• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 福祉
  • 精神保健福祉士
  • 気になる?年収・給料・収入
やりたいことを見つけよう!

精神保健福祉士の気になる?年収・給料・収入

雇用形態によって収入はさまざまですが、常勤職員として働く場合の給与は、ほぼ国家公務員に準じると考えればいいでしょう。基本給は安いものの、賞与や手当面で優遇されている傾向があります。ちなみに年収の平均は350~400万円ほどです。

詳細

精神保健福祉士を含め、福祉関連の専門職に就く人は「障がい者の役に立ちたい」との思いが強く、なかには給与に対する関心が薄い人も見受けられます。しかしボランティアでなく、責任あるプロとして仕事にかかわる以上、正当な対価を得るのは当然のことです。給与はもちろん、休日、福利厚生などの待遇についても関心をもつ姿勢は重要です。

公立の精神科病院の場合

公立の精神科病院の場合、国家公務員、地方公務員給与規定に基づきます。常勤職員として働く精神保健福祉士の給与レベルは、民間の社会福祉法人、精神科病院、個人クリニックなどでも、ほぼ国家公務員の給与に準じるところが多いようです。

平均年収は350万円前後

全体の平均年収は347万円で、男性が403万円、女性が321万円。おおむね年齢が高くなるほど年収は多くなっています。また、雇用形態別に見ると、「正規職員」では男性が426万円、女性が368万円。「非正規職員(常勤)」では、男性が274万円、女性が239万円です(公益財団法人社会福祉振興・試験センターによる2015年度「精神保健福祉士就労状況調査」より)。

福利厚生はまちまち

福利厚生については職場によってまちまちです。住宅手当などの各種手当は給与に加算されますから、あるとないのとでは、収入に差がつきます。待遇についても、就職前に確認しておいたほうがよいでしょう。社会保険はほとんどの職場で加入しているとみていいでしょう。

精神保健福祉士に関連する学問

精神保健福祉士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路