• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 大阪電気通信大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 北野谷 征吾さん(工学部/電気通信技術者・研究者)

私立大学/大阪

オオサカデンキツウシンダイガク

ルールづくりを通じて、お客さまと社会のお役に立ち続けます

先輩の仕事紹介

「電気」を安全安定供給し、お客さまと社会のお役に立ち続けるために。

電気通信技術者・研究者
工学部 電子工学科(現:電気電子工学科)/2009年3月卒
北野谷 征吾さん

この仕事の魅力・やりがい

現在は、電力小売託送サービス等に関わるルールづくりに携わっています。お客さまからのお申込の工事に内容によっては、一部工事費用をご負担いただく場合があるのですが、そのご負担いただく工事費用についてのルールを決めています。技術の進歩が速い中、様々な環境の変化が生じています。そうした変化にも対応し、お客さまと社会のお役に立ち続けるためにも、ルールづくりは欠かせません。会社にとっても、お客さまや社会にとっても、重要な仕事に携わっていることに大きなやりがいを感じています。

これからかなえたい夢・目標

入社後、研修を経て、現場で電気設備の工事や点検などを担当しました。その後、電気設備の設計も行い、再生可能エネルギー等の技術検討や小売電気事業者さまからのお申込の技術検討にも携わり、ステップアップしてきました。平成32年の分社化もあり、今後いっそう仕事の幅は広がっていくと思います。様々な仕事に関わっていきたい私には、この仕事は魅力的な分野であり、会社も様々なチャンスを与えてくれます。さらに将来は、海外にも目を向け、培ってきたノウハウを活かし、活躍していきたいです。

あらゆる方向からルールを検証するため、広い視野が求められます

学校で学んだこと・学生時代

大学では「限界を設けず、自分の可能性を広げたい」と思い、興味があることには躊躇せずチャレンジしました。その一つとして、教員免許取得をめざし、仲間と一緒に模擬授業などに取り組んだ日々が印象に残っています。仲間と意見を交換しながら「教えること」を研究し、教育実習で子どもたちに実践したことで、説明力が身につきました。教員の道には進みませんでしたが、その力は社内のコミュニケーションなどで役立っています。一方で、本格的な研究にも取り組み、研究の面白さを実感しました。そこで自分に足りないものを見つけ、さらに成長したいという向上心が湧き、同大学院への進学を決めました。

様々な部署とのコミュニケーションが必要になります

北野谷 征吾さん

関西電力株式会社 電力流通事業本部 ネットワーク技術グループ/工学部 電子工学科(現:電気電子工学科)/2009年3月卒/学部時代に研究の楽しさを味わった北野谷さんは、同大学院に進学。素材を非破壊で分析する研究を深め、学会での発表を行った。「大阪電気通信大学では、学生と積極的にコミュニケーションを取り、一人ひとりを手厚くサポートをしてくださいます。就職先や進学先を選ぶときは、メリットはもちろんデメリットも伝え、相談に乗ってくださいました」。北野谷さんは、こうした大学のサポートや、幅広いことに挑戦できる環境の中で自分自身を見つめ、長期的なキャリアプランを設計。大学院進学、そして関西電力への入社を決めた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大阪電気通信大学(私立大学/大阪)