• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京家政大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 子ども学部
  • 子ども支援学科

私立大学/東京・埼玉

トウキョウカセイダイガク

子ども支援学科

募集人数:
120人 (2018年4月定員増予定)

健常児も、支援を要する子も、一人ひとりの子どもの可能性を広げられる保育者をめざします

学べる学問
  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

  • 保育・児童学

    子供の成長や健康を研究し、保育、教育に役立てる

    子どもの心と体の発達を総合的にとらえ、成長によりよい教育や環境を考える学問。児童心理学、児童保健学、児童福祉学、児童教育学、児童環境学、児童文化学などの研究領域がある。

目指せる仕事
  • 幼稚園教諭

    “子どもが好き”を原点に、一人ひとりの個性を育てる

    毎朝登園した幼児の健康状態をチェックし、音楽、絵画、運動や遊びなどの指導をする。幼児は体調を崩しやすいので、十分な目配りが必要な仕事だ。子どもたちへの直接の教育のほか教室の掃除、カリキュラムの作成、園児の行動記録など仕事の範囲は広い。

  • 保育士

    乳幼児を保育し、成長をサポート。保護者への情報提供も

    食事、排泄、睡眠、遊びなど日常生活を通じて、健やかな心と身体を持った子どもに成長するように援助する仕事。保育所は仕事と育児を両立させる父母を支え、乳幼児を保育する児童福祉施設だが、特に最近では単に子どもを預かるだけでなく、保育情報の提供や相談などが重要な役割となっている。

  • 特別支援学校教諭

    特別支援学校や小・中学校の特殊学級などで、障害についての理解をもとにそれぞれの教科を教える教員

    視覚障害や聴覚障害、知的発達障害、肢体不自由など、なんらかの障害によって通常の学校で勉強するのが困難な生徒のための学校(幼稚園から高校まで)で教科指導を行う。また、一般の小・中学校でも、特殊学級などで特別な支援を必要とする子どもたちの指導を行う。それぞれの障害の特徴や困難さを理解した指導が必要になるので、通常の教員免許とは別に「特別支援学校教諭免許状」も必要である。教員免許を取得する前に所定の単位を履修して取得するのが一般的だが、教員になったあとに講習などを受けて取得することも可能。

  • 社会福祉主事

    行政の中で福祉サービスに携わる

    公務員となって福祉関連部署で働く。地方自治体の福祉課の窓口で福祉サービスに関する相談を受け、福祉施設への入所や生活保護の適用手続などを行う他、福祉事務所や児童相談所で相談を受けたら、児童施設の児童指導員や老人福祉施設などの生活指導員として活躍する場合もあり、その仕事内容は多岐にわたる。

初年度納入金:2017年度納入金 139万7500円 

学科の特長

学ぶ内容

一人一人の子どもの健やかな心身の育ちを支援できる保育者・幼児教育者を育成
子ども学に立脚し、子どもの存在そのものを受け止め、健常児も支援を要する子も、文化の違いも国の違いも、すべてを乗り越え、それぞれの子どもたちがもって生まれた可能性を実現できるような支援に関わる知識と技量を身につけます。身近に子どもを感じながら、経験豊富な教授陣や同じ目標を志す仲間とともに学びます。

カリキュラム

多様な子どもたちに、的確な保育実践ができる保育者を養成します
保育士や幼稚園教諭に必要な保育・教育理論や、現場で役立つ実践的な技能を習得する「乳幼児の教育・保育に関する科目」に加え、「健康保育科目群」「特別支援教育科目群」を設置。アレルギー疾患や発達障がいなど、支援を要する子どもにも専門的な対応ができる、健康・医療、特別支援などの知識を持つ人材を育てます。

資格

教員や保育者として活躍するための、各種資格の取得を目指します
子ども支援学科では、全員が卒業時に保育士、幼稚園教諭の資格を取得します。さらに希望者は、特別支援学校教諭の資格取得を目指すことも可能です。また、公立保育所への就職者を多く輩出してきた既存の家政学部・児童学科のノウハウを継承し、各種試験や就職に向けた対策講座など、万全のサポート体制があります。

施設・設備

学びのステージは、駅近で緑豊かな狭山キャンパス
緑豊かなキャンパス内には、アレルギー疾患や発達障がい専門の子どもクリニックや保育所が併設されています。ここでは、実習などをとおし直接子どもたちと触れ合いながら、小さな命を預かる責任感や接する態度などを学んでいきます。また、2016年4月に、障がい児支援を行う放課後等デイサービス「つくし」を開設しました。

設立の背景

時代のニーズに応える「子ども・保育」領域のスペシャリトを育成
創立時から「時代の要請に応え、専門性を備えた女性を育成する」ことを教育理念としている東京家政大学。本学科も、今まで以上に高度な知識と技術が必要とされる保育現場の要請に応えるべく設立されました。健常児だけでなく、病児や慢性的疾患など支援を要する子どもへの適切な対応やサポートを学びます。

研修制度

保育に関する国際的な視野を広げる「スタディ・ツアー」
子ども支援学科では、3年次後期の休暇を利用して海外研修を実施します(希望者のみ)。研修先はドイツまたは英語圏の国からの選択で、海外における幼児教育・保育を学びます。外国語・多文化などへの理解を深めることにより、保育に関する国際的な視野を広げます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 保育士<国> 、
  • 幼稚園教諭免許状<国> (1種) 、
  • 社会福祉主事任用資格

目標とする資格

    • 特別支援学校教諭免許状<国>

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山 2-15-1
TEL 03-3961-5228 (板橋キャンパス・アドミッションセンター)

所在地 アクセス 地図・路線案内
狭山キャンパス : 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1 西武池袋線「稲荷山公園」駅から徒歩3分
西武池袋線「入間市」駅から徒歩10分
西武新宿線「狭山市」駅からバスで12分、「稲荷山公園駅」下車 徒歩3分

地図

 

路線案内

※ 看護学部・子ども学部の2学部は4年間狭山キャンパスで学びます。その他の学部は板橋キャンパスで学びます。


東京家政大学(私立大学/東京・埼玉)