• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 東京工科大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • デザイン学部

私立大学/東京

トウキョウコウカダイガク

デザイン学部

定員数:
200人

デザインの学びを通し、問題解決力に秀でたさまざまな分野で活躍できる人材になろう!

学べる学問
  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • CGデザイナー

    コンピュータグラフィックスでイメージを映像に表現

    コンピュータで文字やイラスト(CG)をつくる。建築、都市計画、機械設計、デザイン、アニメーション、科学研究のシミュレーションなどさまざまな分野で活用されるようになってきた。コンピュータ理論やプログラミングに通じ、色彩、デザイン感覚に優れていることが条件。

  • アニメーター

    生き生きとしたアニメの絵を描く

    世界的にも評価の高い日本のアニメーション(アニメ)。アニメ制作には多くの担当者が集まってそれぞれの仕事を行いますが、高いクオリティーの作品を制作するための重要な役割を担うスタッフのひとりが、アニメーターです。アニメーターは、アニメの絵を描き、動きを表現するのが仕事で、絵そのものの魅力、動きのスムーズさを担います。アニメ全体のクオリティーに深く関係するため、アニメ制作に欠かせない仕事です。アニメーターになるのに必須の試験・資格はありません。制作会社の採用時にはいかに絵がうまく描けるかがポイントとなるため、大学や専門学校などで絵の描き方や表現方法などについて学ぶとよいでしょう。

  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • 広告プランナー

    商品などを売り出すためのアピール方法を企画する

    商品や企業イメージなどをその時代や流行、消費者ニーズを考えながら、どのように広告していけばいいのか企画するのが仕事。イメージ作りはもちろん、デザイナーやコピーライターを集めたり、どの時期にその媒体に広告を打つと効果が高いかなども考えながら仕事を進める。

  • CMプランナー

    企業や商品の宣伝プランをたてる

    クライアントの意向を受けて、テレビCMなどのプランニングを行い、テーマや方向性を決めていく。イメージキャラクターやタレント、スタッフなど誰をどのように使うかによっても、そのCMの出来が違ってくる。情報に裏付けされた感性が欠かせない。

  • キャラクターデザイナー

    キャラクター、背景、アイテムのデザイン

    自分の持ち味を出した新しいゲーム・キャラクターを生み出す。グラフィッカー(CGデザイナー)が行うケースも多く、ディレクターと「検討会議」を行い、採用されたキャラクターや背景コンテを基に、パソコン上でグラフィックを描く。背景、キャラクター、アイテムなどの担当に分かれ、それぞれ複数パターンを作成する。

  • 空間デザイナー

    店舗や住宅などの空間の演出家

    店舗やアーケードといった商業空間、一般住宅などの生活空間をどのように使うか提案する。商業空間の場合、店舗の周辺を行き交う人の動きや気持ちを想定して、売場の構成や演出の工夫、商品のディスプレイ等を考える。生活空間の場合、そこに住む人が快適に過ごせるよう、工夫をこらす。

  • イラストレーター

    雑誌や広告などに使われる個性的な作品を描く

    雑誌、書籍、広告などの印刷メディアにイラストを描く。独自の作風を持っていること、クライアントの要望に応じた作品を作り上げる器用さも要求される。イメージをイラストに置き換える能力や感性、作品を想像する力も必要。

  • アートディレクター

    雑誌、広告などのビジュアルイメージをつくる

    広告や雑誌、商品のパッケージなど、印刷物のビジュアルイメージをつくる責任者。例えば広告の場合、広告する商品・サービスのコンセプトをもとに、どんなイメージにするかを考え、それに基づいたアイデアをデザイナーやカメラマンに伝える。時には自らデザインしながら質の高い作品をつくっていく。

