• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 沖縄国際大学

私立大学/沖縄

オキナワコクサイダイガク

沖縄国際大学の風景

沖縄には世界を感じる学びがある。ジンブンを育み、社会のフォロワーを目指そう!

アジアの十字路に位置する沖縄で、社会に貢献できるフォロワーを育成する大学。多くのチャンスと活気にあふれるキャンパスです。ここであなたに必要なジンブン(=沖縄の方言で「知恵」の意味)を発見してください。

沖縄国際大学の特長

沖縄国際大学の特長1

「もっと知りたい!!」そんな意欲に応える“沖国ならでは”の多彩なカリキュラム

本学では、沖縄、日本、そして世界を視野に入れ、様々な視点をもって学ぶカリキュラムを設置。講義では教室を飛び出し現地に赴き、自分で見て、聞いて、自然や歴史、そして社会と直接かかわりながら、挑戦や経験を重ねていく機会が豊富にあります。また学部学科に関係なく学べる『共通科目』では、哲学から沖縄の芸能、パソコンにエアロビクスまで、幅広く科目を設置しています。教員が研究室に待機し相談を受ける『オフィスアワー』と、主にゼミ担当教員が学生の学修目標にそって科目を指導する『アカデミック・アドバイザー』。これらの学習カリキュラムと制度で、学生が自身の適性や志向に合わせて学習できる環境を整えています。

沖縄国際大学の特長2

新3号館完成!沖縄国際大学に新しいシンボルが誕生しました

大学の頭脳・心臓部として、知的生命力を生み出すシンボル棟にふさわしく、美的・文化的かつ格調高い図書館。利用者である学部学生や大学院生の学習・研究成果が上がるよう、蔵書数約48万冊、PC、CD、LD、DVD、ビデオ、海外衛星放送が利用可能。定期的にワークショップを開催し、卒業論文やレポート作成のための資料の探し方から情報の検索方法まで学べる機会も設けています。また、外国語センターでは、個々のペースで語学を習得するCALL(語学学習システム)、語学ライブラリーをはじめ、語学検定対策や合宿セミナー、ランチタイム英会話など、外国語の習得に様々な機会とサポートを用意。海外留学制度や留学のための奨学金も充実しています。

沖縄国際大学の特長3

海外・国内の協定校への留学制度と、キャンパスでの活発な学生交流

海外の国外協定校(台湾、韓国、中国、英国、エジプト、フランス、オーストラリア、米国、カナダ、スペイン)とは、学生交流、教職員交流、学術交流などの様々な交流が行われ、今後もさらに推進、拡大していく予定です。1年間の短期派遣留学生には、奨学金も支給しています。また、国内の協定校(札幌学院大学、桜美林大学、名城大学、京都学園大学、松山大学、熊本学園大学)への1年間の交換留学制度もあり、それぞれの地域の文化や歴史に触れることにより、様々な視点で物事を捉える視野を身につけることができます。海外、国内の協定校からも多くの学生が留学してきており、キャンパスでは多様な学生がともに学生生活を送っています。

右へ
左へ
沖縄国際大学の特長1

「もっと知りたい!!」そんな意欲に応える“沖国ならでは”の多彩なカリキュラム

本学では、沖縄、日本、そして世界を視野に入れ、様々な視点をもって学ぶカリキュラムを設置。講義では教室を飛び出し現地に赴き、自分で見て、聞いて、自然や歴史、そして社会と直接かかわりながら、挑戦や経験を重ねていく機会が豊富にあります。また学部学科に関係なく学べる『共通科目』では、哲学から沖縄の芸能、パソコンにエアロビクスまで、幅広く科目を設置しています。教員が研究室に待機し相談を受ける『オフィスアワー』と、主にゼミ担当教員が学生の学修目標にそって科目を指導する『アカデミック・アドバイザー』。これらの学習カリキュラムと制度で、学生が自身の適性や志向に合わせて学習できる環境を整えています。

沖縄国際大学の特長2

新3号館完成!沖縄国際大学に新しいシンボルが誕生しました

大学の頭脳・心臓部として、知的生命力を生み出すシンボル棟にふさわしく、美的・文化的かつ格調高い図書館。利用者である学部学生や大学院生の学習・研究成果が上がるよう、蔵書数約48万冊、PC、CD、LD、DVD、ビデオ、海外衛星放送が利用可能。定期的にワークショップを開催し、卒業論文やレポート作成のための資料の探し方から情報の検索方法まで学べる機会も設けています。また、外国語センターでは、個々のペースで語学を習得するCALL(語学学習システム)、語学ライブラリーをはじめ、語学検定対策や合宿セミナー、ランチタイム英会話など、外国語の習得に様々な機会とサポートを用意。海外留学制度や留学のための奨学金も充実しています。

