• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 東京工科大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 応用生物学部

私立大学/東京

トウキョウコウカダイガク

東京工科大学 応用生物学部

定員数:
260人

生物の機能やしくみを工学的に応用!生命、医療、環境、食品、化粧品分野で活躍する人材になろう

学べる学問
  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    環境科学とは、工学、化学、経済や法といったあらゆる観点から環境を検討し、快適で持続可能な社会の構築を目指してさまざまな問題の解決に取り組む学問です。「環境」とは、地球や自然そのものだけでなく、社会や都市環境など、私たちを取り巻くあらゆる環境を指します。したがって、学校によって、ある程度専門分野がしぼられているところと、幅広く環境科学について学ぶところとに分かれます。まずは環境科学の概要をつかみ、フィールドワークなどもしながら、実践的に研究手法を学び、環境に関する知識を養っていきます。

  • エネルギー・資源工学

    エネルギーを効率的に利用するための技術や新エネルギーの開発・研究

    従来からある化石燃料(石油や天然ガスなど)を、実験、実習を多用して研究し、原子力発電の改良、新エネルギーの開発などに役立てる学問。

  • 応用化学

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていくための研究をする

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていく方法を追及する学問。新しい素材の開発や、医薬品の開発まで、その範囲は多岐にわたる。

目指せる仕事
  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • 化学技術者・研究者

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品を、製品開発したり、製造技術の開発などを行う。

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品に関して、新しい製品を開発したりするのが、民間企業(化学メーカーなど)にいる化学研究者。一方、国や学校などの研究所で活躍する化学研究者は、直接すぐに製品になるものというよりも、ある化学薬品の試薬を発見する研究だったり、特定の動きをする化学物質の研究だったりと、基礎的な研究になりがち。また、これらの化学研究を行うために必要な設備技術や化学製品を作成するための技術開発などの研究を行う研究者もいる。

  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 生命工学研究者

    遺伝子の成り立ちや組み換えなど生物を分子レベルでとらえ、大学や各種研究機関で新たな研究・開発を行う。

    遺伝子の成り立ちや細胞学、生命科学などの成果を、製薬や食品などの工業分野にフィードバックし、生産力をあげたり、新製品の開発につなげるための研究を行っているのが生命工学研究者。分子レベルで生物をとらえ、さまざまな生命や体のメカニズムを解明しようとしている。ある特定の遺伝子の働きが実際にDNAのどの部分で働いているのかなど、マウスを使った実験を繰り返すことで解明しようとする研究者がいたり、実験用の均質なマウスを、遺伝子操作によって作り出すといった実験を繰り返す研究者もいる。

  • 環境保全エンジニア

    公害防止や環境保全に関わる

    自然環境の保全に関わる。メーカーなどで公害を防ぐ機器などの設計、製作、メンテナンスを担当する仕事と、大気汚染、騒音、水質汚濁などの数値を計測したり、調査・分析する仕事に大別できる。

  • ビオトープ管理士

    地域の生態系を守り、復元・創出

    ビオトープとは「地域の野生生物が生息・育成する空間」の意味。ビオトープ事業は、地域の自然生態系を守り、本来その地域にあった多様な自然を復元・創出する事業のこと。この考えに基づき行政、環境コンサルタントや土木、造園会社等で、知識、評価能力、技術を持って活躍する人をビオトープ管理士という。

  • 環境分析技術者

    環境汚染物質などの測定・分析をする

    例えば大気中の二酸化炭素の濃度、水質汚濁が生態系に与える影響、ダイオキシンによる地質汚染などを野外で計測・調査し、環境破壊や、環境汚染が実際にどのように進行しているかを調べる。また、専門知識を持って、結果を参考に分析や研究を行う。

  • 食品技術者・研究者

    食材や食品、生産設備など、「食」に関するさまざまな技術・知識を追究する

    食品会社などで、新しい食品の開発をしたり、食品の生産・管理を行ったりするのが食品技術者。製造工程のチェックや品質検査、衛生検査、現場の監督者への技術指導などの作業管理なども行う。食品研究者は、食品会社の研究所や大学、研究機関などで新しい食材や食品の研究などを行う。遺伝子組み換えなどバイオ技術を活用した新しい食材の研究開発をはじめ、製造技術そのものの研究など、「食」に関わる様々な分野を専門的に追究する。栄養、食品、工業、化学、農業、水産業など、さまざまな分野からのアプローチが可能だ。

