• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • 幼稚園教諭
  • 志望動機を教えて!
やりたいことを見つけよう!

幼稚園教諭の志望動機を教えて!

子どもが好きという思いが最初のきっかけになり、幼稚園教諭になりたいと思うようになったという人が多いようです。また、実際に学校で勉強し、実践を積んでいくなかで、子どもたちを預かり、人生で最初の教育を行うことの重大さに気づき、身を引き締めるようになったという先輩もいます。子どもはかわいいという思いはもちろん大切ですが、「教育」という観点から子どもと向き合いたいという思いがあるかどうかを、しっかり自分のなかで考えてみましょう。

子どもが好きという思いが原点

弟や妹、近所の子どもたちと遊ぶことが楽しく、子どもにかかわることができる仕事に就きたいと自然に思うようになった人など、もともと子どもが好きだったことから幼稚園教諭を目指したという人が多いようです。その思いから、幼稚園教諭免許状が取れる学校に進学し、授業を受けるなかで、子どもの命を預かる責任の重大さと子どもの成長をサポートする楽しさを改めて感じた、という声もあります。

子どものころに出会った先生に憧れて

「いつも愛情をもって接してくれた」、「笑顔がやさしく、じっくり話を聞いてくれた」など、自分が幼稚園に通っていたときの先生との出会いが印象に残り、進路を考え始めたときに、自分も誰かの心にずっと残れるような先生になりたいと、幼稚園教諭を目指す人も多いようです。また、幼稚園教諭として働く母親の背中を見て育ち、自分も母親のような先生になりたいという思いを抱いたという人もいます。

学校の授業で興味をもつように

中学校や高等学校での職業体験やインターンシップで、幼稚園や保育園を訪れ、子どもたちとかかわることのすばらしさを知り、幼稚園教諭を目指すようになったという先輩も。子どもへの関心がそれほど高くなくとも、中学校や高等学校でさまざまな授業を受けるなかで、将来の進路として考えるようになることもあります。

友人の勧めが目指すきっかけに

「進路に悩んでいたとき、友人に誘われて行った保育実習で、子どもたちが『先生、さようなら!』と笑顔で声をかけてくれたのがとてもうれしかった」、「子どもたちと接するなかで、だんだんと幼稚園教諭の仕事に興味をもつようになった」など、大学に進学してから、人生で最初の学びとなる幼児教育の大切さを知り、幼稚園教諭を目指すようになったという場合もあります。

幼稚園教諭に関連する記事

幼稚園教諭に関連する学問

幼稚園教諭を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路