• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 沖縄国際大学

私立大学/沖縄

オキナワコクサイダイガク

沖縄には世界を感じる学びがある。ジンブンを育み、社会のフォロワーを目指そう!

アジアの十字路に位置する沖縄で、社会に貢献できるフォロワーを育成する大学。多くのチャンスと活気にあふれるキャンパスです。ここであなたに必要なジンブン(=沖縄の方言で「知恵」の意味)を発見してください。

沖縄国際大学の特長

学校の特長1

「もっと知りたい!!」そんな意欲に応える“沖国ならでは”の多彩なカリキュラム

本学では、沖縄、日本、そして世界を視野に入れ、様々な視点をもって学ぶカリキュラムを設置。講義では教室を飛び出し現地に赴き、自分で見て、聞いて、自然や歴史、そして社会と直接かかわりながら、挑戦や経験を重ねていく機会が豊富にあります。また学部学科に関係なく学べる『共通科目』では、哲学から沖縄の芸能、パソコンにエアロビクスまで、幅広く科目を設置しています。教員が研究室に待機し相談を受ける『オフィスアワー』と、主にゼミ担当教員が学生の学修目標にそって科目を指導する『アカデミック・アドバイザー』。これらの学習カリキュラムと制度で、学生が自身の適性や志向に合わせて学習できる環境を整えています。

学校の特長2

新3号館完成!沖縄国際大学に新しいシンボルが誕生しました

大学の頭脳・心臓部として、知的生命力を生み出すシンボル棟にふさわしく、美的・文化的かつ格調高い図書館。利用者である学部学生や大学院生の学習・研究成果が上がるよう、蔵書数約48万冊、PC、CD、LD、DVD、ビデオ、海外衛星放送が利用可能。定期的にワークショップを開催し、卒業論文やレポート作成のための資料の探し方から情報の検索方法まで学べる機会も設けています。また、外国語センターでは、個々のペースで語学を習得するCALL(語学学習システム)、語学ライブラリーをはじめ、語学検定対策や合宿セミナー、ランチタイム英会話など、外国語の習得に様々な機会とサポートを用意。海外留学制度や留学のための奨学金も充実しています。

学校の特長3

海外・国内の協定校への留学制度と、キャンパスでの活発な学生交流

海外の国外協定校(台湾、韓国、中国、英国、エジプト、フランス、オーストラリア、米国、カナダ、スペイン)とは、学生交流、教職員交流、学術交流などの様々な交流が行われ、今後もさらに推進、拡大していく予定です。1年間の短期派遣留学生には、奨学金も支給しています。また、国内の協定校(札幌学院大学、桜美林大学、名城大学、京都学園大学、松山大学、熊本学園大学)への1年間の交換留学制度もあり、それぞれの地域の文化や歴史に触れることにより、様々な視点で物事を捉える視野を身につけることができます。海外、国内の協定校からも多くの学生が留学してきており、キャンパスでは多様な学生がともに学生生活を送っています。

右へ
左へ
学校の特長1

「もっと知りたい!!」そんな意欲に応える“沖国ならでは”の多彩なカリキュラム

本学では、沖縄、日本、そして世界を視野に入れ、様々な視点をもって学ぶカリキュラムを設置。講義では教室を飛び出し現地に赴き、自分で見て、聞いて、自然や歴史、そして社会と直接かかわりながら、挑戦や経験を重ねていく機会が豊富にあります。また学部学科に関係なく学べる『共通科目』では、哲学から沖縄の芸能、パソコンにエアロビクスまで、幅広く科目を設置しています。教員が研究室に待機し相談を受ける『オフィスアワー』と、主にゼミ担当教員が学生の学修目標にそって科目を指導する『アカデミック・アドバイザー』。これらの学習カリキュラムと制度で、学生が自身の適性や志向に合わせて学習できる環境を整えています。

学校の特長2

新3号館完成!沖縄国際大学に新しいシンボルが誕生しました

大学の頭脳・心臓部として、知的生命力を生み出すシンボル棟にふさわしく、美的・文化的かつ格調高い図書館。利用者である学部学生や大学院生の学習・研究成果が上がるよう、蔵書数約48万冊、PC、CD、LD、DVD、ビデオ、海外衛星放送が利用可能。定期的にワークショップを開催し、卒業論文やレポート作成のための資料の探し方から情報の検索方法まで学べる機会も設けています。また、外国語センターでは、個々のペースで語学を習得するCALL(語学学習システム)、語学ライブラリーをはじめ、語学検定対策や合宿セミナー、ランチタイム英会話など、外国語の習得に様々な機会とサポートを用意。海外留学制度や留学のための奨学金も充実しています。

