• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 大正大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 地域創生学部

私立大学/東京

タイショウダイガク

地域創生学部

地域実習で、人、モノ、金など地域資源の活用を学び、地域の課題を解決できる人材へ

学べる学問
  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 観光学

    文化交流やビジネスの側面を持つ観光の研究を通じて、観光業で必要とされる知識や技術を学ぶ

    観光地計画・観光事業経営・観光文化などの分野がある。観光の理論から、ホテル業、旅行業などの実務的な知識も学べる。

目指せる仕事
  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • マーケットリサーチャー

    製品開発に欠かせない調査員

    モノ余りの時代には、ヒット商品を生み出すために、どんな人たちがモノを欲しがっているか、商品についての需要予測や消費者の嗜好動向、購入層、過去の販売実績、販売方法など市場の動きを正確に把握する必要がある。マーケットリサーチャーはこれら調査の専門家として社会調査やその結果を集計・分析する。

  • 観光局スタッフ・地域コーディネーター

    各国の観光局で観光案内を行う

    観光局スタッフは、各国の窓口となり、政府に代わって観光案内を行う。情報収集や本国とのやり取りがあるため、その国の語学が堪能であることは必須。メディアに対してPRすることも重要な仕事だ。地域コーディネーターは、まちづくりのキーパーソンとして、地域の課題を探り出し、地元のヒトやモノを結びつける新たな事業を生み出していく仕事。たとえば、地元の若者と企業をつなぐインターンシップ事業や地域独自の観光資源を生かした新たなツアーの企画など、さまざまな取り組みが実践されている。

  • 旅行代理店販売・営業

    行く先の相談から出発の手続きまで、旅のお手伝いをする営業職

    旅行会社の窓口スタッフや営業担当として、個人や企業・学校などの顧客に対し、旅行プランの提案・販売を行う。単なる販売職ではなく、顧客の目的や要望、嗜好、予算などをしっかりと聞いて、ニーズに合ったプランを提案するコンサルタント的な役割も担う。そのほか、宿泊施設や乗物の予約、保険手続きなど、安全で快適な旅に向けた準備のお手伝いも大切な仕事。国内外の観光地に関する幅広い知識や旅行・交通に関する専門的な知識が求められる。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

地元×経済学×経営学=地域デザインを学び、地域の発展・活性化に貢献する地域人を育成

キャンパスライフShot

大正大学 「地域構想研究所」では、産官学連携体制で学生の実習フィールドを全国規模に展開。
「地域構想研究所」では、産官学連携体制で学生の実習フィールドを全国規模に展開。
大正大学 地域実習からキャンパスに戻り、地域の抱える課題についてディスカッション。
地域実習からキャンパスに戻り、地域の抱える課題についてディスカッション。
大正大学 地域実習では、各地域の人々と接しながら地域の課題や資源を学習。
地域実習では、各地域の人々と接しながら地域の課題や資源を学習。

学部の特長

学ぶ内容

学びの紹介
地域創生学部の学びの基盤は「経済学」。地域創生学部で展開する多くの授業では、アクティブラーニングを取り入れています。経済学的な思考から地域資源を見つめ、資源の活用によって地域課題を解決へと導く力を養います。
学びの流れ
1年次ではフィールドの理解と基礎作りとして、地域の人々と交流し、実習を通して地域創生に関する「知識・理解」を深めます。 2年次からは課題設定に向けた幅広い視野を養うため、東京のマーケットを体験的に学び、東京と地方の共生について考えます。 3年次では専門的課題に取り組むため、地域の価値と魅力の再発見や、地域資源活用の提案を行います。 4年次で自らの地域へ回帰し、地域課題を深掘りし、都市と地方の共生を深く考察します。

授業

実践的な経済学
経済学の学びを基盤に、各種データや情報のスキル、論理的思考を身につけ、マクロ経済の動向を理解するとともに、地域課題をミクロ的に分析できる力を習得します。
各年次で8週間の地域実習
経済学イコール座学だけではありません。全員もれなくキャンパスの外に出て学びます。1~3年次で各8週間の地域実習を実施します。「都市」と「地方」両方の“現場”の反復、「理論(座学)」と「実践(地域実習)」の反復。これらを通して、地域課題解決力を身につけます。
学部独自のクォーター制
1年間を4学期に区分する「クォーター制」を導入したことで、長期型の実習期間の確保や、1科目の授業を原則週2回行う集中型の学びを実現。座学と実習が有機的に連携していくことが可能になります。

学部のプロフィール

学部の特色
教育プログラムの最大の特徴は「地域実習」。実習期間は3年間で180日を超え、大正大学がこれまで関係を築いてきた連携自治体に滞在し、地域の方々と実際に関わり合いながら地域課題について学びます。東京で理論を学び、地方で実践する。東京の視点と地方の視点、理論と実践を交互に繰り返す体系的な学びの中で、自分らしい将来の進路を実現する力を磨いていきます。

就職率・卒業後の進路 

■想定される進路
卒業後は多様な進路・活躍の場が想定されます。諸地域をつなげて新たな取り組みを行う公務員や、地方銀行や信用金庫に勤め、地域経済を支える銀行員などです。地域実習や大学での学びの他、就職課で開講している公務員対策講座など、学生の夢を実現する様々なサポートを用意しています。 また、モデルとしては次の4つのタイプを想定しています。
<エコノミスト>地域に経済活力を生み出す
<オーガナイザー>地域実践の事業化を実現
<アントレプレナー>地域産業や観光資源を活用し、事業化する
<コーディネーター>地域課題やニーズに対応する計画や連携・協働活動を創出する

問い合わせ先・所在地

〒170-8470 東京都豊島区西巣鴨3-20-1
03-3918-7311 (代)

所在地 アクセス 地図・路線案内
巣鴨キャンパス : 東京都豊島区西巣鴨3-20-1 「板橋」駅から徒歩 10分
「庚申塚」駅から徒歩 7分
「西巣鴨」駅から徒歩 2分

地図

 

路線案内


大正大学(私立大学/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る