• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 茨城
  • 筑波研究学園専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • ITものつくり学科

筑波研究学園専門学校 ITものつくり学科

定員数:
50人

PC・コンピュータ・AI・ロボット…ITの基本と実践能力を身につけたIT人材を育成。

学べる学問
  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    情報学とは、社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問です。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    通信工学とは、パソコンやスマートフォンなどのコンピュータ関連やそれぞれをつなぐネットワークについて研究する学問です。通信とは、送信者から受信者へ情報を伝達すること。研究対象は、ハードウエアとソフトウエア、アナログからデジタルまでと多岐にわたります。数学と電磁気学を基礎とし。同時に、通信工学の基本となるコンピュータやネットワーク、プログラミングや電気回路などについて、座学と実験を通じて理解を深めていきます。IoT化が進むことを考えると、卒業後の活躍の場はあらゆる分野に広がっていくでしょう。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気工学とは、電気にかかわるありとあらゆることを研究する学問です。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。まずは高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、専門の研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

目指せる仕事
  • 販売・接客・サービス

    お客様が快適なひとときを過ごしたり、買い物を楽しんだりできるようサービスを提供

    ショップやレストラン、ホテルなどでお客さまに応対する仕事。お客さまが快適なひとときを過ごしたり、不便なく買い物を楽しんだりできるよう最適なサービスを提供する。販売では、商品に対する質問に答え、適切な助言を与える。お客さまの買い物アドバイス以外に、販売事務、商品管理、レジスター、苦情処理、顧客情報の収集などの仕事にもあたる。相手が何を望んでいるかをくみ取ってコミュニケーションする力が求められる。また、相手に好印象を与える接遇マナーも必須の仕事だ。

  • 一般事務

    データ入力や書類作りなどデスクワーク系作業で職場をサポート

    パソコンなどを使ってのデータ入力、資料や書類作り、社内連絡の取次やファイリングなど、周囲の業務を効率的に運ぶためのサポート的な作業を行う。デスクワークが主であり、仕事には正確性や効率性が求められる。

  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • セールスエンジニア

    コンピュータの知識豊富な販売員

    中・大型コンピュータ、OA機器販売をする仕事。単に販売するだけではなく、最新システム情報の提供や、経営面でのコンサルティングも担うので、システムの専門知識や、コンピュータ操作力、技術力なども求められる。

  • CAD技術者

    CADを使って正確な図面を作成する

    建築会社、自動車、家具など製図が必要な各種のメーカーで、CADを使った図面製作を担当する。設計者が描いたラフスケッチを正確な図面におこしたり、指示に従い図面の訂正をするなどの仕事が中心。

  • ロボット設計技術者

    安全性・生産性の高いロボットを作る

    産業分野では、危険を伴う作業を安全に行ったり、生産性を向上するためにさまざまな産業用ロボットが活躍している。主に、それらのロボットの設計にかかわる仕事。効率よく作業をさせるためのシステム選びや部品選びをし、作業能力の高いロボットの構造を設計していく。

  • 電気工事士

    電気配線工事を一手に引き受ける

    電気工事士には第1種と第2種があり、それぞれ工事範囲が決められている。第2種は、一般家屋の屋内配線や電気照明の設備取りつけが主な仕事。第1種は、大規模な工事や工場やデパートなどの構内配線、変電室の配電など変電電力の大きい設備の工事を手がけることができる。第1種、2種ともに学歴、年齢、経験などの受験制限はない。

  • 電子機器技術者・研究者

    電子回路の組み込まれた製品の開発・研究

    冷蔵庫やテレビなどの家電製品をはじめ、パソコンやインターネット技術などあらゆる電子機器の回路設計や製造技術などの開発を行う。電子回路そのものの研究や、新たな電子機器への応用技術などを研究する人もいる。

  • カスタマーエンジニア(電気・通信機器)

    通信機器やOA機器の導入・保守・点検などを行うエンジニア

    通信機器やOA機器などを導入する際のセッティングや保守・点検、修理などを担当するエンジニア。導入先である企業を訪れて、現場で仕事をする。担当エリア内で複数の顧客を担当していることが多い。トラブルの際には現場に急行し、迅速に故障・障害の原因を探って、修理や機器の交換などを行う。扱う製品やサービスに応じて、電気・機械・通信系の専門知識・技術が求められる。また、顧客と直接接する仕事なので、コミュニケーション能力も大切だ。