学校の特長3

海外・国内の協定校への留学制度と、キャンパスでの活発な学生交流

海外の国外協定校(台湾、韓国、中国、英国、エジプト、フランス、オーストラリア、米国、カナダ、スペイン)とは、学生交流、教職員交流、学術交流などの様々な交流が行われ、今後もさらに推進、拡大していく予定です。1年間の短期派遣留学生には、奨学金も支給しています。また、国内の協定校(札幌学院大学、桜美林大学、名城大学、京都学園大学、松山大学、熊本学園大学)への1年間の交換留学制度もあり、それぞれの地域の文化や歴史に触れることにより、様々な視点で物事を捉える視野を身につけることができます。海外、国内の協定校からも多くの学生が留学してきており、キャンパスでは多様な学生がともに学生生活を送っています。

右へ
左へ
学校の特長1

「もっと知りたい!!」そんな意欲に応える“沖国ならでは”の多彩なカリキュラム

本学では、沖縄、日本、そして世界を視野に入れ、様々な視点をもって学ぶカリキュラムを設置。講義では教室を飛び出し現地に赴き、自分で見て、聞いて、自然や歴史、そして社会と直接かかわりながら、挑戦や経験を重ねていく機会が豊富にあります。また学部学科に関係なく学べる『共通科目』では、哲学から沖縄の芸能、パソコンにエアロビクスまで、幅広く科目を設置しています。教員が研究室に待機し相談を受ける『オフィスアワー』と、主にゼミ担当教員が学生の学修目標にそって科目を指導する『アカデミック・アドバイザー』。これらの学習カリキュラムと制度で、学生が自身の適性や志向に合わせて学習できる環境を整えています。

学校の特長2

新3号館完成!沖縄国際大学に新しいシンボルが誕生しました

大学の頭脳・心臓部として、知的生命力を生み出すシンボル棟にふさわしく、美的・文化的かつ格調高い図書館。利用者である学部学生や大学院生の学習・研究成果が上がるよう、蔵書数約48万冊、PC、CD、LD、DVD、ビデオ、海外衛星放送が利用可能。定期的にワークショップを開催し、卒業論文やレポート作成のための資料の探し方から情報の検索方法まで学べる機会も設けています。また、外国語センターでは、個々のペースで語学を習得するCALL(語学学習システム)、語学ライブラリーをはじめ、語学検定対策や合宿セミナー、ランチタイム英会話など、外国語の習得に様々な機会とサポートを用意。海外留学制度や留学のための奨学金も充実しています。

学校の特長3

海外・国内の協定校への留学制度と、キャンパスでの活発な学生交流

海外の国外協定校(台湾、韓国、中国、英国、エジプト、フランス、オーストラリア、米国、カナダ、スペイン)とは、学生交流、教職員交流、学術交流などの様々な交流が行われ、今後もさらに推進、拡大していく予定です。1年間の短期派遣留学生には、奨学金も支給しています。また、国内の協定校(札幌学院大学、桜美林大学、名城大学、京都学園大学、松山大学、熊本学園大学)への1年間の交換留学制度もあり、それぞれの地域の文化や歴史に触れることにより、様々な視点で物事を捉える視野を身につけることができます。海外、国内の協定校からも多くの学生が留学してきており、キャンパスでは多様な学生がともに学生生活を送っています。

右へ
左へ

沖縄国際大学からのメッセージ

沖国大 受験生応援サイト「オキコクスタイル」公開中!
http://www.okiu.ac.jp/okikoku_style/

気になる学生生活のことや学部・学科に関する情報など沖縄国際大学をもっと身近に感じていただけるような情報を随時更新予定です。
スマートフォンからの閲覧にも対応していますので、お気に入りに登録して、受験勉強の合間にのぞいてみて下さい!

(7/27更新)

沖縄国際大学の学部・学科・コース

キャンパスライフレポート

詳細を見る

経済学部 経済学科

近藤 葵さん

沖縄の子どもの貧困問題について学びを深め、将来は公務員に!

