• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 沖縄国際大学

私立大学/沖縄

オキナワコクサイダイガク

沖縄には世界を感じる学びがある。ジンブンを育み、社会のフォロワーを目指そう!

アジアの十字路に位置する沖縄で、社会に貢献できるフォロワーを育成する大学。多くのチャンスと活気にあふれるキャンパスです。ここであなたに必要なジンブン(=沖縄の方言で「知恵」の意味)を発見してください。

沖縄国際大学の特長

学校の特長1

「もっと知りたい!!」そんな意欲に応える“沖国ならでは”の多彩なカリキュラム

本学では、沖縄、日本、そして世界を視野に入れ、様々な視点をもって学ぶカリキュラムを設置。講義では教室を飛び出し現地に赴き、自分で見て、聞いて、自然や歴史、そして社会と直接かかわりながら、挑戦や経験を重ねていく機会が豊富にあります。また学部学科に関係なく学べる『共通科目』では、哲学から沖縄の芸能、パソコンにエアロビクスまで、幅広く科目を設置しています。教員が研究室に待機し相談を受ける『オフィスアワー』と、主にゼミ担当教員が学生の学修目標にそって科目を指導する『アカデミック・アドバイザー』。これらの学習カリキュラムと制度で、学生が自身の適性や志向に合わせて学習できる環境を整えています。

学校の特長2

新3号館完成!沖縄国際大学に新しいシンボルが誕生しました

大学の頭脳・心臓部として、知的生命力を生み出すシンボル棟にふさわしく、美的・文化的かつ格調高い図書館。利用者である学部学生や大学院生の学習・研究成果が上がるよう、蔵書数約48万冊、PC、CD、LD、DVD、ビデオ、海外衛星放送が利用可能。定期的にワークショップを開催し、卒業論文やレポート作成のための資料の探し方から情報の検索方法まで学べる機会も設けています。また、外国語センターでは、個々のペースで語学を習得するCALL(語学学習システム)、語学ライブラリーをはじめ、語学検定対策や合宿セミナー、ランチタイム英会話など、外国語の習得に様々な機会とサポートを用意。海外留学制度や留学のための奨学金も充実しています。

学校の特長3

海外・国内の協定校への留学制度と、キャンパスでの活発な学生交流

海外の国外協定校(台湾、韓国、中国、英国、エジプト、フランス、オーストラリア、米国、カナダ、スペイン)とは、学生交流、教職員交流、学術交流などの様々な交流が行われ、今後もさらに推進、拡大していく予定です。1年間の短期派遣留学生には、奨学金も支給しています。また、国内の協定校(札幌学院大学、桜美林大学、名城大学、京都学園大学、松山大学、熊本学園大学)への1年間の交換留学制度もあり、それぞれの地域の文化や歴史に触れることにより、様々な視点で物事を捉える視野を身につけることができます。海外、国内の協定校からも多くの学生が留学してきており、キャンパスでは多様な学生がともに学生生活を送っています。

右へ
左へ
学校の特長1

「もっと知りたい!!」そんな意欲に応える“沖国ならでは”の多彩なカリキュラム

本学では、沖縄、日本、そして世界を視野に入れ、様々な視点をもって学ぶカリキュラムを設置。講義では教室を飛び出し現地に赴き、自分で見て、聞いて、自然や歴史、そして社会と直接かかわりながら、挑戦や経験を重ねていく機会が豊富にあります。また学部学科に関係なく学べる『共通科目』では、哲学から沖縄の芸能、パソコンにエアロビクスまで、幅広く科目を設置しています。教員が研究室に待機し相談を受ける『オフィスアワー』と、主にゼミ担当教員が学生の学修目標にそって科目を指導する『アカデミック・アドバイザー』。これらの学習カリキュラムと制度で、学生が自身の適性や志向に合わせて学習できる環境を整えています。

