• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 安田女子大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 家政学部
  • 造形デザイン学科

私立大学/広島

ヤスダジョシダイガク

造形デザイン学科

募集人数:
80人

アナログとデジタルを融合し、新しい表現方法を追求。表現力を活かし幅広いフィールドで活躍できる人材を育成する。

学べる学問
  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 生活科学

    人々の生活の合理化や充実を、学術的アプローチで研究する

    衣・食・住から人間関係、健康、環境、文化など生活者の視点を基盤にしてライフスタイル全般を学ぶ学問。家庭生活の向上や快適な生活環境を創ることを目指す。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    実習・実験を中心に、精密機械や工作機械、ロボットなどの機械や装置を作るためのテクノロジーを研究する。材料、設計、制御、加工などの領域を学び、実習も多い。

目指せる仕事
  • 営業

    商品や企画を売るため、企業の最前線で活躍する

    取引先の開拓と、営業活動を行う。取り扱う商品により営業方法も異なり、店舗営業型、ルート営業型、窓口営業型、新規開拓型営業などさまざま。どちらにしても会社の利益をあげるための重要な仕事。売り上げを伸ばすためには、自分の提案内容や、お客様との人間関係が大きなポイントとなる。

  • 企画・調査

    会社の事業戦略のおおもとになるデータを収集・分析し戦略の方向性を示す

    民間企業などで、事業戦略を定める際、その基礎となるさまざまなデータを収集し戦略の方向性を示す仕事。業績の詳細な分析、市場規模や消費者のニーズの調査、予算シミュレーションなど、緻密な作業と分析力が必要とされる。あらゆる業種の企業にあり。

  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • 映像ディレクター

    番組制作の監督であり、演出家

    TV番組のコンセプトなどプロデューサーが行った大枠の決定に従って、番組を実質的に制作し、演出するのが仕事。局によっては、取材、構成、台本などまですべて一人で担当する場合もある。アシスタント経験を要するのが現状。

  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • 広告会社営業

    企業に広告宣伝を提案し、売り込む

    普段から業界の動向、各企業の経営などを分析し、どこにどのような広告を提案すれば契約してもらえるか戦略を立て、営業する。契約後は制作スタッフとの間で、効果的な広告を作る調整役となる。

  • 宣伝

    自社製品の広告制作窓口

    自社製品を広く告知するための広告制作、ポスター・CM制作、カタログ制作、イベント、一般問い合わせ対策などの企画・実施を行う。また、社内報の編集、社史編纂、CI統括、会社案内制作などの仕事をするケースもある。自社製品や業界情報に精通するための勉強は欠かせない。

  • 工業デザイナー

    家電など工業製品を機能的で美しくデザイン

    ボールペンから飛行機まで、さまざまな工業製品の形と機能性をデザインする。新製品の開発の仕事が多く、メーカーの開発担当者と相談しながら、最適なデザインを決め、模型を作り、改善して最終的なデザインを決定していく。

  • イラストレーター

    雑誌や広告などに使われる個性的な作品を描く

    雑誌、書籍、広告などの印刷メディアにイラストを描く。独自の作風を持っていること、クライアントの要望に応じた作品を作り上げる器用さも要求される。イメージをイラストに置き換える能力や感性、作品を想像する力も必要。

初年度納入金:2017年度納入金 145万3500円  (入学金23万円含む)

学科の特長

学ぶ内容

3つの領域で、感性を形にできるスキルを身につけます
(1)感性造形:絵画、デッサン、陶芸など多彩な表現方法を学び芸術的創造力を養成。(2)メディア造形:グラフィックデザイン、撮影・映像編集等の知識・技術を修得し多様な表現技術を磨きます。(3)形状造形:3Dプリンタに代表される立体デザインや、様々な材質にデザインを行う技術を修得し総合造形力を身につけます。

カリキュラム

相手の立場に立って考え、専門性を活かす「コミュニケーション・ベースド・ラーニング」を実現
社会は人のつながりで成り立っています。職業人として力を発揮するためには、相手の立場に立って考えるコミュニケーション力が不可欠。本学科では相手の意図を汲み、伝えたいメッセージやイメージを形にする力を身につけるため、企画作りを通した学習方法を導入し専門性とコミュニケーション力をそなえた人材を育成します。

授業

感性造形の基礎となるデッサンを学ぶ「生活美学演習(デッサンI・II)」
動・静物の形態や、明暗を平面に描画し再現するデッサンを実践を通して学びます。日常生活に関わる風景や人物を題材に、鉛筆や木炭、ペン、水彩など多様な素材を使って、デッサンを行える技術と形状と本質をとらえる観察眼を身につけます。

実習

イメージを立体で造形する「形状造形演習(立体I・II)」
自分の頭の中だけにあるイメージや形をデータ化し、立体に造形する授業です。3DCADや3Dプリンタなどの3次元造形装置を使いこなす知識・技術を身につけ、樹脂や石膏、金属といった様々な素材を用いて、自由で独創性あふれる作品制作を行います。

卒業後

確かな専門性と「安田らしい」人間育成で、幅広い分野で活躍できる人材に
活躍のフィールドは一般企業の商品企画・広報・マーケティング部門のほか、プロダクトデザイナーやWeb・グラフィックデザイナーなど、高度な専門職への道も拓かれています。創造力とオリジナリティ、実践的なスキルを身につけるとともに人間的な魅力もそなえた職業人としての活躍が期待されています。

クチコミ

地元・広島のプロスポーツチームの試合中継やグッズ開発に挑戦
メディア造形領域のプロジェクトペーストラーニングの場として、プロサッカーチームの試合中継や撮影を行っています。2016年で11シーズン目を迎えたこの試みでは、試合の撮影・記録に加え、試合前の場内演出のリハーサル、中継カメラまでを担当。また、プロ野球球団のグッズ開発プロジェクトにも意欲的に取り組んでいます。

学べる学問

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

広告代理店やデザイン会社や、製造・販売会社の営業・企画・宣伝など幅広い分野での活躍が期待されます

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒731-0153 広島市安佐南区安東(やすひがし)6-13-1
TEL082-878-8557(入試広報課)
nyushi.box@yasuda-u.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
安東キャンパス : 広島県広島市安佐南区安東6-13-1 アストラムライン「安東」駅から徒歩 約4分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

安田女子大学(私立大学/広島)