他の先輩一覧を見る

入試情報

実施している入試一覧

合格難易度

学費(初年度納入金)

2017年度納入金 全学科/97万1160円
(入学金・授業料ほか含む)

就職・資格

就職支援

県外就職支援など、学生の可能性を広げるための制度で、納得のいく就職活動ができる体制を整えています

就職ガイダンスをはじめ、国家・地方公務員、教員、一般企業などの各種採用試験対策講座、OB・OG就職研究会、就職相談、模擬面接、履歴書添削などを通して、学生一人ひとりの不安や迷いに対し、こまやかなサポートを行っています。夏季休暇を利用して企業や官公庁で実施するインターンシップ、国際感覚を養う海外インターンシップ、SPI能力検査や一般教養試験、公務員採用模擬試験、教員採用模擬試験などの各種試験対策、そして県外就職希望者をサポートするための「県外就職活動補助金(旅費の一部を補助)」「沖縄国際大学就職活動サポートセンター」など、将来の目標に向けて思い切り挑戦できるよう、全面的に支援しています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試センター

〒901-2701 沖縄県宜野湾市宜野湾2‐6‐1
TEL:098-893-8945

所在地 アクセス 地図・路線案内
沖縄県宜野湾市宜野湾2-6-1 ゆいレール「旭橋」駅から徒歩2分 那覇バスターミナルから98番(琉大北口行き)・110番(長田具志川線)バスに乗車「沖縄国際大学前」バス停下車 所要時間40分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2018年02月20日 13:13 facebook

    【4年生への卒業通知を開催しました+成績優秀者の表彰も行いました!】 2018年2月20日、卒業を控えた4年生が一同に集まる、成績通知会を開催しました。きちんと卒業単位を取得できたか、卒業論文の審査をパスして無事に単位が認められているか、ドキドキの集まりになりましたが、多くの学生が無事に124単位を取得し、「卒業」の内定を得ることができたようです。 この日の集まりでは、4年間の日本文化学科の学びの集大成として、学科専任教員も多数集まり、卒業生へのメッセージを贈りました。 「みなさんが卒業論文の執筆を通して得た論理的な思考力はどのような進路に進むとしても必ず役立ちます。卒論を無事に終えてここに集まっているみなさんを自信をもって社会に送り出すことができて私たちもうれしいです」と村上陽子先生。 この日は、成績優秀者の表彰も行いました。この賞は4年間の成績上位者に贈られるもので、今年は10名が受賞しました。ふだんは自分の成績順位を知る機会はないので、口々に「え! なんで私が?」「信じられない」「やった!」と、戸惑いつつも、4年間の頑張りが評価されたことへの喜びをかみしめている様子でした。 卒業生のみなさん、日本文化学科の4年間の学びを誇りに、卒業までの1日1日を大切に過ごして、4月からそれぞれのステージで頑張っていきましょう。ちょっと早いですが、卒業おめでとうございます。

    https://www.facebook.com/143187545805329/posts/660453647412047

  • 2018年02月19日 21:16 facebook

    【本日は宜野湾市の公民館と図書館に手作り絵本を届けに行ってきました】 2018年2月20日、「アカデミック・セミナー」という科目のなかで、多文化間コミュニケーションコースのモデル学習として1年間かけて取り組んできた、沖縄の昔話を題材にした手作り絵本を、宜野湾市立中央公民館図書室と宜野湾市民図書館の2箇所にお届けしました。 どちらの図書館・図書室も、いつも授業やレポート等でお世話になったり、卒業生が多く司書として勤務している図書館ということもあって、館長や先輩から励ましの言葉や絵本の活用法についてのアドバイスをいただきました。 また、中央公民館図書室では、昨年卒業した学生たちが司書課程の実習で作った「みんなのうみ」という読書感想ボードがいまも子どもたちに大人気ということで、大活躍している様子も見せていただきました。とてもかわいい図書室で、司書の崎原さんの工夫が随所に見られて、訪問した学生たちもとても勉強になったようです。 どちらの図書館・図書室にも昨年から手作り絵本を寄贈していますので、それぞれ10タイトルくらい置かれています。お近くにお立ちよりの際はぜひご活用ください。

    https://www.facebook.com/143187545805329/posts/660031034120975

  • 2018年02月17日 18:00 facebook

    【司書課程通信⑨ 浦添市立図書館に手作り絵本を寄贈しました+図書館のみなさんと交流しました】 2018年1月15日、日本文化学科の専門科目「児童文化論」「アカデミック・セミナー」で取り組んだ、沖縄の昔話を題材とした手作り絵本をお届けに、浦添市立図書館にお伺いしました。 この日お届けしたのは、「エンチュと竹のたね」「ひばりと生き水」「にわとりがあさなくわけ」の3タイトル。多文化サービスにも積極的に取り組んでいる浦添市立図書館からの要望で、今回は同じ絵本の日本語版と英語版の2冊をお届けしました。 当日は館長室に通していただいたのですが、平良館長はじめ、司書のみなさんも次々に館長室に顔を出してくださり、絵本を見てあたたかな励ましの言葉や感想を聞かせてくださりました。 この日は司書課程の学生さんチームで寄贈にうかがったので、絵本をお渡しした後、蔵書点検で休館中の館内をご案内していただきました。 蔵書点検中の様子や書庫、自動車図書館の倉庫、ブックポストの裏側や、新しくできたお話し会用の部屋の様子など、図書館の裏側を見せていただき、普段の授業では学べないたくさんの発見がありました。 浦添市立図書館の皆さま、ありがとうございました!

