• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京バイオテクノロジー専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • バイオテクノロジー科(4年制)
  • DNAコース

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウバイオテクノロジイセンモンガッコウ

DNAコース

バイオ医薬品やゲノム編集など、最先端現場の実験技術者になる。

学べる学問
  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    人が生きる基本の「食」を支える分野。食料や資源の効率的な栽培・生産を研究する。生産方法、環境・生態系の修復、新種開発、農業ビジネスなど、研究は多岐にわたる。

目指せる仕事
  • 農業技術者・研究者

    効率的な農業経営のため、農機具や農薬、肥料、種などの開発・研究を行い、技術指導や生産相談にのる。

    農業技術者は、都道府県の農業試験場で増殖技術や肥料、環境に配慮した農薬の開発などで農家を支援する。また、地域の農業改良普及センターでは、農業技術者が農業改良普及員として活躍し、より農家と密着した作物栽培へのアドバイスを行ったり、農機具や経営の相談に乗ったりする。種苗会社や肥料、農薬、農機具などのメーカーでも、農業技術者がよりよい製品の開発などで活躍している。一方、農業研究者(農学研究者)は、バイオテクノロジーを活用した作物の改良や、土壌改良など、科学的な研究によって農業を支える。

  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 生物学研究者

    微生物からヒトまで、生命の誕生や進化、生態など独自のテーマで生物に関する研究を行う。

    地球上に1千万種以上いるといわれる生物に関して、その体の仕組みや成育の特徴など、各自のテーマを追求するのが生物学研究者。生態や体の仕組みが解明されているのはほんの一部。微生物やプランクトン、動物、植物など、すべての「生物」に注目すると、まだ地球上はわからないことだらけ。それらの調査を行い、時には実験を繰り返し、データを蓄積することで、結果的に新しい発見につながる可能性が大きい。バイオテクノロジーや免疫など、さまざまな分野での期待も大きい。

  • 生命工学研究者

    遺伝子の成り立ちや組み換えなど生物を分子レベルでとらえ、大学や各種研究機関で新たな研究・開発を行う。

    遺伝子の成り立ちや細胞学、生命科学などの成果を、製薬や食品などの工業分野にフィードバックし、生産力をあげたり、新製品の開発につなげるための研究を行っているのが生命工学研究者。分子レベルで生物をとらえ、さまざまな生命や体のメカニズムを解明しようとしている。ある特定の遺伝子の働きが実際にDNAのどの部分で働いているのかなど、マウスを使った実験を繰り返すことで解明しようとする研究者がいたり、実験用の均質なマウスを、遺伝子操作によって作り出すといった実験を繰り返す研究者もいる。

  • 生理学研究者

    広範囲に生命現象(生体の働き)を解明する。脳生理学など、専門分野にわかれて研究する

    生理学は医学とともに昔から研究されてきたテーマである。「生体の機能のメカニズムを明らかにしてその意義を明らかにする学問」である。分子レベルでの研究などが進む中、個別の働きではなく、関連した複数の機能(生態学的、心理学的現象を含めた)を解明しようという研究分野。対象が生きた条件下でリアルタイムに観察するというのが特徴。生体の機能のメカニズムを明らかにするということから、脳生理学など専門分野にも分かれている。大学や病院などの研究機関などで、医学的なアプローチや情報処理的なアプローチなどがされる。

  • 環境分析技術者

    環境汚染物質などの測定・分析をする

    例えば大気中の二酸化炭素の濃度、水質汚濁が生態系に与える影響、ダイオキシンによる地質汚染などを野外で計測・調査し、環境破壊や、環境汚染が実際にどのように進行しているかを調べる。また、専門知識を持って、結果を参考に分析や研究を行う。

  • 医学研究者

    さまざまな角度から、病気の原因やメカニズム、治療方法などを科学的に研究する。

    医学研究者は「基礎医学研究」と「臨床医学研究」に大きく分かれる。基礎医学研究は分子生物学や化学、工学などの研究方法によって、遺伝子、免疫、生化学、衛生、生理、解剖など、さまざまな角度から病気の原因やメカニズムを解明し、治療方法を科学的に研究する。そのため医学部の出身者だけでなく、工学や理学、薬学、農学など、さまざまな学部から医学研究者になる道がある。臨床医学研究は患者の治療を通じて病気を研究し、治療方法などの検証や研究を行う。こちらは医師国家試験に合格し、医師として仕事をすることが前提となる。

