• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京福祉専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 作業療法士科

東京都認可/専修学校/厚生労働大臣指定/東京

トウキョウフクシセンモンガッコウ

作業療法士科

定員数:
40人

現場に直結した「体験型」の学びで“今”求められる作業療法士になれる

学べる学問
  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

目指せる仕事
  • 作業療法士

    さまざまな作業を通して、高齢者や障がい者の社会適応力を育てる“リハビリの専門家”

    工芸、手芸、園芸、絵画、玩具操作などの作業技法を使って、病後や障害の機能回復や日常生活動作の維持や改善を図る仕事。生活場面での応用的な動作能力にとどまらず、精神的・心理的な安定を目的としているところが、理学療法士と違うところ。また、作業療法は職業準備訓練という目標をもつ。

初年度納入金:2020年度納入金 178万円  (このほかに、教科書・教材費等の諸費用と総合演習費がかかる)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

「現場体験プログラム」を通して、自然と現場で覚えられる
学内附属施設で行う「現場体験プログラム」で、対象者を支える作業療法士の働き方を見学したり、こどもから高齢者への関わり方を学んでいきます。さらに現場を体験するからこそ、教科書や試験問題を映像としてイメージできるようになり、授業の理解にも繋がります

授業

「体験型授業」だから授業がわかる!楽しい!
50%以上の授業は「体験型授業」になります。学習の定着率も「講義を聞く」よりも、「体験する」方が、15倍も高いという驚くべき数字があります。クラスメイトと共にコミュニケーションを取りながら体験的に学ぶため、授業がわかりやすく、だからこそ楽しく感じられます

実習

26週間の現場実習と独自の実習前後教育が充実
学外で知識や技術を得る現場実習プログラムが充実。1年次は見学、体験実習、2年次は医療機関で検査測定評価実習、3年次は臨床実習に取り組み、実習時間は合計で26週間。実習前の不安等は事前教育で解消、実習後に体験してきた内容を振り返ることで、知識や技術の吸収を深められます

学生

  • point キャンパスライフレポート

    目指すは、共に歩んでいける作業療法士! 高齢者の方の力になりたい!

    小学生の時に訪れた高齢者施設での触れ合いがきっかけでこの道を目指しました。学校を選んだ理由は、校舎も施設もキレイで、また先生とも気軽にコミュニケーションが取れて、とても学びやすいと思ったからです。

    東京福祉専門学校の学生

卒業生

  • point 先輩の仕事紹介

    手作りの福祉用具でリハビリをサポート。利用者の方の笑顔がいちばんの喜び!

    私たちが普段無意識にやっている日常生活の行動は、実は複雑だったりします。私たち作業療法士は、そういった人間の行動を段階づけて、利用者の方が動きの「どこの段階でその行動につまづいているのか」を考え、リハビリの方法を提案していきます。例えば、ボタンをかける作業ができない場合、ボタンの…

    東京福祉専門学校の卒業生

卒業後

リハビリの専門知識を病院、福祉施設で活かす
作業療法士の資格取得後は、医療機関などで、専門職の作業療法士として活躍することができます。身体や精神に障がいを持ち、作業療法を必要としている人たちは病院などの医療機関だけでなく、社会福祉施設、介護老人保健施設、福祉センター等の公的機関、その他介護保険適用施設などにも多数います

資格

学校独自の「年12回の模擬試験」と「Webを使った対策システム」で全員合格をめざす
3年次に作業療法士国家試験の受験資格を取得し、卒業時の2月に作業療法士国家試験を受験します。国家試験対策講座やセミナーで、個別面談や年間12回の模擬テストを実施し学生一人ひとりを合格に向けてバックアップ。合格率92.6%(2016年3月卒業生実績 81名受験中75名合格)

雰囲気

「卒業しても支えてくれる先生がいる」
卒業してからも東京福祉の先生に相談したことがありました。仕事のやり方が作業療法士の枠から外れている気がして、先生に相談した際、「あなたは作業療法士なんだから、あなたがやっていることが作業療法なんだよ」と励まされました(作業療法士・浮ヶ谷俊博さん)

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 作業療法士<国>

目標とする資格

    JESC認定コミュニケーションスキルアップ検定[本学園独自]

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 31名中31名 )

主な就職先/内定先

    苑田会リハビリテーション病院 、 世田谷記念病院 、 季美の森リハビリテーション病院 、 葛西昌医会病院 、 久喜すずのき病院 、 東京さくら病院 、 おゆみの中央病院 、 新越谷病院 、 行徳総合病院 ほか

※ 2018年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒134-0088 東京都江戸川区西葛西5-10-32
フリーダイヤル 0120-21-2323

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京福祉専門学校 : 東京都江戸川区西葛西5-10-32 「西葛西」駅から徒歩 8分

地図

 

路線案内