沖縄国際大学の特長3

海外・国内の協定校への留学制度と、キャンパスでの活発な学生交流

海外の国外協定校(台湾、韓国、中国、英国、エジプト、フランス、オーストラリア、米国、カナダ、スペイン)とは、学生交流、教職員交流、学術交流などの様々な交流が行われ、今後もさらに推進、拡大していく予定です。1年間の短期派遣留学生には、奨学金も支給しています。また、国内の協定校(札幌学院大学、桜美林大学、名城大学、京都学園大学、松山大学、熊本学園大学)への1年間の交換留学制度もあり、それぞれの地域の文化や歴史に触れることにより、様々な視点で物事を捉える視野を身につけることができます。海外、国内の協定校からも多くの学生が留学してきており、キャンパスでは多様な学生がともに学生生活を送っています。

右へ
左へ
沖縄国際大学の特長1

「もっと知りたい!!」そんな意欲に応える“沖国ならでは”の多彩なカリキュラム

本学では、沖縄、日本、そして世界を視野に入れ、様々な視点をもって学ぶカリキュラムを設置。講義では教室を飛び出し現地に赴き、自分で見て、聞いて、自然や歴史、そして社会と直接かかわりながら、挑戦や経験を重ねていく機会が豊富にあります。また学部学科に関係なく学べる『共通科目』では、哲学から沖縄の芸能、パソコンにエアロビクスまで、幅広く科目を設置しています。教員が研究室に待機し相談を受ける『オフィスアワー』と、主にゼミ担当教員が学生の学修目標にそって科目を指導する『アカデミック・アドバイザー』。これらの学習カリキュラムと制度で、学生が自身の適性や志向に合わせて学習できる環境を整えています。

沖縄国際大学の特長2

新3号館完成!沖縄国際大学に新しいシンボルが誕生しました

大学の頭脳・心臓部として、知的生命力を生み出すシンボル棟にふさわしく、美的・文化的かつ格調高い図書館。利用者である学部学生や大学院生の学習・研究成果が上がるよう、蔵書数約48万冊、PC、CD、LD、DVD、ビデオ、海外衛星放送が利用可能。定期的にワークショップを開催し、卒業論文やレポート作成のための資料の探し方から情報の検索方法まで学べる機会も設けています。また、外国語センターでは、個々のペースで語学を習得するCALL(語学学習システム)、語学ライブラリーをはじめ、語学検定対策や合宿セミナー、ランチタイム英会話など、外国語の習得に様々な機会とサポートを用意。海外留学制度や留学のための奨学金も充実しています。

沖縄国際大学の特長3

海外・国内の協定校への留学制度と、キャンパスでの活発な学生交流

海外の国外協定校(台湾、韓国、中国、英国、エジプト、フランス、オーストラリア、米国、カナダ、スペイン)とは、学生交流、教職員交流、学術交流などの様々な交流が行われ、今後もさらに推進、拡大していく予定です。1年間の短期派遣留学生には、奨学金も支給しています。また、国内の協定校(札幌学院大学、桜美林大学、名城大学、京都学園大学、松山大学、熊本学園大学)への1年間の交換留学制度もあり、それぞれの地域の文化や歴史に触れることにより、様々な視点で物事を捉える視野を身につけることができます。海外、国内の協定校からも多くの学生が留学してきており、キャンパスでは多様な学生がともに学生生活を送っています。

右へ
左へ

オープンキャンパスに行ってみよう!

7月のオープンキャンパス(第1回)の詳細

7月のオープンキャンパス(第1回)

各学科体験講座 高1・高2向け講座「大学って何が “違う” の?」 未来発見キャンパス見学ツアー 大…

続きを見る

7月のオープンキャンパス(第2回)の詳細

7月のオープンキャンパス(第2回)

各学科体験講座 高1・高2向け講座「大学って何が “違う” の?」 未来発見キャンパス見学ツアー 大…

続きを見る

オープンキャンパス一覧を見る

沖縄国際大学の学部・学科・コース

前年度の入試情報

下記は全学部の入試情報をもとに表出しておりますので、詳細は各入試種別のページをご覧ください。

  • 試験実施数 エントリー・出願期間 試験日 検定料
    11 8/1〜8/4 8/30〜9/2 30,000円
  • 試験実施数 出願期間 試験日 検定料
    22 11/1〜11/6 11/14 入試詳細ページをご覧ください。
  • 試験実施数 出願期間 試験日 検定料
    26 1/4〜2/16 2/1〜3/3 入試詳細ページをご覧ください。
  • 試験実施数 出願期間 試験日 検定料
    22 1/15〜2/16 1/13〜1/14 入試詳細ページをご覧ください。
入試情報を見る

