となっています。周辺には医療・創薬・食品・化粧品産業等に関連した企業や大学、研究機関が多数進出しているため、それらの企業等との連携も積極的に行っています。
マイラボ
入学後すぐに一人ひとりに自分専用の研究スペース「マイラボ」が確保されていますので、パソコンや本などを持ち込んだり、授業の空き時間や放課後を有効活用できます。

学部のプロフィール

設立の背景
バイオテクノロジー(生物)とナノテクノロジー(化学・物理)の融合分野であるナノバイオテクノロジーは、化学を基盤に生命現象を理解する新しい研究領域です。その成果は医療・環境・食糧・エネルギーなど人類が地球規模で直面する諸問題の解決につながると期待されています。そこで、生命化学の研究を通して教育を行うというコンセプトのもとに「フロンティアサイエンス学部生命化学科(愛称:FIRST)」を開設しました。1学年45名の少人数教育で、医療・創薬・新素材・エレクトロニクス・環境・エネルギーなど、さまざまな分野で活躍する研究者・技術者や、コーディネーターとして生命化学を通じて社会に貢献できる人材を育成します。

就職率・卒業後の進路 

■2018年3月卒業生就職実績
花王グループカスタマーマーケティング(株)、科研製薬(株)、関東化學(株)、コムチュア(株)、サラヤ(株)、住江織物(株)、常盤薬品工業(株)、非破壊検査(株)、山崎製パン(株)、尼崎市役所、兵庫県警察本部 他
■2018年3月卒業生進学実績
甲南大学大学院、神戸大学大学院、北陸先端科学技術大学院 他

問い合わせ先・所在地

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-20
078-303-1457 

所在地 アクセス 地図・路線案内
ポートアイランドキャンパス : 兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-20 神戸新交通ポートアイランド線(ポートライナー)「京コンピュータ前」駅から徒歩約 4分

地図

 

路線案内


甲南大学(私立大学/兵庫)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る