初年度納入金:2021年度納入金 102万円 
年限:2年制

筑波研究学園専門学校 ITものつくり学科の学科の特長

ITものつくり学科の学ぶ内容

機械、IT、電子、電気などロボット関連技術を持つ技術者を育成「ロボットコース(2年制)」
ロボット製作に必要な技術を身につけるなかで、ものつくり産業において活躍できる人材を育てる。特にITの基礎をしっかりと学習。ロボット制御だけでなく、AI(人工知能)やIoTなどの注目技術の活用方法も学ぶ。さらに、機械や電子・電気などの基本技術を習得することにより、卒業後の活躍の場が広がる。
企業ニーズの高いシステムエンジニア(SE)を育成「システム開発コース(2年制)」
国家試験である基本情報技術者試験の合格を目指すとともに、システムの設計からプログラミング、データベース、テスト、導入までの開発技術を基礎からしっかりと学ぶ。また、実習を通して、システム開発の実践力を養う。IT企業はもちろん、研究所や一般企業のIT職への就職の道も開ける。
データ活用を実践できるビジネス系ITスペシャリストを育成「情報処理コース(2年制)」
日々進化するオフィス環境にITを取り入れて有効活用するため、国家試験である基本情報技術者試験・ITパスポート試験の合格を目指すとともに、クラウドやデータ、RPAの活用、コンピュータ会計実務について学ぶ。デジタル化していく企業内で、データ活用や業務の効率化を実践できるビジネス系ITスペシャリストが目標。

ITものつくり学科のカリキュラム

完全共通カリキュラム学びながら選べる3コース制
入学後の6ヵ月間は、ITものつくり学科の全員が、同じカリキュラムでITの基礎を学ぶ。学びながら希望コースを選ぶことができるので、入学前に進路を絞りきれない場合や、入学後に別コースに興味を持った場合も安心。

ITものつくり学科の学生

  • point キャンパスライフレポート

    IT業界でエンジニアとして働く自分をイメージし、精一杯知識・技術の習得に励んでいます。

    いちばんの決め手は茨城県内トップクラスの就職率の高さです。ITエンジニアになると決めていたので、必要な資格を複数取得でき、確実に就職できる学校を探しました。本校は多くの企業と連携した産学協同の学校で、実践で役立つ技術が身につく事も魅力でした。

    筑波研究学園専門学校の学生
  • point キャンパスライフレポート

    モノ作りを通して、人を感動させられるようなエンジニアを目指しています!

    小さい頃から工作が好きで粘土でよく遊び道具を作っていました。それを見ていた両親が本校を勧めてくれてこの学科に進みました。授業は一人でコツコツより仲間とチームを組みモノを仕上げていくことが多く、社会での実務を早くから経験できていると感じます。

    筑波研究学園専門学校の学生

ITものつくり学科の資格

国家試験「基本情報技術者試験」合格に向けた本気カリキュラム!
IT業界就職に有利な「基本情報技術者試験」の全員合格を目指して、十分に学べるカリキュラムを実現。学生全員に多くの資格を取得して社会へはばたいてもらうために教員が授業以外にサポートする「受験対策講座」も好評。
情報処理技術試験午前試験が免除
本校の学生はサーティファイ情報処理技術者能力認定2級の取得と、校内で開設される講座を受講し修了することで、IT分野で権威のある国家資格「情報処理技術者試験」の午前試験が免除される。午後の試験に合格すれば国家資格が取得できるという、大変有利な講座を受講できる。

筑波研究学園専門学校 ITものつくり学科の募集コース・専攻一覧

  • ロボットコース(2年制)

  • システム開発コース(2年制)

  • 情報処理コース(2年制)

筑波研究学園専門学校 ITものつくり学科の学べる学問

筑波研究学園専門学校 ITものつくり学科の目指せる仕事

筑波研究学園専門学校 ITものつくり学科の資格 

ITものつくり学科の目標とする資格

    • 応用情報技術者試験<国> 、
    • 基本情報技術者試験<国> 、
    • IT パスポート試験<国> 、
    • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS) 、
    • サービス接遇検定 、
    • Java【TM】プログラミング能力認定試験 、
    • 2次元CAD利用技術者試験 、
    • 電気工事士<国> (第二種) 、
    • ガス溶接技能講習<国> 、
    • 3次元CAD利用技術者試験 、
    • C言語プログラミング能力認定試験

    電子会計実務検定
    アーク溶接特別教育講習

筑波研究学園専門学校 ITものつくり学科の就職率・卒業後の進路 

※ 想定される活躍分野・業界

ロボット・システムエンジニア、ネットワーク管理者、プログラマー、事務、営業販売 他

筑波研究学園専門学校 ITものつくり学科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒300-0811 茨城県土浦市上高津1601
フリーダイヤル0120-508-298
nyugaku@tist.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
茨城県土浦市上高津1601 「土浦」駅から桜ニュータウン行 関東鉄道バス6番 15分

地図

 

路線案内