bug fix
bug fix

東京工科大学 応用生物学部の募集学科・コース

応用生物学科

生命科学・医薬品専攻 生命科学コース
※入学時は生命科学・医薬品専攻となり、3年次よりコースに所属

生命科学・医薬品専攻 医薬品コース
※入学時は生命科学・医薬品専攻となり、3年次よりコースに所属

食品・化粧品専攻 食品コース
※入学時は食品・化粧品専攻となり、3年次よりコースに所属

食品・化粧品専攻 化粧品コース
※入学時は食品・化粧品専攻となり、3年次よりコースに所属

東京工科大学 応用生物学部のキャンパスライフShot

東京工科大学 最先端の研究を産官学連携で推進する片柳研究所
最先端の研究を産官学連携で推進する片柳研究所
東京工科大学 最高水準の新鋭機器が揃い、産官学共同研究にも活用されるバイオナノテクセンター
最高水準の新鋭機器が揃い、産官学共同研究にも活用されるバイオナノテクセンター
東京工科大学 南欧風造りの FOODS FUU(フーズ・フー)。飲食店やネットカフェが集まった学生生活の中心的な存在
南欧風造りの FOODS FUU(フーズ・フー)。飲食店やネットカフェが集まった学生生活の中心的な存在

東京工科大学 応用生物学部の学部の特長

応用生物学部の学ぶ内容

応用生物学部
20世紀は機械、電子・電気、建築、土木などの工学分野の発展が私たちの生活を豊かにしましたが、一方で、環境やエネルギーなどの重要な課題も残りました。これらを解決するために、生物の機能やしくみを工学的に応用した技術を開発・創造し、人や社会環境、産業のために役立てられる人材を育成。生物の機能を応用し、バイオテクノロジーで人々の生活の質を向上させるフィールドとして幅広い学びを用意しています。

応用生物学部の授業

カリキュラムの特色
生物の機能やシステムの工学的応用により、生活や産業に役立つ成果を生み出せる人材育成が目標。実験科目を充実させ、研究や開発の現場で求められるスキルの修得に配慮。また、3年次には研究室に配属となるため、より深く研究テーマを掘り下げることが可能です。コンピュータ活用能力の修得にも力を入れており、バイオ関連分野でICTスキルを生かせるだけでなく、進む業界や職種も広がります。
研究事例
人体には膨大な“常在菌”と呼ばれる細菌が生息し、それらが独自の細菌の集まりである“細菌叢”を形成しています。こうした常在菌のなかにある「善玉菌」と言われる細菌は、細菌叢を良い状態に改善してくれます。応用生物学部では、善玉菌の作用を解析し、そのパワーを引き出す食品の研究などを進めており、腸内細菌改善に活用できる食品や、皮膚の調子を良くする美肌菌によるスキンケア法などを追究しています。応用生物学部において、新規医薬品の研究開発を推進中です。タンパク質を主成分としたバイオ医薬品が主流となるなか、生物創薬研究室では、バイオ企業と共同で、バイオ医薬品が持つ副作用のリスクを抑えつつ高い血中安定性を実現する「ラクトフェリン」というたんぱく質と抗体の新しい融合技術を開発しました。高い薬効をもちつつ安全性を高めたバイオ医薬品の開発への貢献に期待されています。

東京工科大学 応用生物学部の入試・出願

東京工科大学 応用生物学部の就職率・卒業後の進路 

■2019年3月卒業生就職実績
味の素冷凍食品、アートネイチャー、アルソア本社、環境科学技術研究所、紀文食品、警視庁、コーセー、サティス製薬、資生堂、第一屋製パン、高梨乳業、デリア食品、日本ハム惣菜、日本電気通信システム、日本ロレアル、ビー・エム・エル、富士薬品、プライムデリカ、HOYA、ポーラ、ミルボン、ヤマト科学、雪国まいたけ、雪印メグミルク、ユニ・チャーム、理科研、佐野市役所 ほか

東京工科大学 応用生物学部の問い合わせ先・所在地

〒192-0982 東京都八王子市片倉町1404-1
0120-444-903 

所在地 アクセス 地図・路線案内
八王子キャンパス : 東京都八王子市片倉町1404-1 JR横浜線「八王子みなみ野」駅西口からスクールバス約5分
JR中央線「八王子」駅南口からスクールバス約10分

地図

 

路線案内


東京工科大学(私立大学/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る