合格難易度

学費(初年度納入金)

2018年度納入金 全学科/97万1160円
(入学金・授業料ほか含む)

就職・資格

就職支援

県外就職支援など、学生の可能性を広げるための制度で、納得のいく就職活動ができる体制を整えています

就職ガイダンスをはじめ、国家・地方公務員、教員、一般企業などの各種採用試験対策講座、OB・OG就職研究会、就職相談、模擬面接、履歴書添削などを通して、学生一人ひとりの不安や迷いに対し、こまやかなサポートを行っています。夏季休暇を利用して企業や官公庁で実施するインターンシップ、国際感覚を養う海外インターンシップ、SPI能力検査や一般教養試験、公務員採用模擬試験、教員採用模擬試験などの各種試験対策、そして県外就職希望者をサポートするための「県外就職活動補助金(旅費の一部を補助)」「沖縄国際大学就職活動サポートセンター」など、将来の目標に向けて思い切り挑戦できるよう、全面的に支援しています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試センター

〒901-2701 沖縄県宜野湾市宜野湾2‐6‐1
TEL:098-893-8945

所在地 アクセス 地図・路線案内
沖縄県宜野湾市宜野湾2-6-1 ゆいレール「旭橋」駅から徒歩2分 那覇バスターミナルから98番(琉大北口行き)・110番(長田具志川線)バスに乗車「沖縄国際大学前」バス停下車 所要時間40分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2018年05月22日 15:22 facebook

    【日本語教員養成課程のご紹介 日本語ボランティアも頑張っています!】 沖縄国際大学日本文化学科には「日本語教育副専攻課程」が設置されており、日本語教師という資格を取得できるようになっています。 3年生までに授業理論や授業法を学び、4年生からは大学内の留学生や台湾や澳門などの海外に行って実際に教壇実習を行っていきますが、授業外で外国人に日本語を教えるボランティア活動を頑張っている学生もいます。 2018年5月18日、日本文化学科の4年生、古波蔵さんと長濱さんの2名が、アルゼンチン出身で、県費留学生として沖縄で生活をしているルシアさんに日本語をレクチャーしました。 今回の学習内容は「漢字」。ルシアさんは初球の学習者なので、『みんなの日本語』というテキストに出てくる「悪」「去」「都」「県」などの漢字を拾いながら、その読みと意味、表記法などを丁寧に指導しました。 終了後、2人に感想を聞いたところ、 「「去」という漢字の意味をどのように伝えるか、が難しかったです。「帰る」とはちょっと違うし、「離れる」だと意味が限定されてしまうような。テキストでは「去年」という単語で出てくるので、その意味で伝えた方がよいのですが、いろいろな意味がある言葉なので、初級段階ではこうした多義性のある言葉をどこまで教えてよいか、悩みました」 「漢字を覚えるにはしっかり意味を伝えないといけないのですが、初級学習者には和語でつたえてもなかなか伝わりません。媒介語として英語を使う場面が実際には多かったのですが、「早い」と「速い」を伝える時に、「速い」は「FAST」だけど、「早い」はなんだっけ?、と、とっさに出てこない場面がありました。次回のボランティアまでにもう少し英語もマスターしておきたいです」 といった感想が聞かれました。 ボランティアを見学にきてくださった、日本文化学科の奥山貴之先生からは、学習時間を3つに分けて、教える時間、リラックスする時間、問題を解く時間(1人で考える時間)、というようなメリハリを付けないと、少人数での指導野場合は学習者が疲れてしまって、かえって学習効果が低下するよ、といったアドバイスもありました。 日本文化学科では、「多文化間コミュニケーションコース」という専門カリキュラムが充実しており、日本語教師を目指す学生も多く在籍しています。日本文化学科でぜひ多文化を学び、世界とつながる体験をしてみませんか?