学校の特長2

新3号館完成!沖縄国際大学に新しいシンボルが誕生しました

大学の頭脳・心臓部として、知的生命力を生み出すシンボル棟にふさわしく、美的・文化的かつ格調高い図書館。利用者である学部学生や大学院生の学習・研究成果が上がるよう、蔵書数約48万冊、PC、CD、LD、DVD、ビデオ、海外衛星放送が利用可能。定期的にワークショップを開催し、卒業論文やレポート作成のための資料の探し方から情報の検索方法まで学べる機会も設けています。また、外国語センターでは、個々のペースで語学を習得するCALL(語学学習システム)、語学ライブラリーをはじめ、語学検定対策や合宿セミナー、ランチタイム英会話など、外国語の習得に様々な機会とサポートを用意。海外留学制度や留学のための奨学金も充実しています。

学校の特長3

海外・国内の協定校への留学制度と、キャンパスでの活発な学生交流

海外の国外協定校(台湾、韓国、中国、英国、エジプト、フランス、オーストラリア、米国、カナダ、スペイン)とは、学生交流、教職員交流、学術交流などの様々な交流が行われ、今後もさらに推進、拡大していく予定です。1年間の短期派遣留学生には、奨学金も支給しています。また、国内の協定校(札幌学院大学、桜美林大学、名城大学、京都学園大学、松山大学、熊本学園大学)への1年間の交換留学制度もあり、それぞれの地域の文化や歴史に触れることにより、様々な視点で物事を捉える視野を身につけることができます。海外、国内の協定校からも多くの学生が留学してきており、キャンパスでは多様な学生がともに学生生活を送っています。

右へ
左へ
学校の特長1

「もっと知りたい!!」そんな意欲に応える“沖国ならでは”の多彩なカリキュラム

本学では、沖縄、日本、そして世界を視野に入れ、様々な視点をもって学ぶカリキュラムを設置。講義では教室を飛び出し現地に赴き、自分で見て、聞いて、自然や歴史、そして社会と直接かかわりながら、挑戦や経験を重ねていく機会が豊富にあります。また学部学科に関係なく学べる『共通科目』では、哲学から沖縄の芸能、パソコンにエアロビクスまで、幅広く科目を設置しています。教員が研究室に待機し相談を受ける『オフィスアワー』と、主にゼミ担当教員が学生の学修目標にそって科目を指導する『アカデミック・アドバイザー』。これらの学習カリキュラムと制度で、学生が自身の適性や志向に合わせて学習できる環境を整えています。

学校の特長2

新3号館完成!沖縄国際大学に新しいシンボルが誕生しました

大学の頭脳・心臓部として、知的生命力を生み出すシンボル棟にふさわしく、美的・文化的かつ格調高い図書館。利用者である学部学生や大学院生の学習・研究成果が上がるよう、蔵書数約48万冊、PC、CD、LD、DVD、ビデオ、海外衛星放送が利用可能。定期的にワークショップを開催し、卒業論文やレポート作成のための資料の探し方から情報の検索方法まで学べる機会も設けています。また、外国語センターでは、個々のペースで語学を習得するCALL(語学学習システム)、語学ライブラリーをはじめ、語学検定対策や合宿セミナー、ランチタイム英会話など、外国語の習得に様々な機会とサポートを用意。海外留学制度や留学のための奨学金も充実しています。

学校の特長3

海外・国内の協定校への留学制度と、キャンパスでの活発な学生交流

海外の国外協定校(台湾、韓国、中国、英国、エジプト、フランス、オーストラリア、米国、カナダ、スペイン)とは、学生交流、教職員交流、学術交流などの様々な交流が行われ、今後もさらに推進、拡大していく予定です。1年間の短期派遣留学生には、奨学金も支給しています。また、国内の協定校(札幌学院大学、桜美林大学、名城大学、京都学園大学、松山大学、熊本学園大学)への1年間の交換留学制度もあり、それぞれの地域の文化や歴史に触れることにより、様々な視点で物事を捉える視野を身につけることができます。海外、国内の協定校からも多くの学生が留学してきており、キャンパスでは多様な学生がともに学生生活を送っています。

右へ
左へ

沖縄国際大学からのメッセージ

沖国大 受験生応援サイト「オキコクスタイル」公開中!
http://www.okiu.ac.jp/okikoku_style/

気になる学生生活のことや学部・学科に関する情報など沖縄国際大学をもっと身近に感じていただけるような情報を随時更新予定です。
スマートフォンからの閲覧にも対応していますので、お気に入りに登録して、受験勉強の合間にのぞいてみて下さい!