bug fix
初年度納入金:2019年度納入金(参考) 183万3300円 
bug fix

募集学科・コース

デザイン学科

工業デザイン専攻 空間演出デザインコース
※2020年4月設置予定 入学時は工業デザイン専攻となり、3年次よりコースを選択

工業デザイン専攻 工業ものづくりデザインコース
※2020年4月設置予定 入学時は工業デザイン専攻となり、3年次よりコースを選択

視覚デザイン専攻 視覚情報デザインコース
※2020年4月設置予定 入学時は視覚デザイン専攻となり、3年次よりコースを選択

視覚デザイン専攻 視覚伝達デザインコース
※2020年4月設置予定 入学時は視覚デザイン専攻となり、3年次よりコースを選択

キャンパスライフShot

東京工科大学 話題のプロジェクションマッピングについても、授業や演習で学べます
話題のプロジェクションマッピングについても、授業や演習で学べます
東京工科大学 高輝度プロジェクターなど最新設備が整うプレゼンテーションルーム
高輝度プロジェクターなど最新設備が整うプレゼンテーションルーム
東京工科大学 駅から徒歩2分。地上20階地下1階建ての校舎が中心の蒲田キャンパスで学びます
駅から徒歩2分。地上20階地下1階建ての校舎が中心の蒲田キャンパスで学びます

学部の特長

学ぶ内容

デザイン学部
視覚デザイン専攻に加え、インテリアや雑貨、電子機器などのデザインや空間演出などを学ぶ工業デザイン専攻を設置。感性演習とスキル演習を融合させたユニークなカリキュラムと、各コースの専門的な学びにより、いずれの専攻コースも将来、デザイン専門職だけでなく、幅広く活躍できる人材を育成します。
◆視覚デザイン専攻(2020年4月新設)
[視覚伝達デザインコース/視覚情報デザインコース]
さまざまなメディアにアプローチし、社会におけるコミュニケーションのための視覚表現を発信します。広告、エディトリアル、イラストレーション、映像などを学ぶ「視覚伝達デザインコース」と、Web、マテリアルデザイン制作、GUI構築、3DCGなどを学ぶ「視覚情報デザインコース」を設置します。
◆工業デザイン専攻(2020年4月新設)
[空間演出デザインコース/工業ものづくりデザインコース]
社会とデザインの関わりを理解し、人々の暮らしに役立ち、生活を豊かにするプロダクトや空間の創出をめざします。VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、プロジェクションマッピングなどを導入した新しい演出を学ぶ「空間演出デザインコース」と、IoTなど先端技術を活用した工業デザインを学修する「工業ものづくりデザインコース」を設置します。

授業

カリキュラム
造形とデザインの基礎をはぐくむ「感性演習」と、ディジタルな表現技術などを身につける「スキル演習」が融合したカリキュラムを展開。また、専門的な演習においては、2年次に専攻内の2コースに関するテーマを学んだうえで、3年次より自身の専門分野(コース)を定めて学修します。卒業後、デザイン専門職に限らず、あらゆる業界で活躍できる問題解決力をはぐくみます。
感性演習
デザイン学部では入学後にじっくり感性を磨くカリキュラムを整えています。造形基礎「描く」「つくる」、デザイン基礎「伝える」「関係づける」を体系的に組み合わせて、デザイン分野に必要な感性を養う科目を1・2年次で集中的に学修。数々のチームでの制作も経験しながら、モノの本質を感じる力、表現する力を修得します。
スキル演習
表現技術を身につけるスキル演習は2年次からスタートします。視覚分野・映像分野・空間分野・工業デザイン分野などに応じたディジタルスキルを中心に構成。Webデザイン、DTP、画像加工、イラストレーション、工業系製図のスキルなどを履修。感性をイメージ通りに表現するための技術と、希望する専門分野に必要な表現技術の両方を身につけます。将来、どのようなチカラを生かして活躍したいかを意識したスキルを身につけることが可能です。

学べる学問

就職率・卒業後の進路 

■2018年3月卒業生就職実績
アマナ、ぐるなび、アキレス、ジュン、ポラス、スターツコーポレーション、読広クロスコム、クロステレビ、アイダ設計、島忠、昭栄美術、泉放送制作 他

問い合わせ先・所在地

〒144-8535 東京都大田区西蒲田5-23-22
0120-444-925 

所在地 アクセス 地図・路線案内
蒲田キャンパス : 東京都大田区西蒲田5-23-22 JR京浜東北線・東急池上線・東急多摩川線「蒲田」駅西口から徒歩2分

地図

 

路線案内


東京工科大学(私立大学/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る