    https://www.facebook.com/143187545805329/posts/714725235318221

  • 2018年05月20日 15:21 facebook

    【おもしろゼミナール入門② 西原町棚原の方言(アクセント)調査ー音声学的実証を通して】 日本文化学科は「卒論」が熱い! ということで、2017年度の卒業論文を紹介するコーナーの第2回。今回は、2018年3月に卒業した、西岡敏先生研究室(琉球語フィールドワーク研究室)の城間裕介さんにゼミでの研究活動について紹介してもらいました。西岡敏先生の研究室は琉球文化コースの学生が多く所属しています。琉球文化コースでどのような研究ができるか、イメージしてみてくださいね。 ----------------  琉球語フィールドワーク学研究室では、夏休みを利用して、離島や北部地区への方言調査旅行に出かけています。卒業研究のための調査のトレーニングをすることが大きな目的で、2017年8月には伊是名島に行ってきました。  私たちの学年は、方言調査は今回が初めての体験でしたので難しいところもたくさんありました。例えば、島に生息するいろいろな植物について名前を確認しないといけなかったのですが、島のみなさんが「草」と話されていたので、島の中では植物の呼び方はあまり区別しないのかな?、と思ってレポートをまとめていたら、聞き取りの方法が十分ではないからではないか、仮説は面白いけど、その仮説の面白さに引きずられてしまって、検証が不十分という指摘を先生からいただいたりしました。  伊是名島の言葉の特徴はいろいろなところで感じましたが、例えば、「なっている」の形が、沖縄中南部でよく聞かれる「ナートン」ではなく、「ナヨーン」という全く別の形で話されている点もとても興味深かったです。  卒業研究では、ゼミの同級生である新垣さんや東恩納さんにも手伝ってもらいながら、出身地でもある西原町棚原の方言調査をチームで行いました。西原町という地区の言葉は首里方言と大きな違いはないと言われているのですが、棚原だけはアクセントに違いがある、ということを指摘した先行研究が発表されています。しかし、私が生活してきた中ではそうした相違点を感じることはありませんでした。そこで、80歳以上の話者の方に日常生活でよく使う語を200ほど話してもらって、首里方言とのアクセントの違いがあるかどうか、を音声学的に実証する研究を行いました。  結論としては、棚原地区と首里方言との間には大きな違いはない、ということになりましたが、それがもともとの特徴なのか、ここ数年の変化なのか、最近の変化とすると原因は何か、については十分な検証ができなかったので、今後も考え続けていきたいと思っています。  卒論の方言調査では、年配の話者の方に「この言葉はこの地区ではどう言いますか?」と質問しても、なかなか回答が返ってこないことがたびたびありました。普段は標準語を使っているため、突然質問されても記憶がなかなか蘇らないようです。私たちのゼミでは方言を調査するだけでなく、継承することもテーマとして様々な活動をしています。「待ったなし」という意識をもって、これからも継承活動にも力を入れていきたいです。

    https://www.facebook.com/143187545805329/posts/714225082034903

  • 2018年05月20日 09:28 BLOG

     沖縄県は先週梅雨入りしました。しかし、宣言以来雨らしい雨は降らず、今日も朝から快晴・・・降雨確率30%と、夕方から雨が降るという予報ですが・・・。県ダムの貯水量は50%とかなり少なくなっています。このまま降らずに梅雨があけたら・・・夏場の断水が気になるところです。あとは台風頼みということになりますね。台風対策は嫌ですが・・・。  さて、2年生の恒例のBBQパーティが終わりました。場所はトロ...

    http://tomiton.exblog.jp/26803338/

  • 2018年05月19日 15:30 facebook

    【日本語教育副専攻課程のご紹介 外国人留学生向け日本語科目を見学しました!】 沖縄国際大学日本文化学科には日本語教育副専攻課程が設置されており、「日本語教員資格」を取得することができるようになっています。日本語教員(日本語教師)とは、外国に住む方、または日本に仕事や勉強にやってくる外国人に日本語や日本の文化を教える専門職です。 沖縄でも外国人がどんどん増えてきていて、日本語教員へのニーズが高まっています。日本文化学科にも日本語教員資格を取得する学生がかなり増えてきました。 沖縄国際大学では外国人留学生が日本語を学ぶ科目が設置されており、日本文化学科の専任教員であり、日本語教師としての経験もある奥山貴之先生もいくつかの科目を担当されています。 2018年5月17日、日本語教員を目指す学生たちが、「日本語会話/聴解Ⅰ」という科目にお邪魔して、奥山先生の授業を見学させていただきました。学生たちからレポートが届きましたのでご紹介します。 ------------------  韓国、中国、インドネシア、ペルー、フランスなどなど、沖縄国際大学にはいろいろな国の留学生がいますが、授業の中では国籍に関わりなく、「日本語」という共通の言語でユニークな発想をもとに、みんなで一緒に楽しみながら学習していたのがとても印象的でした。  受講生(日本語学習者)のみなさんは、積極的に奥山先生に相談したり、周りの友達に相談をしたりしていて、高い学習意欲を感じました。  私たちも少し授業に参加させていただきましたが、特定の文法を使った会話文作成は、日常的に日本語を使用しているにもかかわらず、具体的例を出すことができませんでした。それに対して、学習者のみなさんは、多様な視点から会話文を膨らませ、笑いを交えながら和やかに会話文を発表していました。「異文化」だからこそみえてくる、日本語の魅力や難しさにも気づくことができました。  授業を見学させていただきながら考えていたことが1つあります。それは、私たちがふだん受けている授業では、今回の授業を通して感じた「活発さ」が見られないような気がするということです。新しい語彙や表現にふれるたびに、学習者のみなさんの目がキラキラと輝いていて、学ぶことの喜びが教室中にあふれているような印象も受けました。日本語教育の授業としても、また1人の学生としても、刺激を受けることができたように思います。  日本語教員という仕事の難しさと大切さ、そして専門性を感じることができる一日になりました。

    https://www.facebook.com/143187545805329/posts/714279568696121

  • 2018年05月18日 17:02 facebook

    【にちぶん名物授業① 西岡敏先生「琉球語会話」のご紹介】 日本文化学科のカリキュラムの特徴の一つが、授業数の豊富さです。なんと100クラス以上の専門科目の中から、好きな科目を選択して受講することができるようになっています。このコーナーでは特に人気のある個性的な授業をご紹介していきます。 ◎西岡敏先生担当「琉球語会話」  琉球の「方言」は沖縄文化を根っこで支える大切なものです。(しまくとぅば・琉球語とも言いますよね) シマに生きてきた人達は、「方言」によって、泣き、笑い、歌い、祈りを捧げてきました。しかし、最近は「方言」を聞き取れない世代も増え、来世紀に「方言」が生き残っているのか怪しくなってきています。ユネスコ(国連教育科学文化機関)は「消滅の危機にある言語」の1つとして、八重山語、与那国語の2つを「重大な危機」、国頭語、沖縄語、宮古語などを「危険」として指定しています。  日本文化学科では、こうした危機に瀕している沖縄・琉球の言葉を学び、次世代に継承していくために「琉球文化コース」という専門コースを設置しています。そして、コースに進むための基礎的科目として1年生向けの「琉球文化論」が、2年生向けの専門的科目として「琉球語会話」という科目がそれぞれ開かれています。  「琉球語会話」では、「CALL教室」というパソコン教室を使って、ヘッドフォンを付けて「方言」の聴き取りを行ったり、沖縄の言葉の独特の発音を練習しています。沖縄の言葉独特の文法や、日本語(共通語)との共通点・相違点などの理論も学んでいきます。  沖縄に住む若い世代の学生さんにとって、沖縄の言葉はもはや英語やフランス語などと同じような「外国語」のようなものなのかもしれません。語学は若いうちにマスターしたほうがいい、という話を聞いたことがないでしょうか? 沖縄の言葉も、大学生のうちにしっかりマスターしてほしいなと思っています。  高校までの「国語」や「英語」とは一味違う「語学」の授業ですが、身近なことばを学ぶことで、「ことば」のいろいろな仕組みの理解はますます深まっていきます。そして、世界の多様な文化と共生していくとき、シマの「方言」はまさにヌチドゥクル(命所=大切な所)です。  みなさんもぜひ日本文化学科で沖縄・琉球の言葉を習得し、実際に話すトレーニングを通して、アイデンティティを再確認していきましょう。

    https://www.facebook.com/143187545805329/posts/714217765368968

沖縄国際大学(私立大学/沖縄)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • 沖縄大学

    一人ひとりが主役の大学!学生の「想い」と「活動」を支えます。

  • 名桜大学

    やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します

  • 沖縄キリスト教学院大学

    キリ学で人生のフィールドを広げよう!

  • 近畿大学

    6つのキャンパスに医学から芸術分野までを集積した、西日本最大級の総合大学。

  • 福岡大学

    9学部31学科、在学生約20,000人が、広大なひとつのキャンパスで学ぶ総合大学。

  • 帝京大学

    10学部32学科の幅広いフィールドで、「自分流」の未来を見つける

  • 東海大学

    文理融合の理念の基、海外留学制度、他分野も学べる履修制度、キャンパス間留学制度

  • 長崎国際大学

    真の「ホスピタリティ(もてなしの心)」を身につけた心豊かな人材を育成

  • 日本大学

    129年の伝統と114万人を超える卒業生パワーが、夢を実現する皆さんを応援します。

  • 沖縄キリスト教短期大学

    英語と保育の専門教育とキリスト教精神に基づいた教養教育で、社会で活躍できる人材に

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる