• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • ゲーム
  • ゲームプログラマー
  • 仕事内容
ゲームプログラマーの仕事内容

ゲームプログラマーの仕事内容

ゲームプログラマーの主な業務は、プログラミング言語を用いてコンピュータに指示し、意図したとおり動くようにシステムを構築することです。
ひととおり仕上がってからも確認作業を繰り返し、不具合が出たら修正します。ゲームクリエイターが企画を提案した段階で、内容をチェックすることもあります。
クリエイターの理想が高すぎる場合は、実現可能なレベルにまで下げるように提案することもあるようです。

ゲームのプログラミング

ゲームクリエイターが作成した企画書や仕様書(設計図)にしたがって、C言語やC++、Javaなどのプログラミング言語を用いてコンピュータに指示し、意図したとおり動くようにシステムを構築します。
ひととおり仕上がると、意図したとおりプログラムが動くかどうか確認し、不具合を発見した場合は修正します。この作業を何度も繰り返し、最終チェックが終わるとようやくゲームが完成します。

企画内容をチェックする

ゲームクリエイターが企画を提出した段階で、ゲームプログラマーが内容をチェックすることもあります。
プログラミングについて熟知したゲームプログラマーは、この企画内容は実現可能なのか、想定された予算や期限内に完成できるのかといったことを判断できるからです。
クリエイターの求める理想が高すぎる場合は、実現可能なレベルまで下げるような提案 を行うこともあるようです。

ゲーム開発を支援するしくみ作り

ゲーム開発を支援するしくみ作りを行うのもゲームプログラマーの仕事のひとつです。
自社内で最新のプログラミング技術を使えない場合は、社内の開発環境を整備するように進言するほか、制作が滞りなく進行するようにゲーム開発支援ツールを作成することもあります。
ゲーム開発支援ツールとは、例えば、デザイナーが作成した3Dモデルを視覚的に確認するための画像ビューアなどのことです。こうしたソフトウエアを開発することによって、ゲームのクオリティーが向上し、ユーザー満足度を高めることにもつながります。

全国のオススメの学校

関連する仕事の仕事内容もチェックしよう

ゲームプログラマーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路