• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 札幌商工会議所付属専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 情報・マネジメント学科

北海道認可/専修学校/北海道

サッポロショウコウカイギショフゾクセンモンガッコウ

情報・マネジメント学科

定員数:
100人

情報と経営に関する知識・技術を学び、企業活動に必要な「情報」の活用技術を習得した人材を育成します。

学べる学問
  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    商学は、物を売り買いする、いわゆる商売(ビジネス)や企業の経営について学ぶ学問です。この学問に固有の理論や分析方法はなく、経済学や心理学、社会学といった学問分野の理論を応用して研究を進めます。いわば、さまざまな学問の詰め合わせ的な性質を持った学問といえるでしょう。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。情報学の知識や技術をもった人材へのニーズはさらに高まっていくに違いありません。就職などの将来性は、安定しているといえます。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 語学(英語以外外国語)

    アジア、ヨーロッパなどの各国の言語と文化・歴史などを学ぶ

    中国語、韓国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語などの外国語を使う力を養う。それぞれの言語を使う国々の文化、社会、政治、歴史などについても学び、外国への理解を深める。

目指せる仕事
  • 受付

    企業全体のイメージを決める役割も任う窓口役

    主な仕事は、来訪者の用件確認、アポイントメントの確認、関係者との連絡、伝言の伝達や客の接待、来訪者のチェックとそのリスト作成など。外国人の来訪が多い企業では英会話などの語学力が、受付がショールームにある企業ならばインストラクター的な商品知識が要求される。

  • 秘書

    良きパートナーとして多彩な業務で上司をサポート

    仕事内容は、補佐する上司によっても異なるが、一般的には、次の9つの業務になる。(1)スケジュール管理、(2)客の接遇、(3)文書作成と書類のファイリング、(4)事務機器の運用と管理、(5)上司の仕事の下準備と事後処理、(6)社内外の連絡・調整、(7)出張・交際などの手続きと費用の精算、(8)備品の購入、オフィス管理、(9)情報収集と整理など。

  • 一般事務

    データ入力や書類作りなどデスクワーク系作業で職場をサポート

    パソコンなどを使ってのデータ入力、資料や書類作り、社内連絡の取次やファイリングなど、周囲の業務を効率的に運ぶためのサポート的な作業を行う。デスクワークが主であり、仕事には正確性や効率性が求められる。

  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

初年度納入金:2019年度納入金(参考) 65万円  (その他、実習費12万、教材費7万円が別途かかります※学費については変更になる場合がございます)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

職業人に必要とされる情報・経営・財務分野の知識と技術を学びます
企業経営で必要となるIT・情報活用術・ファイナンシャルプランニング・簿記をはじめフィールドワークやコンテスト出場を通じて、実践的にマーケティング、事業の企画立案から会社の設立手続きまでを学び、企画力・コミュニケーション能力・起業家精神を身に付けます。

カリキュラム

情報・経営・財務分野の専門科目とビジネス教養科目の習得
情報分野ではIT関連知識全般、オフィスソフト、CGソフトの実習、経営分野では販売技法、市場調査に基づき事業計画の立案から発表までを学び、財務分野では商業簿記、金融資産管理などの幅広い知識を習得することで、将来、企業経営の中核を担い活躍できる人材を目指す。

資格

コンピュータに関連する資格と簿記や販売、金融資産管理の資格取得を目指す
目標とする資格は、ITパスポート<国>、日商簿記検定試験3級、ファイナンシャル・プランニング技能検定3級、日本語ワープロ検定3級、Excel(R)表計算技能検定試験1級、Access(R)ビジネスデータベース技能検定試験1級、リテールマーケティング(販売士)検定試験3級など、情報化社会で必要となる資格の取得を目指します。

奨学金

卒業後の返還義務が無い本校独自の奨学金制度も
奨学金制度は、日本学生支援機構奨学金制度(第一種月額5万3000円・6万円、第二種3万円~12万円を貸与)のほか、卒業後の返還義務が無い札幌商工会議所付属専門学校校友会奨学金給付制度(月額5000円)があります。

入試

推薦入学制度で入学金免除、その他特典制度あり
選考方法は書類選考及び面接。推薦入学制度では、入学金金額10万円及び選考料1万5000円の他、面接試験が免除されます。この他にも、AO入学制度や札幌商工会議所推薦など、入学金等が免除となる特典制度もあります。詳しくはお問い合わせください。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • IT パスポート試験<国> 、
    • 情報検定(情報活用試験)【J検】 (1級) 、
    • ファイナンシャル・プランニング技能士<国> (3級) 、
    • 色彩検定(R) (3級) 、
    • Excel(R)表計算処理技能認定試験 (1級) 、
    • Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験 (1級) 、
    • 日商簿記検定試験 (3級) 、
    • 文部科学省後援 ビジネス能力検定(B検)ジョブパス (3級)

    ・マネジメント検定(初級)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    岩田地崎建設(株) 、 (株)北洋銀行 、 横山食品(株) 、 (株)ホクレン商事 、 日本アイビーエム・ソリューション・サービス(株) ほか

※ 2018年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒003-0026 北海道札幌市白石区本通17丁目南5-15
TEL 0120-66-8220(フリーダイヤル)
ca-bosyu@sapporo-cci.or.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
北海道札幌市白石区本通17丁目南5―15 「南郷18丁目」駅から2番出口を出て徒歩 5分

地図

 

路線案内

※ 地下鉄南郷18丁目駅2番出口より徒歩5分