  • 病理学研究者

    患者がどのような病気にかかっているか調べたり、病気にかかった細胞を観察・分析して病気を研究する。

    病理学研究者の役割は大きく二つに分かれる。ひとつは、患者の細胞を採取して、どのような病気にどの程度かかっているかを診断する「病理診断」。この場合、診断結果をカルテに記入して医師に渡すが、時には医師と話し合い、直接患者に病状の説明などを行い治療に強力することもある。そしてもうひとつの役割が、細胞などを観察・分析して、なぜ病気にかかるのか、どのように進行するのかなど、病気そのものを研究する「病理研究」の仕事がある。仕事場は、病院または大学などの研究室。研究結果を論文として発表し、医学会に貢献する。

  • 製薬開発技術者・研究者

    製薬会社や化粧品会社などの研究機関、大学の研究室などで製薬に関する研究や製造技術の開発・研究を行う。

    製薬開発技術者は、主に製薬会社や化粧品会社などで製品の開発のための企画立案や計画を立てて製品化を実現したり、品質検査や製造工程のチェック・指導など、製造に関する技術指導・管理などを行う。製薬開発研究者は、企業をはじめとした各種研究機関や大学の研究室などで、新薬の開発のほか、素材や化学物質の基礎研究、新薬開発のための製造技術の開発・研究など、それぞれの専門分野をもとに、「製薬」に関わる新しい研究を行う。高度な専門知識を必要とするため、多くは大学院で専門の研究を経て研究者となるのが一般的。

初年度納入金:2017年度納入金 138万円  (教材費別途)
年限:4年制

学科の特長

カリキュラム

DNAやRNA、タンパク質の先端的な研究現場で技術者となるカリキュラム!
最前線の研究機関や企業から現場で求められる人材を調査し、業界ニーズを反映させたカリキュラムの編成を行っています。例えば、生命の設計図であるDNAの配列を読み解く「遺伝子解析実習」、DNAに基づくタンパク質の精製・解析の技法を習得する「タンパク質解析実習」など業界に合わせたカリキュラムとなっています。

研究テーマ

研究成果を世界と競うインターンシップ先で卒業研究ができる
卒業研究は、長期インターンシップで研究成果を世界と競っている研究所や大学の研究室で行います。ガン遺伝子の解析、タンパク質の機能解析、バイオ医薬品の開発などの研究テーマに関する実験を進めます。学内では、企業などとの協同研究を行います。研究成果により、卒業前に学会発表や論文を発表する方もいます。

資格

業界のニーズに合わせたカリキュラム~知的財産管理技能検定3級取得をめざす~
DNAコースでは業界のニーズに合わせ、知的財産管理技能検定3級<国>の資格習得サポートとして、3年次のカリキュラム内に45時間の対策講座と集中講座を取り入れています。

施設・設備

現場で即戦力となるための技術を磨くための機器がそろっています
遺伝子工学、タンパク質の取扱いなどに用いる機器や物質の分析機器など現場で即戦力となるための技術を磨くための機器がそろっています。

教育目標

DNAの研究技術者をめざそう!
実習、講義を通して、核酸(DNA、RNA)の抽出から解析、タンパク質の精製と解析、そして動物細胞培養技術など研究現場で技術者として正確なデータを取るために必要なスキルと知識を習得することで、先端的な研究現場で研究技術者として働きます。進学をして研究者としての道もあります。

研修制度

約1年半のインターンシップ制度が就職への近道=インターンシップで即戦力の技術者に!
毎年100以上の研究室や企業のインターンシップ受け入れ先があり、DNA解析、タンパク質解析を行う研究所も多数あります。インターンシップ先では卒業研究をしながら社会性や専門技術を習得します。<インターンシップ先実績>国立成育医療研究センター、東京医科歯科大学、国立がん研究センター

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • バイオ技術者認定試験 (上級・中級) 、
    • 知的財産管理技能検定<国> (3級) 、
    • 毒物劇物取扱責任者<国> 、
    • 特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者<国> 、
    • 有機溶剤作業主任者<国> 、
    • 危険物取扱者<国> (乙類4種) 、
    • コミュニケーション検定

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    東京大学 、 (株)ADEKA 、 (株)セルテクノロジー 、 (株)ステリック再生医科学研究所 、 ステインケミカル(株) ほか

※ 2016年3月卒業生実績

遺伝子やタンパク質など基礎研究を必要とする企業・公的研究機関で活躍します。

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒144-0032 東京都大田区北糀谷1-3-14
TEL03-3745-5000
info@bio.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都大田区北糀谷1-3-14 「梅屋敷(東京都)」駅から徒歩 10分
「大森(東京都)」駅から京急バス 15分 北糀谷下車 徒歩 1分

地図

 

路線案内


東京バイオテクノロジー専門学校(専修学校/東京)