(7/27更新)

沖縄国際大学の学部・学科・コース

キャンパスライフレポート

詳細を見る

法学部 法律学科

金城 亨くん

警察官目指して、勉強も柔道も頑張っています!

他の先輩一覧を見る

入試情報

実施している入試一覧

合格難易度

学費(初年度納入金)

2017年度納入金 全学科/97万1160円
(入学金・授業料ほか含む)

就職・資格

就職支援

県外就職支援など、学生の可能性を広げるための制度で、納得のいく就職活動ができる体制を整えています

就職ガイダンスをはじめ、国家・地方公務員、教員、一般企業などの各種採用試験対策講座、OB・OG就職研究会、就職相談、模擬面接、履歴書添削などを通して、学生一人ひとりの不安や迷いに対し、こまやかなサポートを行っています。夏季休暇を利用して企業や官公庁で実施するインターンシップ、国際感覚を養う海外インターンシップ、SPI能力検査や一般教養試験、公務員採用模擬試験、教員採用模擬試験などの各種試験対策、そして県外就職希望者をサポートするための「県外就職活動補助金(旅費の一部を補助)」「沖縄国際大学就職活動サポートセンター」など、将来の目標に向けて思い切り挑戦できるよう、全面的に支援しています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試センター

〒901-2701 沖縄県宜野湾市宜野湾2‐6‐1
TEL:098-893-8945

所在地 アクセス 地図・路線案内
沖縄県宜野湾市宜野湾2-6-1 ゆいレール「旭橋」駅から徒歩2分 那覇バスターミナルから98番(琉大北口行き)・110番(長田具志川線)バスに乗車「沖縄国際大学前」バス停下車 所要時間40分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年10月17日 12:14

     10月15日(日)、沖縄国際大学では今年度3回目となるオープンキャンパスが実施されました。  社会文化学科のブースでは、午前の部において民俗学の及川高先生が「学科紹介」ならびに「沖縄民俗学のフィールドワーク」と題した体験講座を、午後部では平和学の鳥山淳先生が同じく「学科紹介」と体験講座「沖縄戦はいつ終わったのか:戦争と平和の境界を考える」を担当されました。  沖縄国際大学では、11月14日に推薦/特別・編入試験(前期)が、2月・3月には一般(前期/後期)と推薦/特別・編入(後期)試験が実施されます。  社会文化学科教員一同、今年も、「沖縄」と「人間」に関心をもち、「沖縄の歴史・文化・社会を総合的に学ぶ」ことを目指す受験生の皆さんとの出会いを楽しみにしています!!

    https://www.facebook.com/1074048829307392/posts/1564407353604868

  • 2017年10月17日 07:30

     一向に最高気温が30度を切りません。どうした沖縄って感じですが、昨日の東京は13度、10月で12月並みの気温、約40年ぶりということですが、真逆な現象、これもどうなっているのでしょうか?。そして、季節外れの台風、現在の予想では大東島が大きく影響し、沖縄本島は暴風圏域にはいらないようですがまだまだわかりませんね。今週末は台風一過で天気は崩れるようです。  卒論の個別指導も順調とまではいきませ...