    https://www.facebook.com/143187545805329/posts/658180980972647

  • 2018年02月17日 17:11 BLOG

    本日は、AO・推薦入試で合格した皆さんを招いて地域環境政策学科のオリエンテーションを行いました まずは、友知学科長によるあいさつ そのあと、現在大学1~4年生として在学中の先輩たちのスピーチ そのあと、グループに分かれて自己紹介やアイスブレイク 皆さん、入学前に少しはお友達になれたかな? また、4月の入学式にお会いしましょう

    http://okiueco.ti-da.net/e10292686.html

  • 2018年02月16日 22:10 facebook

    【JICA沖縄国際センターの図書資料室に沖縄の昔話の英語版絵本をお届けしました+琉球新報の取材も受けました】 2018年2月16日、日本文化学科のアドバンスド科目「アカデミックセミナー」で作成した、沖縄の昔話を題材にした絵本を、浦添市にあるJICA沖縄国際センタ―図書資料室に寄贈させていただきました。 この絵本は県内公共図書館や小学校、公民館などにもお届けしていますが、国際交流活動を行うJICAの専門図書館である図書資料室の皆さんからの要望を受けて、今年初めて、英語版の絵本も作成してお届けすることになりました。 当日は琉球新報からの取材も受けて、次のようなお話をさせてもらいました。 ーーー難しかったところ・工夫したところは? 「先輩たちが大学の授業で聞き取りをした民話集を子ども向けにわかりやすくアレンジするところから始めたのですが、昔話ならではの残酷な表現はどうすればいいか悩んだり、「エンチュ」といった知らない方言が出てきたり、「かまど」など、日本にしかない物を英訳したりするのがとても大変でした」 「昔の人の暮らしをイラストで描くときに図書館で図鑑や郷土資料を調べてみたのですが、例えば、着物を描こうとしても、資料として残っているのは高い位の人たちで、庶民の服装がよくわからなくて困りました。同じ学科の琉球文化を専攻している友人から、組踊の舞台の写真をみたら?、とアドバイスを受けてなんとか描くことができました」 ーーーどんなふうに活用してほしいですか? 「JICAには海外の研修員さんもたくさん来ているそうなので、この絵本を読んで、沖縄の文化や風土、先祖の知恵・あたたかさなどが伝わるといいなぁと思います」 「日本に住む海外の子どもたちは母国語の本を読む機会が限られているという話を聞いたことがあります。この絵本は、子ども向けに簡単な英語で表現をしているので、日本に住んでいる外国人の子どもたちにも手に取ってもらえたらいなぁと思っています」 昔話の収集、アレンジ、イラスト作成、英訳、製本など、1年間かけて進めてきた授業もこの日の寄贈が最後の取り組みになりました。取材を受けた学生のうち3名は4年生ということで、卒業前のよい思い出にもなったようです。

    https://www.facebook.com/143187545805329/posts/658158140974931

沖縄国際大学(私立大学/沖縄)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    一人ひとりが主役の大学!学生の「想い」と「活動」を支えます。

  • Photo

    Nobody Knows. It’s up to you!今を脱いで次の自分になる

  • Photo

    留学や国際交流が“日常”のキャンパスで自分を磨き、世界で輝く!

  • Photo

    社会・文化を世界的な視野で考えると同時に、地域社会の発展に寄与できる人材を養成

  • Photo

    真の「ホスピタリティ(もてなしの心)」を身につけた心豊かな人材を育成

  • Photo

    小規模大学ならではのきめ細やかな指導と進路支援

  • Photo

    自信につながる。自身が拓ける。

  • Photo

    国際観光文化都市「別府」をフィールドにした学びで、今後の地域活性を担う人を育てる

  • Photo

    学生の「やってみたい」をカタチにする、文系総合大学。

  • Photo

    「英語での授業と海外研修で真の国際人」と「子どもの成長を育む先生」を養成

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる