• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京工科大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • メディア学部

私立大学/東京

トウキョウコウカダイガク

メディア学部

定員数:
290人

SNS、映像、音楽、ゲーム、アニメ、広告、ビジネス…メディア技術を駆使し、メディア社会で活躍できる人材になろう!

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    電磁気学、電子工学などを基礎とし、有線・無線通信、光通信などの通信技術を研究・開発する。音声や画像の新しい伝送技術の研究が注目されている。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • 映像プロデューサー

    予算や質的管理など番組全体の制作総括責任者

    テレビ番組などで、番組の企画立案をしたり、スポンサーや出演予定者との交渉、制作予算の管理、質的管理など、番組全体を管理するのが仕事。テレビ局や番組制作会社に入社するとアシスタントから始まり、ディレクター、プロデューサーと役割が徐々に大きくなっていく。

  • CGデザイナー

    コンピュータグラフィックスでイメージを映像に表現

    コンピュータで文字やイラスト(CG)をつくる。建築、都市計画、機械設計、デザイン、アニメーション、科学研究のシミュレーションなどさまざまな分野で活用されるようになってきた。コンピュータ理論やプログラミングに通じ、色彩、デザイン感覚に優れていることが条件。

  • 音響スタッフ

    いい音を出すためのエンジニア

    舞台や映画、テレビなどで、音声を調節したり、効果的な位置にマイクをセットしたりするのが仕事。特に音楽番組では、音が重要なポイントとなる。いろいろな場所で常にいい音を出すには、熟練した技術とセンスが必要。新しい技術を検討したり、システム作りをすることも。

  • ラジオ・テレビ放送技術者

    放送に必要な専門技術を駆使

    放送に関わる電波の送信をしたり、番組制作で音響、照明や中継などに携わる。また新しいメディアとしてインターネットを使った事業を進めたり、最先端のCG技術を番組に取り入れるなどのマルチメディア化や更なる技術開発にも関わる。

  • レコーディングエンジニア

    CD制作の音の演出家

    昔は歌とオーケストラによる生伴奏の同時録音をしていたが、現在ではボーカルや楽器の種類別に録音作業をする。そこでその音を聞きながら別の楽器を入れたり、録り直すといった技術を担当する仕事。録音終了後のミックスダウンや音量やトーンの調整など専門技術が要求される。

  • WEBデザイナー・クリエイター

    使いやすいウェブサイトをデザインする

    インターネットのページをデザインするウェブデザイナーは、誌面のデザインとちがいナビゲーションのためのボタンの位置や、そのページに盛り込む情報の取捨選択など、画面になった時に利用者が、その画面を見て次の画面をわかりやすく選択できるような情報デザインの視点が求められる

  • ゲームプランナー(ディレクター)

    新しいゲームの企画や仕掛けを考え出す

    「次にヒットするのはどんなゲームか」ということを、様々な観点から分析して新しいゲームの企画を立てたり、ロールプレイングゲームなど、ストーリー展開や複雑な設定や仕掛けが必要な場合に、全体のシナリオ作成から、新しいアイディア出しまで、プランをまとめあげる。

  • ゲームプログラマー

    プログラミング言語を使ってゲームを構築

    プログラミング言語を用いて、ゲームを作りあげていくのがゲームプログラマーです。 ゲームクリエイターやデザイナーが用意したシナリオやイラストといった素材をコンピュータに取り込み、キャラクターの動きや音声の設定、システムの構築などを行います。クリエイターやデザイナー、プロデューサーが意図したとおりのゲームが完成するかどうかはゲームプログラマーの能力次第ともいわれており、ゲーム制作の中核を担う仕事といえます。大学や専門学校に進学して、プログラミング言語やゲーム機のしくみ、ソフトの開発環境などについて学んでおくと、ゲームプログラマーという職業に就いたときにとても役立ちます。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

メディア学科

メディアコンテンツコース

メディア技術コース

メディア社会コース

キャンパスライフShot

東京工科大学 人間の動きとCGを連動させる、モーションキャプチャリングシステムを備えたDMCスタジオ
人間の動きとCGを連動させる、モーションキャプチャリングシステムを備えたDMCスタジオ
東京工科大学 ディジタル音響システムを使って、音楽制作の演習に打ち込めるサウンドルーム
ディジタル音響システムを使って、音楽制作の演習に打ち込めるサウンドルーム
東京工科大学 文理融合の幅広い視点で、多彩なテーマを研究できることがメディア学部の特長です
文理融合の幅広い視点で、多彩なテーマを研究できることがメディア学部の特長です

学部の特長

学ぶ内容

メディア学部
メディア社会の多様化に対応する3コースを設置。3年次前期までに技術教育を中心とした基礎をしっかり身につけた上でコースを選択し、体験と実践を重視した演習科目や卒業研究プロジェクトを通して専門性を高めます。ゲームやアニメ、映像、eラーニング、メディアビジネス、ソーシャルメディアなど多岐にわたり学ぶことができます。
メディアコンテンツコース
さまざまなメディアコンテンツの制作・表現方法を修得。音楽や映像、アニメーション、Web、ゲームなどのコンテンツについて、欠かせない多彩な知識を学修し、魅力的なコンテンツや表現方法を創り出す能力を身につけていきます。
メディア技術コース
音声・画像を用いたコンピュータと人のやり取りや、CG技術、ゲーム入出力デバイスなど多岐にわたる技術を修得。高度な理論と実践的技術、豊かな発想力を身につけ、ビジネス・産業界の幅広い分野で活躍できる人材をめざします。
メディア社会コース
メディアを使って、人と人、人と社会を結びつける方法を修得。広告、SNSにおける仕組みやメディアの活用手法、インターネット時代のマーケティングなどを幅広く学び、教育やビジネス、公共サービスなど多彩な分野でメディアを活用した革新的な提案ができる人材をめざします。

授業

多彩なプロジェクト
メディア技術やコンテンツテクノロジーの重要性に注目して開設された、メディア学のパイオニアです。基礎となるメディアテクノロジーを網羅的に学ぶとともに、実践的な演習科目を通して、メディアの活用に必要なコンテンツの分析力、構成力、表現力など、多彩で専門性の高いスキルを学べます。
演習科目は、1年次から学修の段階に応じて多彩に設定。また、メディア学部独自の演習として、1年次から特定の専門分野について学べる「プロジェクト演習」も用意しています。
卒業研究プロジェクト/Procedual animaition
雲、水、炎などの自然現象を効率的にCGで表現する研究を行っています。この研究では自然現象の物理的な要素と、人間が見たときに記憶に残る視覚的要素をプログラムで自動的に計算させる技術を開発。また、360度動画を活用した映像も研究しており、卒業研究作品が、文化庁メディア芸術祭において、 審査委員会推薦作品にも選出されています。
プロジェクト演習/インタラクティブ・ゲーム制作
クリエイティブなモノづくりを実践的に体験しながら、グラフィックス、サウンド、プログラミング、プロデューシングなどのスキルを学び、ゲーム制作の総合力を修得。集大成として東京ゲームショウなどに出展しています。

卒業生

  • point 先輩の仕事紹介

    「リアル」と「Web」の垣根を超えて、新しいことにどんどんチャレンジしていきたい!

    (株)ドワンゴにて、niconico上で広告主様がプロモ-ションを行う際のコミュニケーション・プランニングや広告商品企画を担当するチームのマネージャーをしています。ドワンゴは“Webサービス企業だからWeb上だけで展開していればいい”という凝り固まった考えではありません。例えば、…

    東京工科大学の卒業生

就職率・卒業後の進路 

■平成29年3月卒業生就職実績
LINE、パイオニア、カプコン、コロプラ、IMAGICA、スリーボンド、トランスコスモス、凸版印刷、レベルファイブ、ヌーベルバーグ 他

問い合わせ先・所在地

〒192-0982 東京都八王子市片倉町1404-1
0120-444-903 

所在地 アクセス 地図・路線案内
八王子キャンパス : 東京都八王子市片倉町1404-1 JR横浜線「八王子みなみ野」駅西口からスクールバス約5分
JR中央線「八王子」駅南口からスクールバス約10分

地図

 

路線案内


東京工科大学(私立大学/東京)