    http://tomiton.exblog.jp/25915992/

  • 2017年10月17日 06:50

    【連載④ゼミナール入門 黒澤亜里子先生「学問の交差点“文学”を学ぶ」ゼミのご紹介】 国語の先生、図書館司書、日本語教師・・・、日本文化学科に対して皆さんはどんなイメージをもっているでしょうか? いまあげた3つは日文の学生の多くが目指している専門職ですが、日本文化学科では他にもたくさんの分野の勉強・研究ができます。 この連載では、2年生向けに開講している必修科目「ゼミナール入門」より、日本文化学科の先生が、ゼミ生のスカウトのために趣向を凝らして自分自身の専門分野やゼミでの研究の様子をプレゼンする様子をご紹介していきます。 10月16日の「ゼミナール入門」は、黒澤亜理子先生によるプレゼンテーションが行われました。 黒澤先生のゼミでは、近現代文学と沖縄文学の研究を主に行っています。 黒澤先生は文学について、「文学研究というと、ファンタジーやSFのような、「創作=フィクション」と思われがちですが、実意は違います。」とおっしゃいました。もともと日本における文学とは、和漢の教養や学問全般(哲学、儒学、宗教、政治、民俗、心理など)を学ぶためのハイカルチャーです。文学とは云わばすべての学問の交差点であり、一人の登場人物をとおして多様な学問を勉強することができるものが文学なのです。 今回のプレゼンテーションでは、わかりやすくゼミの内容を理解してもらうために黒澤ゼミの学生のみなさんが研究発表の様子を実演してくれました 三年生による発表では、夏目漱石の夢十夜の研究を例に仮説の立て方や考察の仕方を説明していただきました。そして、四年生の発表では、三年生で調査した先行研究をまとめた研究ノートや作品ノートの活用の仕方や、論の展開の方法、研究発会での質疑応答のコツなどを具体的にお話していただきました。 また、ゼミの学生にお話を聞いたところ、 「文学研究は、ジェンダー論などの文学理論をはじめとし、心理学や社会学も学ぶことができます。作品の背景から登場人物の心理を考察し、登場人物の行動や心理描写から当時の社会背景を考察することができるので面白いです。」というお話をいただきました。 黒澤先生は、ゼミ選択のアドバイスとして、「文学研究では、さまざまなジャンルを勉強することができるので、好きな作家や作品がいなくても学びたい分野から研究を始めることが可能です。まずは好きな学問を設定して、それにあった文学作品を探してみると面白い研究ができるかもしれません。」とおっしゃっていました。 そのほか、黒沢ゼミでは8月のゼミ合宿がビックイベントになっています。合宿は沖縄国際大学のセミナーハウスで行われ、研究発表後の交流会では先生お手製のカルパッチョやお漬物が楽しめるそうです。 授業終了後、学生に感想を聞いたところ、 「はじめは文学研究のイメージがまったくできなかったのですが、自分の好きな分野から作品を探すこともできると聞いて楽しそうだと感じました。」 「ゼミというと卒業研究がメインのようで堅苦しく感じていたけれど、ゼミ合宿の様子などが楽しそうで、すこし興味がわきました。」 といった声が聞かれました。 登場人物をとおして多様な観点で考察することができる文学の世界に、多くの学生が興味をひかれたようでした。 次回の「ゼミナール入門」は、ゼミ紹介はお休みして、3年生によるインターンシップ報告会が行われます。現在、3年生が一所懸命準備中です。お楽しみに!

    https://www.facebook.com/143187545805329/posts/587238174733595

  • 2017年10月15日 16:52

    【第3回オープンキャンパスを開催しました! 猫がテーブルの上にいる?/ある? 花がテーブルの上にある?/いる?】 2017年10月15日(日)、沖縄国際大学にて今年度3回目のオープンキャンパスが開催されました。 10月といはいっても、沖縄はまだまだ真夏の暑さ。にもかかわらず、今回もたくさんの高校生、保護者の皆様にご来場いただきました。 学科紹介では、学科長の山口真也先生より、カリキュラムの中心にある「日本語学」について、「猫がテーブルの上にいる?/ある? 花がテーブルの上にある?/いる?」という文例を使っての説明がありました。 猫がテーブルの上に「いる」とは言うけど、「ある」とは言いません。でも花は「ある」とは言うけど「いる」とは言いません。でもでも、猫が死んだら「猫の死骸がテーブルの上にある」とは言いますね。なんでこんなふうに表現に違いが生じるのでしょうか。 日本語には外国にない不思議な表現がいっぱい。日本語の不思議を学ぶことが、日本文化学科のカリキュラムの中心なのです。 秋のオープンキャンパスでは、1年生、2年生も参加することが多いため、いつものオープンキャンパスとは少し趣向を変えて、カリキュラムの紹介に加えて、日本文化学科での学びがどのような進路に関わってくるのか、というお話をさせていただきました。 日本文化学科と言えば、国語の先生、図書館司書、日本語教師などの専門職を連想する人も多いと思いますが、4年生の進路は実にさまざまです。学科で学ぶ「ことばのプロ」になるためのカリキュラムは、社会人基礎力として、どのような仕事に就くにしても必ず役立つ能力を与えてくれます。 銀行や広告会社など、就職活動を終えた4年生3名にも登壇してもらって、進路決定に日本文化学科で学んだことがどう役立ったかを話してもらうことで、日本文化学科のカリキュラムをより深く知ってもらうことができたように思います。 午後の体験講座は、多文化間コミュニケーションコース担当の兼本敏先生と、琉球文化コース担当の西岡敏先生による、日本文化学科のカリキュラムの中心にある「日本語学」と「琉球語学」についての入門編の授業が行われました。 大学の授業は高校生のみなさんにはちょっと難しかったかもしれませんが、真剣に授業を聞いてくれた受験生の皆さんの横顔がとても頼もしく感じました。 学科ブースでは、国語教員、日本語教師、図書館司書、日本語学・文学、琉球文化、多文化間コミュニケーションなど、学科で学べる様々な専門分野ごとにテーブルを作り、在学生にいろいろ質問できる時間を設けました。 特に、推薦入試対策講座のコーナーにはたくさんの3年生が集まっていて、学科長の山口先生からのレクチャーを受けていました。 本日は暑い中、ご来場いただき、学科教員・学生一同、心から感謝いたします。 推薦入試のエントリーはもうすぐ! 今回のガイダンスを通して、みなさんの進路選択が素晴らしいものになることを願っています。 ※本日の学科紹介や体験講座のダイジェスト版は後日、こちらのFacebookに動画をアップする予定です。お楽しみに!

    https://www.facebook.com/143187545805329/posts/586371681486911

  • 2017年10月14日 18:58

    【AO入試合格者向け入学前ガイダンスを開催しました!】 2017年10月14日(土)、午後から、AO入試合格者が集まる「入学前ガイダンス」を開催しました。 ガイダンスでは、AO入試の合格者に与えられた「特権」でもある、入学前の長い時間をどのように有意義に過ごせばよいのか、学科長の山口真也先生や、教職課程担当の田場裕規先生、日本語学担当の下地賀代子先生からの講話がそれぞれありました。 後半は、入学後一緒に学んでいく仲間と少し触れあってみよう、ということで、仲間探しゲームと、私は誰でしょうカードゲームを行いました。 誕生月や血液型、志望動機別に声を掛け合ってグループを作り、自己紹介をした後、「夏目漱石」「あさのあつこ」「宮沢賢治」「小川洋子」などなど、日本文化学科のカリキュラムに関わりの深い人物を書いたカードをグループごとに配り、本人だけ見えない状態にして、周りがヒントを出して答えていく、というゲームを行いました。 最多回答数は「22」。大盛り上がりで、入学後に学ぶ学問に触れることができた楽しいワークになりました。 終了後、合格者にインタビューしたところ、 「最初は、オリエンテーションと聞いて、かたいものだと思って緊張していたけど、ゲームもあってとても楽しかったです。人見知りの私でも、色々な人と話せました。宿題も頑張ります!」 「僕は国語の先生を目指して日文を志願しました。同じ夢がある人たちともガイダンスで知り合うことができて、嬉しかったです。人物当てゲームも面白くて、知らない作家も多い、と言うことを自覚できる機会になりました。これからもっと本を読もうと思います!」 といった感想が聞かれました。 AO合格者のみなさん、本日の講話内容をふまえて、入学前課題にしっかり取り組み、残りの高校生活も有意義に過ごしてくださいね。

    https://www.facebook.com/143187545805329/posts/585861871537892

沖縄国際大学(私立大学/沖縄)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    一人ひとりが主役の大学!学生の「想い」と「活動」を支えます。

  • Photo

    Nobody Knows. It’s up to you!今を脱いで次の自分になる

  • Photo

    留学や国際交流が“日常”のキャンパスで自分を磨き、世界で輝く!

  • Photo

    社会・文化を世界的な視野で考えると同時に、地域社会の発展に寄与できる人材を養成

  • Photo

    真の「ホスピタリティ(もてなしの心)」を身につけた心豊かな人材を育成

  • Photo

    小規模大学ならではのきめ細やかな指導と進路支援

  • Photo

    自信につながる。自身が拓ける。

  • Photo

    国際観光文化都市「別府」をフィールドにした学びで、今後の地域活性を担う人を育てる

  • Photo

    学生の「やってみたい」をカタチにする、文系総合大学。

  • Photo

    「英語での授業と海外研修で真の国際人」と「子どもの成長を育む先生」を養成

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる